2013年03月08日19時30分

Google I/Oに隠されたイースターエッグを必死でみつけてみた。12種

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 今年もやってきました、Googleの開発者向けイベント『Google I/O 2013』。本日、公式ページが公開されました。でもさすがGoogle先生、こういう部分にも遊び心を入れてくるところが面白いですね。一体いくつの仕掛けが隠されているのかを検証すべく、必死で探してみました。

【ニュース記事】
Google I/O 2013の公式ページが登場 3月14日から入場予約開始

 

 遊び方はI/Oのロゴを押すだけ。Iなら“1”、Oなら“0”を入力できる。入力した2進数の組み合わせで、それぞれ展開が変わってくる。

 まず“11100111”と押すと……。

Google I/O 2013

 猫がでてきた。

 “10000001”と押すと……。

Google I/O 2013
ピンボールゲームができちゃう

 ちゃんと点数も加算される。

 “11010011”これでどうだ!

Google I/O 2013
光った順番を暗記するゲーム

 暗記は苦手です……。

 “00111001

ホットドックとハンバーガー
Google I/O 2013

 お腹減って来ました……。

 

 正直いっぱいありすぎて日が暮れてしまいました。この他にもこんなにいっぱいあったんで、ほかにもあるかもしれません。是非探して見てくださいね。

ボーリング
Google I/O 2013
8bit
Google I/O 2013
アスキーアート
Google I/O 2013
シンセサイザー
Google I/O 2013
ベーコンエッグ
Google I/O 2013
パーカッション
Google I/O 2013
ロケットと地球
Google I/O 2013
宇宙
Google I/O 2013

【関連サイト】
Google I/O 2013 公式サイト(英語)

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking