2013年01月05日16時30分

まもなく1億ユーザー到達のLINE系アプリ、サービス全まとめ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 無料通話メッセージアプリ『LINE』は、まもなく全世界で1億ユーザーを達成。この日本発のコミュニケーションアプリLINEの関連アプリ、サービスをまとめてお届けする。アプリ名下のiPhone、Androidがアプリへのリンク。基本、アプリ自体は無料で利用できる。

『LINE』
iPhone
Android

LINEまとめ LINEまとめ LINEまとめ

 無料メッセ、通話を行なえるスマートフォンアプリ。多彩なスタンプでのコミュニケーションや企業の公式アカウントでは企業の提供するサービスを受けることもできる。Windows PhoneとBlackBerry向けアプリのほか、WindowsやWindows8、Mac OS X向けにもアプリを提供。各LINEアプリ、サービスへのポータル的な機能もある。

■LINE内サービス
 別途アプリを必要とせず、LINEアプリ内で利用できる。

『LINEクーポン』

LINEまとめ LINEまとめ

 LINEアプリ内で使える、飲食店やコンビニなどのクーポン情報サービス。検索のほか位置情報を利用して、近くの店舗を表示できる。

『ホーム・タイムライン』

LINEまとめ LINEまとめ

 LINEでつながっている友だちとコメントや写真などで交流できるソーシャル機能。ホームは自分の投稿、タイムラインはLINEの友だちの投稿を見られ、いいね、コメントでやりとりできる。

■関連アプリ
 LINEブランドのアプリ。アプリで作成した画像はスマホ本体への保存に加え、LINEアプリで友だちに送るなどの連携機能を持つ。

『LINE Card』
iPhone
Android

LINEまとめ LINEまとめ

 人気スタンプキャラクターを使ったグリーティングカードを作成できる。カードを選びテキストを入力するだけと操作も簡単、季節ごとにカードが変わる。

『LINE Brush』
iPhone

LINEまとめ LINEまとめ

 27種類のブラシを使って絵が描けるシンプルなお絵描きアプリ。スマホで撮った写真を加工することも可能だ。

『LINE camera』
iPhone
Android

LINEまとめ

 スマホで撮影した写真に800以上のスタンプやテキストで加工でき、LINEのほかTwitterやFacebookなど各SNSで共有できる。

『LINE Tools』
iPhone
Android

LINEまとめ LINEまとめ LINEまとめ

 定規や方位磁針などの測定ツール、ストップウォッチやタイマーなどの時計、虫眼鏡や計算機などの生活にちょっと役立つツールを14個詰め合わせた便利アプリ。ツールは今後も追加予定だ。

■コミュニティーアプリ
 リアルの友人どうしで使うメッセや通話とはちょっと違った、不特定多数の人とも楽しめるLINE系のコミュニケーションサービス。

『LINE cafe』
iPhone
Android

LINEまとめ

 同じ趣味を持った人どうしで会話できるコミュニティーサービス。LINEと連携してサービスへログインできるが、ユーザー名は別のものにすることが可能だ。

『LINE Play』
iPhone
Android

LINEまとめ

 アバターを利用したコミュニティーサービス。自分の顔を撮影し、かわいいアバターを作成できる。ラウンジでのチャットやアバターどうしでのチャット、ゲームで楽しめる。

■LINEキッズ
 0~6歳の子どもを対象にした、絵本や語学などの親子で楽しめる知育アプリ。無料で使え、広告もいっさい表示しない。

『おやこでリズムえほんプラス for LINE』
iPhone
Android

LINEまとめ

 70以上の本物の楽器の音を利用し、音楽に合わせてタップで演奏できる。

『いないないばあ for LINE』
iPhone
Android

LINEまとめ

 スマホをタップしたり、話しかけたりして、キャラクターたちと“いないいないばあ”ができる。

『こどもゆびドリル for LINE(iOS)』
『こどもゆびドリル:ABC for LINE(Android)』

LINEまとめ

 画面をなぞって、ひらがななどの正しい字の書き順や計算を学べる。

『子供絵本アプリ タッチ!うごくうたえほん+ for LINE』
Android

LINEまとめ

 金太郎などの童謡に合わせて、スマホをタップしたりして遊べる。

『ドラキッズ × シャッフルえあわせ for LINE』
iPhone

LINEまとめ

 3つに分かれた動物のパーツを合わせて、ぬりえで遊べる。正しく組み合わせると動物が英語で自己紹介。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking