2012年10月17日03時00分

MS純正タブレット『Surface』の価格が判明、予約も開始!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 マイクロソフトがWindows 8の発売に合わせて販売を予定している、マイクロソフト初の独自Windowsハードウェア『Surface』。発売日が10月26日ということは以前より発表されていたが、ついに北米市場での価格が判明した。

 Microsoft Storeでの販売価格は、ストレージ容量が32GBでキーボード付きカバーが付属しない場合で499ドル、ストレージ容量が32GBでキーボード付きカバーが付属する場合で599ドル、ストレージ容量が64GBでキーボードカバーが付属する場合で699ドル。また、オプションとして打鍵感の少ないキーボードカバー『Surface Touch Cover』と、打鍵感のあるキーボードカバー『Surface Type Cover』も用意されており、Surface Touch Coverが119.99ドル、Surface Type Coverが129.99ドルとなっている。カラーは、Suuface Touch Coverが白、赤、黒、青、ピンクの5色を用意、Surface Type Coverは黒のみとなっている。

Microsoft Surface
↑Microsoft Storeのアメリカサイトに用意されている、『Surface with Windows RT』の予約ページ。本体やオプションの価格が表示されている。

 Surfaceには、Windows 8と同時の10月26日に発売が予定されている、ARMベースのNVIDIA製プロセッサ『Tegra 3』を搭載するWindows RT版『Surface with Windows RT』(製品名は、今回アクセスしたMicrosoft Storeの表記に準じている)と、Windows 8の発売から90日後の発売を予定している、インテルのCore i5を搭載するWindows 8 Pro版『Surface with Windows 8 Pro』がある。今回明らかになったのは、Windows RT版のほうだ。

SPEC  
CPU Nvidia Tegra3
メモリー 2GB
ストレージ 32GB/64GB
液晶ディスプレー 10.6インチ(1366×768ドット)
ワイヤレス IEEE802.11 a/b/g/n、Bluetooth4.0
カメラ 720p対応HDカメラ×2(フロントとリア)
センサー 環境光、加速度、ジャイロ、電子コンパス
ポート類 USB2.0、SDXCスロット、ヘッドセットジャック、HDビデオ出力ほか
サイズ/重量 274.6×171.9×9.4mm/約680g

 

Microsoft Surface
↑Surfaceの予約ページは一時削除されて見えなくなったが、17日午前1時現在ではまたアクセス可能になった。

 筆者が販売ページに気づいたのは日本時間の10月16日午後8時50分頃。その際に試しにカートに入れようとしたところ、“Out of stock”と表示されカートに入れられなかった。再度アクセスしようとすると、”リージョンが異なるためアクセスできない”という旨の英文が表示されてアクセスできず、しばらくするとMicrosoft Store自体へのアクセスが行えなくなった。その後、一時Surfaceの予約ページにはアクセスできなくなっていたが、10月16日午前1時現在ではアクセスできるようになり、予約も可能となっている。ただし、発送先はアメリカ国内のみとなっており、日本からの直接購入はできないようだ。

 Surfaceは、マイクロソフト自身が設計したWindowsハードウェアで、RT版、8 Pro版ともに10.6型液晶を搭載するタブレットスタイルとなっている。また、マグネットで着脱可能なキーボード付きカバーが用意されており、ノートPCに近いスタイルでの利用も想定している。
 マイクロソフト自身がWindowsハードウェアを投入するのはこれまでにないことで、これまでWindows PCを製造してきたハードウェアベンダーからは戸惑いの声が聞こえていたのも事実。そのため、Surfaceがどの程度の価格で投入されるのか、大いに注目されていた。一時、199ドルや299ドルといった大バーゲン価格で出てくるのでは?、という噂もあったが、今回判明した価格は、噂から考えるとかなり高いという印象を受ける。

 ただ、ほぼ同じハードウェア構成のAndroid Tabletがアメリカで400ドル前後で販売されていることを考えると、そこそこ妥当な金額とも言えそうだ。ハードウェアメーカーがSurfaceと同等のスペックを持つWindows RTタブレットを販売しようと思うと、ハードウェアに加えてOSの料金も上乗せする必要がある。構成の近いAndroidタブレットの価格から考えても、500ドル未満での販売は厳しそうだ。そう考えると、今回発表された価格は、ハードウェアベンダーにある程度配慮したものになっているように思う。さすがにマイクロソフトといえども、大きな冒険はできなかったようだ。

【10/17 4:30 追記】
 アメリカ時間の10月16日に、米国マイクロソフトから正式にSurfaceの詳細に関するリリースが発表された。そのリリースによると、Surface with Windows RTはオーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、イギリス、アメリカの8ヶ国で10月26日より発売となる。残念ながら日本は含まれていない。アメリカでの販売価格はMicrosoft Storeでの販売価格と同じで、Microsoft Storeでのオンライン販売に加え、アメリカおよびカナダのMicrosoft Storeの全店舗でも販売される。

●関連リンク
Microsoft Store
Microsoft Announces New Surface Details(英文リリース)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking