2012年12月06日22時00分

iPhone5のバッテリーはLTEを制限すれば長もちする、というのはウソ?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマホユーザー最大の問題は、今も昔も変わらず“バッテリーのもち”です。

バッテリー、気になりますよね……
スマホバッテリー大実験

 とくにiPhone5でも採用された高速通信規格“LTE”は「都市部では3G通信と頻繁に切り替えるから、バッテリーを使うのでは?!」と、もっぱらの評判です。
 
 そこで実際に山手線に乗って、LTEオン、オフ、それぞれの状態で通信しながらバッテリー残量を計測してみました。検証環境は以下の通り。

●使用機材:auとソフトバンク両方のiPhone5
●LTE設定:オン、オフそれぞれ実施
●液晶輝度:約50%
●実行処理:YouTube公式アプリで動画を連続再生。
●検証期間:東京駅から山手線を1周

バッテリー残量比較テストの結果はこちら!
スマホバッテリー大実験

 ムム……。山手線乗車中はLTEをオンにしていたほうが、au版は5%ソフトバンク版は1%長もちすることがわかりました。

 ソフトバンク版は実験中にほとんどLTE接続ができず、結果的に3Gのみの場合と環境が変わらなかったこと。au版はLTEに接続できる時間が比較的長く、通信時間が3Gのときより短くできたことが、この結果を生んだのではないかと推測されます。
 
 さらなるバッテリーの実験、液晶輝度などの設定項目による省エネ効果LINEとSkypeの消費電力比較などが気になるスマホユーザーは、12月10日発売の『週刊アスキー15周年記念特大号』の特集『スマホバッテリー大実験』をチェックしてくださいね!

【週刊アスキー 15周年記念特大号はAmazonでも!】

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking