2012年12月07日10時00分

堀江貴文のJAILぶれいく第66回 スカイダイバー必携のウェアラブルガジェット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

堀江貴文のJAILぶれいく

 当連載でも何度か紹介しているが、最近はウェアラブルコンピューターが熱い。メガネ型端末『プロジェクトグラス』の計画をグーグルが発表した4月以降は加速度的で、最近ではアメリカのRecon Instrumentsから、スカイダイビング用のヘッドアップディスプレーも発売された。

堀江貴文のJAILぶれいく

 同社は以前、GPS搭載のスノーゴーグルを発売し話題となった。スキー用ゴーグルの中に小さなディスプレーを仕込み、そこに時間や移動速度、温度や高度などが表示されるのである。その流れを汲んで、今回はスカイダイビング用のゴーグルを発売したのだろう。

 機能的なものは前作とほとんど一緒のようだが、売れ行きは絶好調。当初は購入者が少ないだろうと考え、250件以上の予約があれば生産を開始する予定だったが、あっという間に予約数を超えたほどの人気だ。そこで北米と欧州限定で349ドルにて販売を開始することになった。

『Flight HUD』のディスプレー
堀江貴文のJAILぶれいく

 欲を言えば、ゴーグルの内側端にディスプレーを付けるのではなく、ARのようにゴーグルのガラス部分に表示が出るようにしてもらいたいのだが、ガラス面の耐久性などを考えると難しいのか? まぁ、近いうちにできるようになると思うけど。

 私はスカイダイビング未経験なんだが、これは欲しいな。そして今後の展開として、私ができるスキューバダイビングのゴーグルとかでも使えるようになってほしいものである。

■今週のガジェット■
Flight HUD

堀江貴文のJAILぶれいく

 スカイダイビング時の現在のスピードや高度、時間などのデータが表示できる、小型ディスプレー付きゴーグル。

堀江貴文のJAILぶれいく 堀江貴文のJAILぶれいく

↑高度や速度など、スカイダイビング中に必要なデータを表示。

堀江貴文のJAILぶれいく

↑ネットに公開されたデモ動画。プロのスカイダイバーが『Flight HUD』を実際に装着してジャンプしている。

発売元 Recon Instruments(関連サイト)
実売価格 349ドル(約2万9000円)
 

■今週の近況■

故ジョブズ氏が出さないとこだわったタブレット端末だが、彼の死後アップルは他社の後追いをしてしまった。そんな小手先の売上増加対策をするくらいなら、自社株買いでもした方がよい。アップルには、もっと想像もできない新しいデバイスを見せてほしいものだが……。

堀江貴文のJAILぶれいく

※この連載は週刊アスキー2012年12月18日(12月4日発売)に掲載されたもので、堀江氏の意見をもとに編集・再構成したものです。

●関連サイト
堀江貴文オフィシャルブログ
『六本木で働いていた元社長のアメブロ』

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking