2013年02月27日13時00分

ソニー新サイバーショットは強力手ブレ補正搭載! 2群防振は最強か!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーから、強力な手ブレ補正機構を備えた2台が発表となった。

『サイバーショット DSC-HX300』
●予想実売価格 5万3000円前後
●3月8日発売予定

CyberShot2013_02

 光学50倍ズーム機。高倍率機でもっとも注目したい手ブレ補正には、“2群防振手ブレ補正”を採用。聞いたこともない機能だが、通常、うしろ側(カメラ側)のレンズを動かして、手ブレ補正しているが、この『HX300』は、前側から2番目の大きいレンズを動かすことで、ブレを防ぐという。

CyberShot2013_02

 電源オン時に、手ブレ補正するレンズがぶるるんと動く。補正エリアは前モデル『HX200V』の約2.7倍というから、これは期待できそう!

CyberShot2013_02 CyberShot2013_02
CyberShot2013_02
CyberShot2013_02

●おもなSPEC
撮像素子 1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数 約2040万画素
レンズ 光学50倍ズーム(35ミリ換算24-1200mm)、F2.8-6.3
ISO感度 80~12800
ディスプレー 3インチチルト液晶(約92.1万ドット)
サイズ/重量 129.6(W)×103.2(D)×93.2(H)mm/約650g(撮影時)

 そして、もう1台。

『サイバーショット DSC-WX300』
●予想実売価格 3万3000円前後
●3月15日発売(ホワイト/ブラック)、4月5日発売(レッド/ブラウン/ブルー)

CyberShot2013_02

 光学20倍ズームに、1820万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載。

CyberShot2013_02

 最速0.14秒、望遠側でも0.17秒と高速なAFを搭載。『DSC-HX30』に比べて、約3.6倍高速になった。さらに手ブレ補正も強化。昨年の春モデルの20倍ズーム機『HX30V』と比べて約2倍の強化となっているとのこと。

CyberShot2013_02

 実物を見て驚くのがそのサイズ。光学20倍ともなると、普及機よりもひとまわり大きいのがふつうだが、この『WX300』は、他社の春モデル10倍ズーム機とほぼ同じサイズ。

CyberShot2013_02

 機能は60i動画に、360度スイングパノラマの撮影機能を搭載。3インチ液晶にWiFi対応、スマホ連携、フルサイズセンサー搭載の高級機『RX1』で採用しているバッテリーを採用し、約500枚とバッテリーも長寿命!

 

CyberShot2013_02 CyberShot2013_02
CyberShot2013_02 CyberShot2013_02

●おもなSPEC
撮像素子 1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数 約1820万画素
レンズ 光学20倍ズーム(35ミリ換算25-500mm)、F3.5-6.5
ISO感度 80~12800
ディスプレー 3インチ液晶(約46万ドット)
サイズ/重量 96(W)×25.7(D)×54.9(H)mm/約166g(撮影時)

 

 そして、防水機能を高めた防水モデルも発表となった。

『サイバーショット DSC-TX30』
●予想実売価格 3万5000円前後
●4月5日発売予定

CyberShot2013_02

 厚さ15.4ミリの防水デジカメ。その薄さは世界一。

CyberShot2013_02
CyberShot2013_02

 前モデル『TX20』で5メートルだった防水性能は10メートルに進化。水中でも明るく見やすい有機ELを備え、タッチ操作が可能。

CyberShot2013_02
CyberShot2013_02

●おもなSPEC
撮像素子 1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数 約1820万画素
レンズ 光学5倍ズーム(35ミリ換算26~130mm)、F3.5-4.8
防水 10m
耐衝撃 1.5m
ISO感度 80~12800
ディスプレー 3.3インチ有機EL(約122.9万ドット)
サイズ/重量 96.4(W)×15.4(D)×59.3(H)mm/約140g(撮影時)

●関連リンク
サイバーショット

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking