2013年01月25日23時00分

MacPeople創刊300号記念企画(第1回)

漢字Talk、PowerBook、ピピン――ジョブズ復帰前のAppleは混沌だった

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

■ジョブズ復帰前のほうが実は楽しかった!?

吉田 MacPeopleは1月29日発売の3月号(関連サイト:Amazon)でめでたく300号を迎えることになりました。そこで、週刊アスキーの宮野編集長と、マックユーザーである伊藤副編集長を交えて、創刊当時から現在までの話を振り返っていきたいと思います。宮野編集長は当時はどこの編集部ですか?

宮野 MacPeopleの創刊は'95年だったよね。それなら月刊アスキーじゃないかな。まだ週刊アスキーは創刊していなかったので。

吉田 伊藤副編集長は?

伊藤 私は学生でした。

MacPeople300号記念座談会
MacPeople創刊号の誌面。当時は一体型の『パフォーマ5210』(24万円)などが人気機種だった。

吉田 それでは、まず創刊号から50号までを話したいと思います。年代でいうと'95年10月~'98年4月ですね。もっとわかりやすくいうと、ジョブズ復帰直前からiMacの登場前までです。

 実は私は、MacPeopleが創刊して2ヵ月後に入社してMACPOWER編集部に配属されたので、当時の状況は知らないんです。あの頃はジョブズの復帰前で、混沌としながらも面白い技術や製品がたくさん出ていましたね。'95年の後半は、もうPowerPCマシンの時代なんですが、実際にはLC630など68kマシンが売上の上位でした。

MacPeople300号記念座談会

宮野 LCってあったよな。LC630は最後ぐらいのLCで、テレビチューナーとか付けられたヤツでしょ。

吉田 そうです。ちなみに私は、入社前にLC575というモニター一体型のマックを当時買いましたね。24回ローンで。そのあとに出たLC630シリーズの人気がすごかったと記憶してます。デスクトップタイプなのでモニターは別売りですけど、本体価格は10万円を切っていましたし。'95~96年あたりはPowerPCアプリはまだそれほど出てなかったので、まだまだ68kマシンが人気でしたね。

MacPeople300号記念座談会
名機『LC630』。マックが一気に一般に普及したころのモデルだ。

伊藤 ジョブズ復帰前のアップルってよくわからないのですが、編集部から見るとどんな感じでした?

吉田 ジョブズの復帰は'96年末で、経営の先頭に立つのは97年後半からになるんだけど、私がマックを買ったのは'94年だったのでジョブズの影とかまったくなかったですね。入社直後もどっちかというと「過去の人」でした。個人的に、入社後まず会いたいと思ったのは、サジーブ・チャヒルです。

※サジーブ・チャヒル氏は'88年~'97年にアップルに在籍し、マーケティング担当上級副社長などを歴任。ターバン姿で知られ、週アス連載マンガ『電脳なをさん』にもよく登場していた。

MacPeople300号記念座談会
幕張メッセで開催された『マックワールドエキスポ東京'96』のレポート記事。当時の社長はギル・アメリオ氏だった。

伊藤 ところで、これはどこのモデムですか?(300号記念企画のページに指を差して)

吉田 ああ、これはそのころ製品紹介ページにたくさん紹介していたモデムの1つですよ。'95~'96年ごろは、モデムでインターネット接続というのが基本だったからね。

伊藤 USロボティクスのモデムとか懐かしいですよね。当時は、14.4kから28.8kとかに移った時代でしたね。

吉田 多くのメーカーがこぞってモデルを出して、編集部で必死にベンチマークやってた思い出がある。いまでは考えられないけど、とにかく回線が遅いので数kbpsでも速いモデムが欲しかったんだよね。そのあとは、ISDN回線+テレホーダイとかに人気が出ましたね。

MacPeople300号記念座談会
28.8kbpsモデムの『PRAGMATIC DL 1428R』。28.8Kbpsはニッパッパーと呼ばれていた。

MacPeople300号記念座談会
ISDNの接続に欠かせない機器のターミナルアダプター(TA)。

宮野 あと、そのころって確かさぁ。なんかOSの開発が、いろいろややこしくなったんだよね。

吉田 漢字Talk 7.xの時代ですね。CoplandとかGershwinとかのコードネームの新OSのロードマップやデモが披露されたこともありましたが、なかなか開発がうまく進んでませんでしたね。当時は高価なマックに触れるだけでうれしかったんで、アップルの今後とかあんまり興味ありませんでしたけど(笑)。

MacPeople300号記念座談会
'96年発行の通巻12号では、漢字トーク7.5.3を特集していた。

伊藤 吉田編集長は当時、編集部でどのマックを使っていたんですか?

吉田 '95~'97年というと、まだ取材してニュース記事書くのが主な仕事だったので、ずっと68kマックでしたよ。しかも共用で。IIcxとかLC520とかColor Classicとか、そんなあたり。どうしても占有マシンが欲しかったので、編集部の片隅に飾られていたIIfxを私物化してました。

宮野 あの、特殊なやつ?

吉田 そうなんですよ。当時の主流だった72ピンのSIMMをスロットでも8MBが数万円しましたが、IIfxのメモリーは64ピンSIMMという特殊なものだったんで高かったんです。あと、編集部にあったIIfxはものすごく不安定でしたね。

宮野 あのさぁ、LC630とかCoplandとか言われてもイマイチピンとこないんだよ。それさぁ、プレステ1が出たころですとか、VAIOの初代機と発売時期が一緒ですとか置き換えて説明してくれない?

伊藤 私は、実はOS Xからのマックユーザーなんで古いことはわからないです。

宮野 プレステで思い出したけど、ピピンっていつ頃?

吉田 '96年ですね。Mac OS 7.5相当とCD-ROMから起動してゲームとかネットとかできる製品ですね。まあ、知ってると思いますけど。最初から若干微妙でしたが。当時はプレステ1が大ヒットしてたこともあり、ゲーム機としては作り込みが甘かったですね。ソフトもあんまり出なかったし。

宮野 まぁ、タイミングが悪かったよね。

MacPeople300号記念座談会
'96年3月に発売された『ピピンアットマーク』。発売元はバンダイ子会社のバンダイ・デジタル・エンタテインメント。

吉田 では話をマックに戻しますが、マック自体はそのあと黄金のPower Mac時代に突入するわけです。中でも名機といわれているのが、Power Mac 7xxxシリーズですね。

宮野・伊藤 なんで?

吉田 7xxxシリーズのCPUはPowerPC 601/604だったのですが、CPUがドーターカード形式でアップグレードが容易だったんですよ。PowerPC G4あたりまで延命できましたね。

 当時の廉価版でないマックは、6000/7000/8000/9000番台の製品名が付けられてたのですが、日本国内では6000番台はすぐにPerformaの最上位シリーズに番号が取られました。7000番台というのは、Performaではないマックの中ではローエンドという位置付けだったので大人気でしたね。

 ちなみに、実際にCPUのアップグレードが容易だったのでは、7300/7500/7600ですね。特に7300/7600が人気だったように思います。

宮野 へぇー。

吉田 で、面白かったのが7200です。これはPowerPC 601/604時代でも、確か後期に出たモデルで、CPUがドーターカード形式ではなくて直付けなんです。ほかのモデルと比べて安かったんですが、ただし、魅力のひとつだったCPUの換装ができないので私は魅力を感じませんでした。でもですね、なんとこれもCPUをアップグレードできるようになったんですよ。

宮野・伊藤 へぇー。

吉田 PCIバスに差すタイプだったので、カード上にもメモリースロットを用意してましてね。OS 9までのMac OSは機能拡張を使えば、マシンの起動は本来のCPU、その後はアップグレードカード上のCPUが制御を奪えるようになってたので、PCIバスタイプのほかにも、CPUの2次キャッシュメモリー用のスロットに装着するものとか、結構な変態仕様の製品がありました。

MacPeople300号記念座談会
PowerPCマックの代表的な存在である『Power Macintosh 7600』。

宮野・伊藤 へぇー。

吉田 あ、あとですね、Power Mac 4400というマシンもありましてね。これもCPUは直付けなんですが、なんとCPU用の2次キャッシュメモリーのスロットにアップグレードカードを挿すという、さらに変態仕様でした。

宮野・伊藤 今日は勉強になるなぁ。

吉田 あとiMac登場前で話題になったのは、なんといってもPowerBook 2400cですね。当時40万円以上したので、私の財力では買えませんでしたが。

宮野 IBMが作ったヤツね。あれは憶えているなぁ。よく出来たノートだった。日本では相当人気だったよね。

吉田 そうですね。日本でだけ人気がありましたね。商業的には失敗しちゃったんですが、ユーザーはものすごく熱かったです。

MacPeople300号記念座談会
『PowerBook 2400c』は'97年5月発売で、価格は43万8000円だった。

伊藤 アップルのノートマシンって、いまでこそ最高に素晴らしいけど、PowerBook G4あたりまで結構問題ありましたよね。とくに小さいヤツ。

吉田 当時のアップルは小型ノートを作るのはあんまり得意じゃなかったみたいで、PowerBook G4の12インチモデルなんて初代モデルはパームレストが不快を通り越す熱さになったからね。

伊藤 やっぱりノートは17インチがいいですよね。あの画面の広さは素晴らしいです。

宮野 伊藤副編集長は、いまはRetinaの15インチだよね。それで腰痛が治まったからよかったんじゃないの。

伊藤 いやでもやはり17インチの魅力は忘れられませんよ。というか、一生言い続けますけど。

吉田 さて、通巻50号までを俯瞰した1回目の座談会はこれで終了です。次回は、ジョブズの復帰、iMacとiPodの発売で盛り上がるアップルの第1黄金期について振り返ります。

伊藤 えっ、もう終わりですか? 僕、全然話せてないんですけど。でも、OS Xが登場するまでは吉田編集長の思い出を聞く役になっちゃうかも。

【MacPeople 300号記念特大号はAmazonでも取扱中!】


●関連サイト
マックピープル公式サイト(MacPeople Web)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking