2013年04月05日11時19分

AndroidをFacebookスマホに変えるFacebook Homeが4月12日リリース

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Androidスマートフォンのホーム画面、ロック画面を置き換え、Facebook主体のスマートフォンに変える『Facebook Home』が、米国で現地時間4月4日に発表されました。本アプリは4月12日にまずは米国向けにリリースされ、プリインストールしたHTC製端末『HTC First』も同日にAT&Tから販売されます。現時点でFacebook Home、HTC Firstの日本リリース時期は発表されていませんが、Facebook日本法人によれば、日本を含めたグローバルでも近日中にFacebook Homeを提供するとのことです。

 Facebook Homeをインストールすると、前述のとおりAndroidスマートフォンはFacebookでの体験を最優先したスマートフォンに様変わりします。Facebookの公式サイトに掲載されている写真をもとに、どのような機能が追加されるのか見ていきましょう。

Cover Feed
AndroidスマホをFacebookスマホに変えるFacebook Homeが4/12米国でリリース

 端末の電源を入れると上のCover Feedが表示されます。画面全体に表示されているのは、Facebook上の友達が投稿した写真です。ロック画面やホーム画面の壁紙は通常自分自身のパーソナルな画像を掲載することが多いですが、Facebook Homeインストール後はつながっている友達の体験を共有するスクリーンとなります。

Chat Head Preview
AndroidスマホをFacebookスマホに変えるFacebook Homeが4/12米国でリリース

 ほかのアプリを起動していても、友達からメッセージが届くと、その顔が吹き出しとともに表示されます。設定で表示・非表示を切り替えられる可能性は高いですが、ほぼ強制的にメッセージがポップアップすることで友達とのコミュニケーションの機会を逃す心配はありません。

Chat Head Thread
AndroidスマホをFacebookスマホに変えるFacebook Homeが4/12米国でリリース

 チャットは一般的なスレッド表示で進行しますが、ほかの友達のアイコンも同時に表示されています。メッセージがたまっていれば、その件数が数字で表示されるので、スムーズに複数の友人と並行してメッセージ交換が可能です。

Notifications
AndroidスマホをFacebookスマホに変えるFacebook Homeが4/12米国でリリース

 メッセージ、メール、フィードへの投稿があると、ホーム画面に通知が表示されます。通知それぞれをタップすると、その詳細が確認できます。

Launcher
AndroidスマホをFacebookスマホに変えるFacebook Homeが4/12米国でリリース

 自分の顔アイコンをタップするとアプリランチャーが開きます。通常のアプリランチャーと同様にカスタマイズが可能です。

■総括

 Facebookをソーシャルの中心に位置付けている人にとっては、『Facebook Home』、『HTC First』は魅力的なアプリであり製品です。

 ただLINEの急成長を見てもわかるとおり、いまスマートフォンのユーザーは複数のソーシャルサービスを横断的に利用しており、ひとつのサービスに絞りたいと思っている人はごく少数でしょう。

 Chat Headなど個別の機能は魅力的ですが、多様性を好むAndroidユーザーには『Facebook Home』、『HTC First』は窮屈なものに見えるかもしれません。

■対応機種

 Facebook Homeの対応機種は以下のとおり。HTCの4機種、Samsungの3機種、計7機種。

HTC First
HTC One (Future)
HTC One X
HTC One X+
Samsung GALAXY S III
Samsung GALAXY S4 (Future)
Samsung GALAXY Note II

■関連サイト

facebook home

(2013年4月5日15時32分追記)Facebook日本法人のコメントを追記しました。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking