2013年05月02日17時00分

40代の挑戦、ロッカーの子育てとは? オーケンサイン本プレゼント

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ロックは音楽のジャンルではなく生き様のことだ」とはしばしば言われることです。ですが、われわれが目にすることができるのは、ステージ上でのかっこいい姿や、CDでの心にしみる歌声などばかりで、ロックミュージシャンがどのように生きているのかはよくわかりません。

オーケン新書サイン本

 アスキー新書『40代、職業・ロックミュージシャン』は、自身47才となった、オーケンこと大槻ケンヂさんと、40歳を過ぎてもなおパワフルに活躍中のロックミュージシャンのみなさんとの対談を収めた本です。健康のことや子育てのことなど、オーケンだからこそ聞き出せた大人ロッカーたちのリアルな“生きざま”が満載。たんなるミュージシャンによる音楽本ではなく、“生きかた”を考えるきっかけともなる普遍的な内容となっており、おじさんも若者もおねーさんも、音楽好きな人だけでなくすべての人におすすめです。

 今回はその内容を一部抜粋してご紹介いたします。番組(?)の最後にはオーケン直筆サイン本プレゼントのお知らせもありますよ!

40代からの挑戦

オーケン新書サイン本

 40代になってから“X.Y.Z→A”を始めた、ラウドネスの二井原実さんとの会話からの抜粋。

二井原 お客さんがぜんぜんいないライブなんかもいっぱい経験して。だって、それぞれ頂点を極めたメンバーばっかり集まってるのに、なんでこんなに人入んないの?ってくらいお客さんが入らなくて。
大槻 えー、ラウドネスと筋少と爆風スランプなのに!?
二井原 そうなんですよ。いやー、やっぱり時代っていうのは流れていくんだなっていうのを目の当たりにして、ちょっとつらい思いをしたことはありましたけどね。

 この話を受けて二人は、「一般の人たちは(ラウドネスのような)ブランドや“ぴあでチケットを売って”というようなパッケージがなくなると来なくなる」ということで同意します。そこで二井原さんがどうしたかというと……

二井原 で、「じゃぁどうしようか?」ってなったとき、“X.Y.Z.”は「挑もう!」ってことになってね。お客さんが入らないのわかってて100ヵ所ライブハウスツアーとかやった。「こなったら、負けるもんか!」って。43歳くらいのとき。でもよかったですよ。充実してて。

 40歳過ぎてからの挑戦ってなかなか難しいですよね。かっこいいです。でも、きっとみんなできるんです。

網タイツ姿で子供をしかる

オーケン新書サイン本

 また、同じ“筋少”メンバーの橘高文彦さんとは、子育ての話で盛り上がります。

大槻 (ライブの楽屋で)ご子息が「ワーイ!」とかいってはしゃいでたら、キミってば金髪に網タイツ姿で「こら、ちゃんとしてろ!」って怒ったでしょ?
橘高 そうそう
大槻 でも、金髪で網タイツ穿いたお父さんに「ちゃんとしてろ!」って言われてもねえ(笑)。パパがちゃんとしろよって思ったよ(笑)。

 サザエさんみたいな普通の家庭にあこがれていたと言う橘高さんに対し、一般のお父さんとはちがうことに関して葛藤はなかったのかと突っ込む大槻さん。

橘高 あ、金髪のお父さんになってしまうと(笑)。そっから現実に直面しだしたの。ただ、それ言い出したらいろんなお父さんがいるんだと思って。
大槻 そりゃそうだ。演歌父さんとか、お相撲父さんとかね。
橘高 うん、オレらもそれっぽいけど、旅芸人の人とかね。それはもう変えられない事実だし、この親のとこに生まれえてくるんだと受け入れてもらわないとしょうがないわけで。最初は「ヘビメタのギタリストの子どもだから」って言われないように育てようって気持ちはあったよね。

 当たり前ですが、ロックミュージシャンでも子供はもうけます。そして、「普通の家庭とは違うんだ」という気づき、葛藤、そして出した結論が語られます。実はわれわれも、なにかしらほかの家庭とは違った一面をもっているものですが、それをどう受け止めるのか、橘高さんの話はヒントになるでしょう。

 このほか、中国でミュージシャン村の長老のようになっている爆風スランプのファンキー末吉さんの実際の生活、アルコール依存症と戦った元ZIGGYの森重樹一さんの話、渡瀬マキさんのLINDBERG期間限定再結成の裏側などなど、ときにはおかしくときにはしんみりとロックミュージシャン44人の“生きざま”が詰まっていますので、ぜひ読んでみてください。

本書は電子書籍でも販売中です。

配信サイト
BOOK☆WALKER
Kindle ストア 
楽天koboイーブックストア 
Sony Reader Store 
Google Playブックス
honto電子書籍ストア 
紀伊國屋書店BookWebPlus 
BookLive! 
ニコニコ静画 

 さて、この週アスPLUS読者のために大槻さんが本書にサインをしてくれました。こちらのサイン入り本を抽選で5名の方にプレゼントいたします。
応募方法は以下の通り。

オーケン新書サイン本

応募手順
1.週アスの公式アカウント@weeklyasciiをフォロー※1
2.このページにあるTwitterの書き込み機能から「サイン本プレゼント希望」と添えてRT※2
※1 当選者の方にプレゼント送付先の登録フォームをDMでご連絡しますので、相互フォローが必要になります。
※2 このページからRTすると、専用のハッシュタグがつきます。これがない場合は、応募が無効となります。

jumbop

 応募の締め切りは5月12日(日)の24時まで。当選された方にのみツイッターのDMで応募フォーム先をご連絡いたしますので、週アスの公式アカウントのフォローを忘れないようにお願いします。なお、プレゼントの発送は5月下旬くらいを予定しています。たくさんのご応募お待ちしています!

(関連サイト)
オーケンブログ 

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking