2013年04月16日13時00分

dynabook V632を鈴木ちなみさんと見る「ちょっと待って、その先はパソコンで!」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

情報は異なるデバイスで常に共有できるように

東芝 dynabook V632
その先はパソコンで002

 いつも言っていることだが、パーソナルコンピューティングは掛け算だ。10の力をもつデバイスが2台あれば、10+10ではなくて、10×10、つまり100の力を発揮してくれる。いまや現代生活には欠かせない存在になってしまったスマホだが、スマホをより便利に使うためにもパソコンは必須の存在である。つまり、スマホとパソコンを併用すれば、便利と楽しさが掛け算できいてくる。

 掛け算をうまく機能させるためにも、パソコンを含む手もちのデジタルデバイスは同じ情報を読み書きできるようにしておきたい。それによって、個々のデバイスを“ 餅は餅屋"的な使いこなしができるようになる。自宅の据置型パソコン、カバンの中のモバイルノートパソコン、ポケットの中のスマートフォンで同じ情報を共有しておけば、シーンに応じたデバイスをシームレスに使うことができる。

 東芝の『dynabook V632』のようなパソコンは、リビングや書斎での利用から、遠近問わない外出時の活用まで、オールマイティーに使われることを想定したウルトラブックだ。オフィスも搭載し、スタイリッシュな外観からは想像できないほどパワフルで、スマホに匹敵するほどバッテリーももつ( 約13時間バッテリー駆動※)。しかし、それをスマホと協調させることで、便利度は格段に向上する。 ポイントは、スマホでしかできないことをつくらないようにすることだ。たとえば、ちょっとしたメモはスマホを使うのが便利だが、ひらめきの断片だけをOneNoteでメモしておき、あとで落ち着いたときに、快適なキーボードと広いスクリーンをもつパソコンを使って肉付けする。メモを取るのはスマホが便利と思っている人もいるだろうが、家に帰ってスマホで取ったメモをベースにPCのOneNoteを使って写真やほかの資料といっしょにまとめたり、さらにブラッシュアップができる。

harman/kardonの高音質スピーカー
その先はパソコンで002
裏面2カ所にハーマンカードンのスピーカーを搭載。音の反響を考慮したチューニングでパワフルなサウンドを実現。
快適な打鍵感のキーボード
その先はパソコンで002
薄い筺体でありながら、快適な打鍵感を味わえるキーボードを搭載。バックライト搭載で暗所でも見やすい。

※メーカー公表値

PCでスマホでは味わえない音楽や写真の楽しみ方を

 エンターテインメント的な面でいえば、音楽を楽しむ場合も同様だ。外出時はスマホにイヤフォンを装着して音楽を聴き、自宅ではスピーカー派も、V632のように名門ブランドのスピーカーを内蔵するなどサウンドの再生にしっかりとした気遣いがされたパソコンなら、驚くほど豊かなオーディオ再生を楽しめる。かつては、自宅で音楽を楽しむといえば、ラジカセやミニコンポといった機器を使うのが相場だったわけだが、これらの再生環境が消えつつある今、ノートパソコンはその役割を担う機器としても有望だ。

 ビジネスに使うとしても、ちょっとしたプレゼンテーションにサウンドはつきものだ。見かけからは、想像できないくらいに豊かなサウンドを奏でるV632は、そういう意味でも頼もしい。パワーポイントにサウンドを挿入してプレゼンを行なえば説得力も満点だ。

 音楽に加え、写真も同様だ。コンパクトデジカメを使わず、ほとんどの日常的な撮影をスマホで済ませるというユーザーは少なくない。日常のちょっとした風景や、メモ代わりの写真などが着々とスマホに格納されていく。こうしてたまった大量の写真も、クラウドを介せばパソコンですぐに楽しめる。スマホで完結させてしまうのはもったいない。かつてのように、メモリーカードを使ったり、ケーブルで接続して転送といったことは、あまり考えなくてもよくなっている。撮影の直後に、パソコンを開けば、スマートフォンとは比較にならない大きなスクリーン、そして、広い視野角をもった色合い豊かな液晶で、撮ったばかりの写真を確認することができるのだ。V632は出荷時に一台ごとに色調整が施され、さらに、レゾリューションプラス機能でよりリッチな写真表示ができる。スマホで撮りためた写真をパワーポイントを使って編集して、解像度が高いV632で見れば、魅力的なフォトスクラップやフォトブックにもなる。

一台一台こだわりの色調整
その先はパソコンで002
一台ずつ色調整し、自然の色味を再現。“レゾリューションプラス機能”で細かい部分を強調し、より鮮明に楽しめる。

スマホ×PCでデジタルライフがより快適に

 
その先はパソコンで002
カバンやポケットからすぐに取り出して使える機動力のよさでは抜群のスマホ。SkyDriveでデータを共有すれば、PCでもシームレスに利用できる。
スマホで音楽を聴く
その先はパソコンで002
スマホ+ヘッドフォンで音楽をプライベートに楽しむ。
スマホで写真を撮る
その先はパソコンで002
日常のひとコマやメモ代わりの写真はスマホで手軽に。
スマホでメモを取る
その先はパソコンで002
紙とペン感覚でその場でサッと記録したいメモはスマホで。

パワーポイントを活用!

PCでメモを整理
その先はパソコンで002
PC版のOneNoteでは、インデックスやシートを使ってバインダーのように多層的にメモを整理できる。
テンプレートでフォトブックを作成
その先はパソコンで002
多数のフォトブック用のテンプレートがオンラインで入手できる。

知っておきたいオフィス2013豆知識

クラウド上にメモを保存して
使いたいデバイスで読み書き

 新しいOneNoteは、テキストはもちろん、画像や音声、ウェブアドレスなど、どんなものでもメモができる。バインダーのノートブックに色分けしたセクション区切りを入れて、ルーズリーフノートを追加していくインターフェースはだれにでもわかりやすい。

 マイクロソフトのクラウドストレージサービスSkyDriveを経由することで、すべてのデバイスで同じメモを読み書きできる。スマホで書きはじめたメモの続きがすぐにタブレットやパソコンで書け、複数のユーザーが同時に作業することも可能だ。

外出先ではスマホで
その先はパソコンで002
外出先ではスマホ版OneNoteを使ってササッとメモ。写真の追加や箇条書きなど簡単なメモができる。
PCでメモを整理
その先はパソコンで002
PC版のOneNoteでは、インデックスやシートを使ってバインダーのように多層的にメモを整理できる。
その先はパソコンで002

東芝担当ナビゲーター
鈴木ちなみ

1989年生まれ、岐阜県出身。2008年にモデルとしてデビューし、ドラマや映画でも活躍。現在は『めざましどようび(ココ調)』、『LOVE×LIVE』、『めざましテレビ(ハワイ企画)』(いずれもフジテレビ系)にレギュラー出演中。写真集『ちなみに…』(集英社刊)が好評発売中。

 

■関連サイト
dynabook V632
Microsoft Office 2013
鈴木ちなみオフィシャルブログ

撮影 池田亨昭 ヘアメイク 市嶋あかね スタイリスト 船橋翔大

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking