2013年01月16日17時00分

Windows情報局ななふぉ出張所

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 1月8日から米ラスベガスで開催された『2013 International CES』が無事終了し、筆者も現地取材から帰ってきました。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ

 今回のCESからマイクロソフトが出展を見合わせ、ノキアもブースを構えなかったことから、Windows Phoneに関する展示がどれくらいあるのか、危ぶまれていました。一方で、米国ではAT&T、Verizon Wireless、T-Mobile USAの大手3キャリアから端末が発売され、すでに店頭で購入できるようになっています。

 そこでCESにおけるWindows Phone 8の状況はどうだったのか、まとめてご紹介します。

■ファーウェイが『Ascend W1』を発表

 ファーウェイは、CES2013で新しいWindows Phone 8端末『Ascend W1』を発表しました。そのため、ファーウェイのブースには4色のカラーバリエーションを含む、多数のWindows Phone 8が展示されていました。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑ファーウェイの『Ascend W1』。
CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑ファーウェイブースには約20台の実機が展示された。

 同じくCES2013でファーウェイは『Ascend D2』や『Ascend Mate』というフラッグシップAndroidスマートフォンを発表しています。しかしWindows Phone 8にも、それらに匹敵するほどの展示スペースが確保されており、ファーウェイの意気込みを感じました。

 ディスプレーは4インチ、800×480ドット(WVGA)のIPS液晶。低反射のコーティングが施されており、様々な光源のもとで視認性を確保できます。プロセッサーはデュアルコアのSnapdragon S4 MSM8230(1.2GHz)を搭載、バッテリーも1950mAhを確保しつつ、厚さは10.15ミリ、重さ120グラムと薄型軽量です。ブルー・レッド・ホワイト・ブラックという4色のカラーバリエーションが用意されています。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑iPhone 5との比較。小型で持ちやすい大きさだ。
CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑4色のカラーバリエーションを備える。特にホワイトが上品で、印象的な色合いだ。
CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑ホワイトモデルは、前面もホワイトで統一されている。

 Ascend W1は中国とロシアで1月に発売予定。また、さらに西ヨーロッパ、中東、アメリカ、その他の地域への展開も予定されています。日本での発売予定はないとのこと。展示機の電話の言語は“英語・ロシア語・簡体中国語”の3つでした。

 プレスリリースではマイクロソフトのWindows Phone部門のトップであるテリー・マイヤソン氏が、「新しい地域、新しい価格帯にWindows Phone 8を投入できる」とコメントしており、新興市場もターゲットに入れたローエンド端末であることがわかります。

 なお、ファーウェイでAscend W1を担当するプロダクト・マネージメント・ディレクターのHans Mao氏によると、“W1”の後には“W2・W3”といった後継機種も計画しているとのこと。Windows Phone 8から新規参入したファーウェイですが、今後の製品展開が楽しみなメーカーと言えます。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑「6月の発表から端末リリースまで時間がかかってしまったが、そのぶん自信作に仕上がっている」と語るMao氏。

■Verizonブースに『ATIV Odyssey』が展示

 10月29日にサンフランシスコで開催されたWindows Phone 8の発表イベントにて、Verizon向けの端末として名前とシルエットのみ紹介された新端末が、サムスンの『ATIV Odyssey』です。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑サムスンの『ATIV Odyssey』。
CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑端末の右側面(写真上)と、左側面(写真下)。マイクロSDカードスロットがある。

 サムスン製としてはATIV Sに続く2機種目のWindows Phone 8端末で、4インチとコンパクトな画面を搭載。片手で持ちやすい印象です。ATIV Sが『GALAXY S III』ベースとすれば、ATIV Odysseyは『GALAXY S III mini』ベースのWindows Phone 8端末と言えるでしょう。

 ほかにもVerizonバージョンの『HTC 8X』や、ノキアの『Lumia 822』が展示されていました。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑Verizon版の『HTC 8X』。Verizonのコーポレートカラーでもあるレッドモデル。
CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑ノキアの『Lumia 822』。Verizon向けのLumia 820とも言える。

 VerizonのWindows Phone 8端末は4G LTEに対応しています。CES取材中、筆者もVerizonのLTE回線を使っていましたが、屋外でも屋内でもつねにLTE接続が可能で、レスポンスも転送速度も圧倒的な速さが出ていました。

 また、いずれのWindows Phone 8端末にも、電話の言語として日本語が入っていました。ただし実際に購入できる端末にも入っているのか、あるいは展示機だけの仕様なのかは不明です。

■ノキアは気になるミーティング用トラックを設置

 昨年はCESではLumia 900を発表し、ブース展示やモノレール駅でのミニステージも好評だったノキアですが、今回はこれといった出展はなし。CES直前に香港の広報担当者に問い合わせたものの、「なにをやるのかよくわからない」とのことでした。

 いざCES会場に行ってみると、コンベンションセンターの目立つ場所にラッピングされた大型トラックが設置されており、なかでミーティングが行なわれていたようです。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑基本的になかには入れませんが、トラック前でアクセサリー類を並べていたときもあったとか。
CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑たしかにミーティング用と思われる表記が。端末イラストはWindows Phone 8仕様。

■Digital ExperienceにHTCやAT&Tが出展

 HTCはCESへのブース展示はないものの、サテライトイベント『Digital Experience』にて複数のHTC 8Xを展示していました。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑HTCが4色の『HTC 8X』を展示。
CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑レッドはVerizonバージョン。こちらはマットな質感。
CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑イエローはAT&Tバージョン。非常にすべすべしている。

 また、AT&Tブースでは、Lumia 920のレッドモデルと無接点充電のデモをしていました。

CES2013で見たWindows Phone 8まとめ
↑AT&TのLumia 920と、無接点充電の充電器。

■スマートフォンの変化にWindows Phone 8はどのように対応するのか?

 アメリカでは、大手3キャリアから端末が発売されていることもあり、CES会場内ではWindows Phone 8を使っている人を見かけることもしばしば。着実にシェアを伸ばしていることが感じられました。

 一方で、CES運営会社のアナリストによる全体ブリーフィングでは、スマートフォンの次の展開が示されました。当初、電話やSMSのためのデバイスだった携帯電話は、スマートフォンによりメールやウェブ、アプリ、ゲームへと用途を拡大してきました。さらにその先には“スマート化”した家電や事務機器と接続した、フロントエンド・デバイスとしてのスマートフォンの姿が描かれます。

 実際に各社のブースでは、デジタル家電とスマートフォン、タブレットを組み合わせた展示が急増しています。このような展示では、一部でiOSが見られる以外は、ほぼAndroidの独壇場となっていました。

 CESでの露出は控えめだったWindows Phone 8は、2月末にバルセロナで開催されるMobile World Congressにおいて次の展開が期待されています。果たしてWindows Phone 8が家庭やオフィスのスマート化というトレンドにどう対抗していくのか、あるいはWindows Phoneならではの価値を示すことができるのか、注目が集まっています。

山口健太さんのオフィシャルサイト
ななふぉ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking