2013年02月28日17時00分

わずか4万円でPCを作る方法

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 最近よくPC購入の相談を持ちかけられるのですが、みんなだいたい予算を聞くと8万円ぐらいなんですよね。8万円以下で選ぶとなると、ウルトラブックでもHDDタイプならごろごろある昨今ですが、自作PCならその半額となるわずか4万円で、ちっちゃ~いSSDの高速起動PCが組めます。

 そう、低価格かつ手のひらサイズのインテル製超小型ベアボーン『NUC』を使えば。

NUC DCCP847DYE
わずか4万円でPCを作る方法
実売価格2万円前後
NUC DCP847SKE
わずか4万円でPCを作る方法
実売価格1万7000円前後

 どちらもノートPC用CPUであるCeleron 847(1.1GHz)を搭載し、あとはメモリーとストレージをつけてOSをインストールすればPCが完成する製品です。前者ならケースまで付属。価格差3000円ならケース付きがお得かも。

 さて、ではメモリーやストレージはなにを選べばいいのか?メモリーはこれまたノートPC用のDDR3対応SO-DIMM。ストレージはSATAポートの代わりにmSATAポートがあるので、それに対応した小さいSSDを組み込みます。以下、超簡単な組み込み手順です。

まずはケースを開ける
わずか4万円でPCを作る方法
SO-DIMMをイン!
わずか4万円でPCを作る方法
mSATA SSDをイン!
わずか4万円でPCを作る方法

 ケースはネジを4つ回して御開帳。メモリーをパチッとはめた後、mSATA SSDをサクッと挿せば組み込み終了です。超絶簡単なので、お子様の夏休みの工作とかにもぴったりと思うのですが、お父様方いかがでしょう?ちなみに予算は以下のパーツで構成すれば、4万円以下で作れます。

ベアボーン:インテル『NUC DCCP847DYE』2万円
メモリー:CFD販売『W3N1600Q-2G』(2GB×2)3000円
mSATA SSD:Crucial『CT064M4SSD3』(64GB)6500円
OS:WIndows8 DSP版(64ビット)9000円

コアi3モデルもある
わずか4万円でPCを作る方法

 性能は正直あまりよろしくありません。コアi3を搭載した上位モデル(上の写真の赤いのと黒いの)では余裕なフルHDのAVCHD動画再生も、セレロンではコマ落ちしたりします。でも、ウェブブラウジング程度しかしないサブPCとして割り切ればノープロブレム。サーバーとして活用することもできます。そのあたりは週刊アスキー増刊号『超速SSDパソコン自作』で詳しくやっているので、興味のある方はそちらをご参照くださいませ。

【大好評の週アス増刊に超速SSDパソコン自作が登場!】

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking