2013年01月16日20時00分

外出先から録画番組を観られるネットワーク対応HDDがアイ・オー・データから登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
アイ・オー・データ、外出先から録画番組を見られるHDDレコーダーを発表

 アイ・オー・データは、DTCP+にいち早く対応してテレビ番組のリモートアクセスが可能なネットワーク対応HDD、RECBOX +REMOTE『HVL-Aシリーズ』を発表しました。2013年2月下旬発売予定で、予想実売価格はHDDが2.0TBの『HVL-A2.0』が2万6400円前後、3.0TBの『HVL-A3.0』が3万4900円前後、4.0TBの『HVL-A4.0』が4万9800円前後。

 本製品は、昨年1月に策定されたデジタルコンテンツの伝送時の著作権保護技術DTCP-IPの最新仕様であるDTCP+(DTCP-IP1.4)のリモートアクセス機能に対応。本体にテレビチューナー機能は搭載せず、DTCP-IPまたはDLNA対応のレコーダーやSCEのnasneといった録画機器から録画先として指定し、番組を保存する。コピーワンスの映像コンテンツの場合は、録画ではなくムーブになるので注意。

 

 番組録画だけでなく、ホームネットワーク内のDTCP-IP対応のテレビやPS3を介して録画番組の視聴、ブルーレイレコーダー内などの録画番組を移動してバックアップもできる。

 また、無料提供されるWindows用の視聴ソフト『DiXiM Digital TV 2013 for I-O DATA』を利用し、デジタル放送であるテレビ録画番組を外出先のPCやタブレットで視聴可能。本製品の“ダウンロードムーブ機能”を利用すればnasenに録画した番組を移動させて、外出先で視聴することもできる。

 録画番組だけでなく、パソコンのデータを保存し、ネットワークを介して共有可能なNASとしても利用可能。本製品に保存した音楽や動画、写真ファイルをネットワークを介して、DLNA対応製品で再生することもできる。

 無料提供されるiPhoneとアンドロイド用の『Magical Finder』を使えば、本製品の設定や録画番組の移動、タイトル変更などを手軽に行なえる。

 現状、スマホ用の視聴ソフトがないのが残念だが、外出先でハイビジョン番組を楽しんだり、大容量データを扱ったりするなど、多機能が魅力な製品だ。

●おもなスペック
対応規格:DLNA1.5、DTCP-IP1.4
対応OS:Windows8(32/64ビット)、7(32/64ビット)、Vista(32ビット)、XP(32ビット)
ファイルサーバー機能:LNAサーバー機能、Windowsファイルサーバー機能
同時録画/再生/ダビング数:3ストリーム(DTCP+のリモート配信は1配信のみ)
電源:DC12V
インターフェース:USB2.0×2、LANポート
サイズ:約215(W)×183(D)×40(H)mm
重量:1.2kg

■関連サイト
アイ・オー・データ
 

(2013年1月17日19:45追記:初出時、タイトルおよび本製品の説明に“HDDレコーダー”と記載し、単体でテレビ番組録画ができるかのような誤解を招く表現をしておりました。本製品は単体での録画には対応しておらず、表記を修正および説明を補足しました。読者の皆様ならびに関係各社様にお詫び申し上げます)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking