2013年01月29日22時00分

『カオスだもんね!』リアル“なんでも鑑定団”!?「骨董ジャンボリー」で目利きに挑戦!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 今回のカオスは久しぶりにビッグサイトへ取材に行ってきました。

20120129saku

 というのも、前回の宇宙村で、予期せずに多くの骨董品を目にしたわけですがその価値が全くわからなかった、我々カオスチーム。

 ビッグサイトで“骨董ジャンボリー”なるイベントが開催中との情報を聞き、これを機に骨董について学んでみようということになりました。

20120129saku

 会場に着いて、まず最初に目に飛び込んできたのがこちらのブロンズ像。

20120129saku

 なんか力強さのような“何か”を感じないわけではないのですが、その価格が6万8000円なのには驚きました。

20120129saku

 毎週『なんでも鑑定団』を見ているシャクライですが、この価格は読めなかったです。ちなみにその横で売られていた、こちらの“翡翠の香炉”は1万2000円らしいです。

20120129saku

 なんとなくこっちの方が高く思えたのは、シャクライがド素人だからなんでしょうか?

 なかには、何なのか全くわからないものも。ケースには“銀春画”と書かれていますが……?

20120129saku

 みなさんはコレが何だかわかりますか?

20120129saku
20120129saku

 正解を店主の方に伺ったところ、これは葉タバコの葉を入れておく、タバコケースなんだそうです。昔はこういうのが粋だったんでしょうねぇ。

 お次の“何かわからなかったシリーズ”は、こちら。

20120129saku

 なんで、ストーブの上にカゴが乗っかってるんだろう? と思ったんですが、正しい使い方はといういと……

20120129saku

 こんな感じで使う、ストーブガードでした。昔、小学校の教室などで見た覚えがありますね。

 ちなみに、今回の取材でミズグチさんがいちばん驚いていたのが、このエビの自在置物。

20120129saku

 そのリアリティーもさることながら、これが動くというのだから2度ビックリしていました。ちなみにお値段は63万円です。

 アカザーさんが気になっていたのは、こういった古伊万里の蕎麦猪口。

20120129saku

 なんでも、これからはこういう器で、蕎麦を「ズズズーーーッ」と粋にいきたいんだそうです。お店の人に伺ったところ、これら4000円ぐらいのものは食事でも使い、それ以上の値のものは鑑賞用として楽しむ人が多いそうです。

 最後に今回シャクライが気になった物ですが、こちらのパタパタ時計です。

20120129saku
20120129saku

 昔、実家にあった気がするんですが、妙に懐かしくて欲しくなりました。ただ、これって電源がコンセントなんですよねぇ。電池だったら良かったんですが、悩んだ末に保留にしました。

 シャクライ的には、骨董を見に行ったのか古道具を見に行ったのかよくわからなくなりましたが、そんな様々なものが集まるのが“骨董ジャンボリー”なんだと思います。

20120129saku

まさにピンキリ、いろいろな骨董品が目白押しな“骨董ジャンボリー”の体験レポート漫画は、週刊アスキー2/5号(1月22日発売)の『カオスだもんね!PLUS』をチェック!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking