2013年03月07日12時00分

新幹線の現在位置がわかるAndroidアプリがイカス!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

いまどこ鉄道マップ

いまどこ?鉄道マップ
作者:Nayutaya Inc.
バージョン:1.9.8
対応OS:1.6以上
Google Play価格:無料
(バージョンと価格、対応OSは記事掲載時のものです)

いまどこ鉄道マップ

 旅好きの筆者だが、加えて鉄分(鉄道好き)も多く、ジャンルとしては乗り鉄。旅をしていないときでも、列車がどの辺を走っているかをイメージして車窓を想像している。そんな鉄分の多いユーザーの妄想を支援してくれるのが『いまどこ?鉄道マップ』。

地図上に路線状況を表示
いまどこ鉄道マップ

 アプリを起動させると日本地図上に、東海道新幹線の路線図と新幹線の位置が三角のマークで表示される。三角の色は、オレンジ色がのぞみ、茶色がひかり、青がこだまになっているのでわかりやすい。

現在運行中の列車が分かる
いまどこ鉄道マップ

 地図をピンチアウトで拡大すると、各列車がどのあたりを走っているのかが詳しくわかる。さらに三角マークをタップすると、列車番号や行き先なども確認可能。

追跡モードで自動スクロール
いまどこ鉄道マップ

 メニューボタンから“列車を追跡”をタップすれば、選択した列車をフォーカスし続け、自動でスクロール。これに合わせて車窓を想像すれば、鉄道旅行気分に浸れるのがイカス!!

駅では次の列車を表示
いまどこ鉄道マップ

 路線上の丸は駅で、タップすると次に到着する列車を表示。ここでも自分が駅にいる姿を想像して、列車がくるのをワクワクしながら待つという妄想プレーができるのだっ。

新幹線全路線を網羅
いまどこ鉄道マップ

 標準では東海道新幹線のみ表示しているが、メニューボタンの“路線”をタップすると、そのほかの新幹線の路線も表示可能。同時に5つの路線まで選択できる。

路線の追加
いまどこ鉄道マップ

 無料版の『いまどこ?鉄道マップ』では新幹線のみ対応しているが、アプリを購入すれば路線の追加も可能。鉄なら全部購入したいところ。まだ全国は網羅していないので、筆者としては早く全国対応をお願いしたい。

 列車の位置は時刻表を基にして表示されているので、遅延情報を知るといったことには対応していないが、実際に自分で新幹線に乗りつつ自分の位置を眺めるのも、ただの地図よりはずっとおもしろい。鉄道好きの人も、そうでない人も、旅のお供にいかが?

いまどこ?鉄道マップ
作者:Nayutaya Inc.
バージョン:1.9.8
対応OS:1.6以上
Google Play価格:無料

(バージョンと価格、対応OSは記事掲載時のものです)
※Android端末は多くの機種・バージョンがあるため、特定の機種によっては誤動作・不具合などが発生する可能性があります。必ずご使用の機種で正常に動作することをご確認ください。

■ダウンロードはコチラから■
いまどこ鉄道マップ

中山智さんのサイト
幽玄会社中山商店

このページの内容の一部は、Google が作成、提供しているコンテンツをベースに変更したもので、クリエイティブ・コモンズの表示 3.0 ライセンスに記載の条件に従って使用しています。

【お知らせ】
 この連載が電子書籍になりました! 特に評判の高かったアプリを厳選し、内容を改訂してご紹介しています。さらにAndroidを使いこなしたいユーザーにおすすめの一冊です。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking