2012年10月01日17時00分

防水防塵のXperia AXがドコモ冬モデルに登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーモバイルが10月1日、防水防塵の『Xperia V』を日本向けにカスタマイズした『Xperia AX』の日本発売を発表。年内発売とのことです。 

 4.3インチのHD液晶に新たにモバイルブラビアエンジン2を採用し、カメラは1300万画素。日本向け機能のおサイフ、ワンセグ、赤外線に対応するほか、NFCにも対応。ソニーのNFC対応機器との連携が可能で、スピーカー『SRS-BTV5』とワンタッチでペアリングしたり音声を再生したり、見ているサイトを『VAIO Duo 11』や『VAIO Tap 20』ですぐに開けるのが特徴。

 10月2日~6日に開催されるCEATEC2012のドコモブースには冬モデルが先行展示されており(関連記事)、ドコモから『Xperia AX SO-01E』として発表される見込みです。

 ベースモデルである『Xperia V』は、8月にドイツで開催されたIFA2012で発表(関連記事その1その2)。CPUこそデュアルコアですが、LTE対応と防水防塵が両立した本命機種といえます。

海外版の『Xperia V』
Xperia
↑Xperia arcゆずりの背面がカーブしたデザイン。ソニエリ時代の目玉マークがついになくなった。
Xperia AX SO-01E
1001dcct

↑CEATEC2012のドコモブースのようす。

『Xperia V』は3色カラバリ
Xperia
↑IFAでの展示。ベースモデルの『Xperia V』は黒、白、赤みの強いピンクの3色。ドコモ版はピンクがもっと明るい色になり、ブルーが追加されたようです。
防水防塵がうれしい
Xperia
↑日本メーカーのスマホは防水が当たり前になりつつあるが、Xperiaシリーズは必ずしも防水を搭載してはいなかった。

 日本でどのようなスペックになるか詳細はわかりませんが、海外版のスペックは下記のとおり。

Xperia V
OS 4.0.4(4.1アップデート予定)
ディスプレー 4.3インチ(720×1280ドット)
CPU MSM8960(1.5GHz、デュアルコア)
内蔵ストレージ 8GB
カメラ 1300万画素(インカメラ30万画素)
対応周波数 UMTS HSPA+ 850 (Band V), 900 (Band VIII), 2100 (Band I) GSM EDGE 850, 900, 1800, 1900
LTE Band I, Band III, Band V, Band VII
バッテリー容量 1750mAh
バッテリー持続時間 連続通話 約7時間
3G連続待受 約400時間
LTE連続待受 約270時間
音楽再生 約18時間
動画再生 約4時間
サイズ/重量 65(W)×10.7(D)×129(H)mm/約120g
対応機能 NFC(ワンタッチ機能対応) など

 

 iPhone 5発売で盛り上がったばかりですが、10月2日~6日にはCEATEC2012が開催、10月9日にはソフトバンクの冬春モデル発表、10月11日はドコモの冬モデル発表を控え、新スマホ発表ラッシュが近づいていますね。この『Xperia AX』だけでなく、この冬はどんな新スマホが登場するのか楽しみですね!

 『花のアンドロイド学園』の品川ソニアさんもこのようにコメントしています。

「また水着を着るときがきたようですわね!」
Xperia
↑こちらは以前のお話でacro HDモードになっているときのようすです。

 もうiPhone 5を買っちゃったよ……という方には、『週刊アスキー増刊 iPhone5のすべて』が10月4日発売ですよ!

Amazonで購入

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking