2013年02月14日19時30分

共振増幅で低音強化した日立マクセルのイヤフォンは長時間使っても心地いい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2月14日に日立マクセルが、ハイエンドオーディオカテゴリー“m”シリーズの第三弾『MXH-RF500』、ならびにスマホ用の『MXH-RF500S』を発表した。

MXH-RF500

 流線型のデザインにダブルチャンバー(共振を増幅させる空気室)、そしてフィットしやすいデザインが特徴。またこのダブルチャンバーが空気の共振を増幅し、低音を伸ばしてくれる仕様になっている。イヤーピースも先が若干尖っており、耳の奥まで入りやすいとともに、高音が逃げない。メディア向け試聴会で実際に聴いてみたが、非常に低音、高音ともにバランスのよい音になっており、長時間使用でも着け心地も含め使用したい1台だった。また、ボリュームを大きめにしても音漏れもなかった。

 価格帯も通常モデルが実売価格6000円前後、スマホ用モデルが7000円と手にとりやすく、アンダー1万円以下の良質なモデルがまたひとつ増えた印象。カラバリは『MXH-RF500』がブラック、ホワイト、レッドの3色、『MXH-RF500S』がブラックとホワイトの2色展開となっている。

『MXH-RF500』
●実売価格 6000円前後
●マクセル
●2月20日発売予定

『MXH-RF500S』
●実売価格 7000円前後
●マクセル
●2月20日発売予定

●関連サイト 日立マクセル

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking