2013年05月07日13時00分

Adobe Creative Cloudが1年ぶり大幅アップデートを発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アドビ システムズが、定額制サブスクリクションモデル『Creative Cloud』のメジャーアップデートを発表しました。

 『Adobe Photoshop CC』、『InDesign CC』、『Illustrator CC』、『Dreamweaver CC』、『Premiere Pro CC』など、新バージョンが6月より提供開始となります。

 以下、リリースです。

 新しい製品イノベーションをAdobe Creative Cloudメンバーに限定して提供

【2013年5月7日】
 米国カリフォルニア州ロサンゼルス発(2013年5月6日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ システムズ社)は本日、Adobe MAX, The Creativity Conferenceにおいて、クラウドへの移行を進めるため、クリエイティブ分野のプロフェッショナルに向けたフラッグシップサービスであるAdobe(R) Creative Cloud(TM)に大規模なアップデートを加えたことを発表しました。新機能を満載したCreative Cloudは6月に提供開始を予定しており、「CC」デスクトップアプリケーションとデバイス間のコラボレーションおよびパブリッシング機能によってクリエイティブプロセスを再構築するものです。Mac OS、Windows、iOS、およびAndroidのいずれのOSからも、Creative Cloudを介してファイルを保存、同期、および共有できるようになります。また、世界有数のオンラインクリエイティブコミュニティであるBehanceがCreative Cloudと統合されたことで、ユーザーは作品を全世界に公開し、作品へのフィードバックを集め、作品と作者である自分自身をグローバル規模で展開できるようになりました。

 Creative Cloudはその先進的な機能によって、世界中のクリエイティブコミュニティから好評を得ています。2012年4月のサービス開始以来、Creative Cloud有償メンバーは50万人に達し、また無償メンバー数は200万人をはるかに超えています。

 アドビ システムズ社はこの度、今後のクリエイティブ関連のソフトウェア開発をCreative Cloud経由の製品とサービスに集中させることを発表しました。永続ライセンス版のAdobe Creative Suite(R) 6製品のサポートと製品提供は継続しますが、Creative Suiteおよびその他CS製品の今後の新しいリリースは計画していません。Creative Cloudに開発を集中させることによって、イノベーションがさらに加速するだけでなく、アドビ システムズ社がクリエイティブコミュニティに提供できるイノベーションの種類もさらに拡大することとなります。

 アドビ システムズ社デジタルメディア担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるデイビッド ワドワーニ(David Wadhwani)は、「1年前にサービスを開始したCreative Cloudはこれまで大成功を収めてきました。我々のエネルギーと才能ある人材をCreative Cloudに集中させることによって、Creative Cloudメンバーに対してより迅速にイノベーションを提供できます」と述べています。

 本日発表されたCreative Cloudへのアップデートには、新しいコラボレーションおよびパブリッシング向けサービス、およびBehanceとの統合に加え、Adobe Photoshop(R) CC、InDesign(R) CC、Illustrator(R) CC、Dreamweaver(R) CC、およびPremiere(R) Pro CCを含む、アドビ システムズ社のデスクトップアプリケーションの魅力的な新バージョンが含まれています。従来、Creative Suite(CS)として知られてきたアドビ システムズ社のデスクトップツールは、Creative Cloudの欠かせない一部となったことによって今回CCに名称が変更され、さらに直感的で、同期や共有を活用した作業スタイルに対応するため、新たに開発し直しました。

 アドビ システムズ社は魅力的な料金プランと共に、個人、グループ、および企業のお客様への販促活動を通じてCreative Cloudへの移行を推進しています。料金プランの詳細については< https://creative.adobe.com/plans >をご覧ください。永続ライセンス版のCS6製品は、個人ユーザー向けにはadobe.comならびに正規販売代理店のeコマースサイトからESD(Electronic Software Download)形式で、企業でのボリュームライセンスについては、正規販売代理店パートナー各社からこれまで通りのライセンス形態で販売を継続いたします。
Adobe Creative Cloudのメジャーアップデートの一環として、世界最高峰のプロフェッショナル画像編集ソフトウェアが大々的に刷新

Adobe Creative Cloudのメジャーアップデートの一環として、世界最高峰のプロフェッショナル画像編集ソフトウェアが大々的に刷新

【2013年5月7日】
米国カリフォルニア州ロサンゼルス発(2013年5月6日)Adobe Systems Incorporated(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ システムズ社)は本日、Adobe MAX, The Creativity Conferenceにおいて、Adobe Creative Cloud(TM)のメジャーアップデートの一環として、Adobe(R) Photoshop(R) CCを発表しました。Adobe Photoshop CCは、クリエイティブの可能性を極限まで突き詰めた製品であり、これまでにない強力なクリエイティブや、Photoshopの代名詞である魔法のような画像編集を実現しながら、最新のツールとワークフローによって自由度の高いクリエイティブが実現できます。Adobe Photoshop CCは、Adobe Creative Cloudのメンバー限定で、6月提供開始を予定しています。

 Adobe Photoshopなど、アドビ システムズ社のデスクトップアプリケーションはこれまで、Adobe Creative Suite(R)(CS)の名称で提供してきましたが、Adobe Creative Cloudの必要不可欠な要素として、より直感的で、共同作業を重視したサポートを実現するよう再考案されたことから、今後はCCのブランドで展開していきます。Adobe Photoshop CCには、ぼけた画像を修正・鮮明化することでデザインワークフローを向上させる新機能や、Camera Rawの新機能など、画期的な新機能が数多く採用されています。今回のアップデートでは、Adobe PhotoshopとAdobe Photoshop Extendedの機能が一本化されており、3Dツールや画像分析機能が大幅に使いやすくなっているほか、Adobe Creative Cloudとの連携により、柔軟なコラボレーション機能と共有機能が実現しています。

 アドビ システムズ社のクリエイティブメディアソリューションズ製品担当バイスプレジデントであるウィンストン ヘンドリクソン(Winston Hendrickson)は、「最新のイノベーションをいち早くお届けすることで、私たちはフォトグラファーやクリエイターの皆様に対し、デジタル画像編集の限界を突破するお手伝いをしています。お客様は今後、Photoshopの最新のイノベーションを手に入れるために、18カ月から24カ月も待つ必要はありません。次世代の修復ブラシ機能であれ、『コンテンツに応じた塗り』のような衝撃的な機能であれ、今後はPhotoshopの新機能が利用可能になった時点で、Adobe Creative Cloudを通じてこれをお届けしていきます」と述べています。

●Adobe Photoshop CCの新機能
Adobe Photoshop CCには、創造性を解き放ち、効率化を実現するための新機能や強化機能が数多く採用されており、写真の仕上げやオンラインまたはオフラインメディア向けのデザイン、3Dアートワークの制作、ビデオの撮影など、さまざまな用途でその効果を発揮します。

・一連の最新ツールでは、現時点で最先端となる、ぼけた画像の修正・鮮明化技術が採用されています。新ツールの手ぶれ補正ツールは、カメラの動きによるぶれを分析・修正し、画像の品質を向上させます。刷新されたスマートシャープツールは、最新のシャープアルゴリズムを採用しており、ノイズとハロー効果を最小限に抑えつつ、高品質の作品を完成させます。また、インテリジェントなアップサンプリング機能を使用すれば、画像の品質を保ちながら、屋外広告での使用にも十分耐えうるほどに、画像サイズを拡大できます。

・Adobe Camera Raw 8により、Adobe Photoshop CCには、3つの新たな画像編集機能が加わりました。高度な修復ブラシによって、フォトグラファーは、円形のエリアではなく、ブラシの動きによって、画像の修正やパッチを行うことができます。新機能の円形フィルターは、強力なコントロール機能によって、標準的な色収差の影響を抑えながら、写真の焦点に注目を集めさせることができます。また、Uprightツールは、水平方向などの傾きを自動的に修正し、画像を歪めることなく、全体像を補正します。また、Camera Rawの編集は、Adobe Photoshop CC内から、レイヤーやファイルに対して行うこともできます。

・デザイナーにとっては、角丸長方形が強化されており、角の丸みをいつでも調整することができます。このほか、複数のパス、シェイプ、ベクトルを一度に選択できるようになっており、複数のオブジェクトを対象とするワークフローを、より迅速で簡単に行うことができます。

・これまでのバージョンでは、Adobe Photoshop Extendedは、Adobe Photoshopの全機能と3D機能、画像分析機能からなる単独のアプリケーションとして提供していました。しかし、Adobe Photoshop CCの提供開始に伴い、Adobe Photoshop Extendedのすべての機能は、単一アプリケーションに統合されます。これによって、すべてのユーザーが、3Dの画像編集や画像分析の高度な機能を活用できます。

・Adobe Photoshop CCは、アドビ システムズ社のデスクトップアプリケーションとしては初めて、アプリケーション内からBehanceに直接ファイルを投稿することができ、作品を速やかに公開して、共同作業者の意見をクリエイティブプロセスに取り入れることができます。Behanceは世界を代表するオンラインクリエイティブコミュニティであり、そのメンバー数は140万人を上回ります。(注:日本語版では後日、本機能を提供予定)

・Adobe Photoshop CCには、ぼかしギャラリー・ゆがみフィルターに対応するスマートオブジェクト、条件付きアクション、Webデザインの期間を短縮するCSSのサポートなど、Adobe Creative Cloudのメンバーのみに提供されていた、Adobe Photoshopの画期的な機能すべてが採用されています。

・アドビ システムズ社では、Adobe Photoshop CCからAdobe Edge Reflow CCへの新たなワークフローのプレビューも行っています。このワークフローでは、Adobe Photoshop内でWebデザインを構築し、応答性の優れたWebサイトへと容易に変換し、あらゆるデバイスで表示させることが可能です。アドビ システムズ社では、今夏にも、この新機能をAdobe Photoshop CCにアップデートする予定であり、またAdobe Creative Cloudメンバーに対して、常に最新のイノベーションの提供をしていきます。

「私の取り組んでいるDay to Nightプロジェクトの作成にあたり、何千というイメージをキャプチャーするので、常にクリエイティブの過程で改善できる方法を探しています」とステフェン ウィルクスはコメントしています。フォトグラファーである彼の作品は『Vanity Fair』、『Sports Illustrated』、『Time』、『Life Magazine』や『The New York Times Magazine』でも見ることができます。また「Adobe Creative Cloudの一部であるPhotoshopのおかげで、私が描くビジョンを実現するために、新しいツール群やスマートシャープツールやアップサンプリングのような新機能を、一年間待つ必要がなくなりました。またBehance社が加わったことについても、とても興奮しています。フォトグラファーとして世界中のアーティストやアートディレクターとコミュニティーでつながることは、とても刺激になります」と語っています。

■関連サイト
Adobe Creative Cloud

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking