2012年10月26日11時00分

レノボ『ThinkPad Tablet 2』はWindows8搭載で570gと軽く薄い!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 レノボは、Windows8を搭載した10.1インチ(1366×768ドット)IPS液晶の『ThinkPad Tablet 2』を発表した。販売開始日は、法人向けが10月26日、個人向けが年内を予定。価格はOSがWindows8 Pro、CPU Atom Z2760、メモリー 2GB、ストレージ 64GB、ThinkPad Tabletペンの構成で7万4000円の見込み。

ThinkPad Tablet 2

レノボ、Windows8搭載の軽くて薄い新型ThinkPad Tabletを発売!

 液晶には、通常の液晶によく使用されるソーダーライムガラスの6倍の強度を誇る旭硝子製のDragontrail強化ガラスを採用。重量は570gと軽量で、10mmを切るほどに薄くて持ち運びやすいのが魅力。

レノボ、Windows8搭載の軽くて薄い新型ThinkPad Tabletを発売!

↑天板側に800万画素のアウトカメラ、液晶側には200万画素のインカメラを搭載し、写真撮影からビデオチャット用途に利用できる。

 

 ワイヤレスキーボード(予想実売価格 1万2300前後)や充電用ドック(9400円前後)、VGAアダプター(4200円前後)など、オプションも充実している。

 ワイヤレスキーボードは、重量約353gと軽量で従来のアンドロイド版時の製品とほぼ同じ形状。トラックポイントとスタンドが付き、マイクロUSB経由で充電できる。

 充電用のドックは、USB2.0×3、HDMI×1、ステレオマイクの入出力のほかに通常のLANポートを1基と仕事に必要な外部ポートを備える。LANポートは、無線LANのない外出先にて有線LANでインターネットに接続するシーンで活躍する。

 機器のパフォーマンスを向上させる“Lenovo Enhanced Experience”は、3から8にバージョンアップ。Windows8がもとから高速であるため“Rapid Shield”などがなくなり、WiDiやNFCにてファイルを共有できる“Lenovo Quicksend”やWindows 8にスタートボタンを表示する“Lenovo QuickLaunch”を備える。

 従来のOSがアンドロイドであったのに対して、Windowsになったことで、パソコンと同じアプリケーションの利用や、JAVAで動作するサービスへのアクセスが可能になった。また、TPMを利用してハードディスクのデータを暗号化できるなど、セキュリティー面も強化され、ビジネスで利用するのに最適だ。

●おもなスペック
CPU:Atom Z2760
メモリー:2GB
ストレージ:64GBまたは32GB
カメラ:800万画素(インカメラ 200万画素)
ディスプレー:10.1インチ(1366×768ドット、155.2dpi)
通信機能:802.11a/b/g/n、Bluetooth4.0
インターフェース:Mini-HDMI×1、USB2.0×1、Micro USB(充電用)など
バッテリー駆動時間:約10時間以上(詳細後日公開)
OS:Windows 8 Pro(32ビット)
サイズ/重量:380(W)×242(D)×80(H)mm/
約570g(ペンなし/ペンは約20g)

(2012年10月26日11:10追記:初出時重量を565gとしておりましたが、570gの誤りでした。お詫びして訂正します。記事は修正済みです)

■関連サイト
レノボ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking