2013年02月25日18時00分

ドコモ 中国や韓国で使えるようになるNFCとWiFiローミング技術を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ドコモ NFC WiFi ローミング

 ドコモと中国のチャイナモバイル、韓国のKTの通信事業者3社は、NFCの国際ローミングに関する共通仕様と、日中韓WiFiローミングの拡充について発表を行ないました。

 NFCに関しては、3社で策定した共通使用をサービスと端末ごとに白書としてまとめ、決済、クーポン、交通といったローミングサービスの導入の推進をはかります。

 WiFiローミングに関しては、他国の通信事業者が日中韓それぞれが展開するWiFiサービスの円滑な利用を推進。また、WiFiローミング利用時のIDとパスワードの入力が不要となるSIM認証技術を、2013年度第1四半期内のサービス提供を予定しています。

 今回の発表が本格的に実用化されれば、いつも使っているスマホで日中韓のWiFiやNFCサービスがストレスなく利用することができるようになり、非常に便利そうです。

 以下、ドコモの各プレスリリース本文です。

NFCの国際ローミングに関する共通仕様を策定
<2013年2月25日>
China Mobile Communications Corporation
KT Corporation
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
株式会社NTTドコモ(本社:東京、代表取締役社長:加藤 、以下ドコモ)、中国の通信事業者China Mobile Communications Corporation(本社:北京、Chairman:奚 国華(シ・グォフア)、以下チャイナモバイル)、および韓国の通信事業者KT Corporation(本社:ソウル、Chairman&CEO:李 錫采(イ・ソクチェ)、以下KT)の3社は、日中韓の3か国間でのNFCサービスにおけるローミングを実現するために必要な、サービスや端末に関する諸条件について、共通仕様を策定いたしました。この仕様については、サービス、端末それぞれ1冊ずつ白書の形でまとめ、本日からスペイン・バルセロナで開催されるGSMA Mobile World Congressにて発表いたします。
「Asia NFC Zone -NFC Service Roaming」と題されたサービスに関する白書は、NFCサービスのローミングを定義し、商用サービスに必要な要件を提示しています。また、「Asia NFC Zone -NFC Handset Requirements」と題された端末に関する白書では、NFCサービスのローミングを実現するための技術的な要件について説明しています。
これらの仕様は、GSMAやNFC Forumといった国際的な業界団体・標準化団体で策定された国際的なNFC標準に準拠して策定しており、アジア地域でNFCサービスのローミングを実現しようとしているキャリア、サービスプロバイダー、小売業者や、NFC対応端末の開発を行おうとしている端末ベンダーに必要な情報を提供いたします。
3社は、2011年1月から日中韓協力委員会の場などで、NFCサービスのローミングに関して検討を進めており、2012年4月からは具体的な共通仕様の策定に注力してまいりました。今回発表された白書は、今後決済、クーポン、交通といったNFCサービスのローミングの導入の推進に役立つものと考えております。
3社は、今回発表した白書の内容を世界の業界団体・標準化団体にも紹介し、標準化活動を推進していくとともに、世界中のNFCサービスの相互利用が可能になるよう活動してまいります。

国際ローミング接続協定に関するドコモ、チャイナモバイル、KTの協業
-日中韓Wi-Fiローミングインの拡充-
<2013年2月25日>
株式会社NTTドコモ[本社:東京、代表取締役社長:加藤 、以下ドコモ]、中国最大の通信事業者China Mobile Communications Corporation[本社:北京、Chairman:奚 国華(シ・グォフア)、以下チャイナモバイル]の国際事業を営む完全子会社China Mobile International Limited[本社:香港、Chairman:林 振輝(タイガー・リン)、以下CMI]、韓国最大の通信事業者KT Corporation[本社:ソウル、Chairman&CEO:李 錫采(イ・ソクチェ)、以下KT]は、日本・中国・韓国へのWi-Fiローミングインに関する3オペレータの協業推進について合意し、2月25日よりバルセロナで開催される展示会「Mobile World Congress 2013」に3社共同でブース出展を行います。
ドコモ、チャイナモバイル、KTは現在、アジアの主要オペレータとしてお客様のニーズが高いエリアを中心に各国全域にてWi-Fiサービスを提供しておりますが、今回の合意に基づき複数必要であった事業者間協定・接続を一本化し、ハブ事業者を介して日本・中国・韓国へのWi-Fiローミングインを他国の通信事業者に提供するスキームを構築し、共同推進いたします。また、本スキームには、CMIがハブ事業者の一つとして参画し、2013年度第1四半期内のサービス提供開始を目指します。
同時に3オペレータは、さらなる利便性向上を目的として、SIM認証技術によりWi-Fi接続時に求められるID及びパスワードの入力が不要になる接続方式を採用し、2013年度第1四半期を目処にWi-Fiローミングインを利用されるお客様向けにサービス提供予定です。
NTTドコモ、チャイナモバイル、KTは、3国を跨る移動通信事業の活性化に向けて今後も協業し、益々のビジネス機会拡大を進めて参ります。

●関連サイト
ドコモ NFCローミングに関するプレスリリース
ドコモ WiFiローミングに関するプレスリリース

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking