2012年10月01日14時00分

『VAIO Tap 20』は20インチ“床置き”PC! ソニーの新Windows8機

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 液晶面が床と平行になるまで傾斜するのが特徴の『VAIO Tap 20』が発売になります。CPUはウルトラブックの上位機種で採用されている、Core i5-3517Uを搭載しています。

『VAIO Tap 20 SVJ20219CJW』
予想実売価格 18万円前後(11月3日発売予定)

新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載
新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載
新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載 新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載
新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載 新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載

 右側面にギガビットLAN、左側面にメモリーカードスロットや、USB3.0×2、オーディオ入出力があり、NFCリーダーも搭載しています。

 ユニークなのは、20インチサイズでバッテリーを内蔵しているところ。リビングなど、家族が集まるところに持って行って、みんなで囲んで使うことを想定しているようです。

新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載

 液晶が大きいだけに、ウルトラブックと比べるとバッテリー駆動時間は短め。

新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載

 ほかにも、複数人で共有しながら楽しむことを想定したソフトを用意。声や映像、文字で伝言板代わりになる“Fingertapps Organaizer”や、左右で画面が分割されており、同時に違う色やスタンプで描ける『Family Paint』など子供向けのものも。

新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載
新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載
新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載

 背面の上部にウーハー、下部にスピーカーを搭載し、立てても寝かせても床を利用して音を反射させる設計になっています。もちろん、ソニーおなじみの信号処理機能“ClearAudio+”といった技術も採用されています。

新ジャンル“床置き”PC『VAIO Tap 20』もWindows8搭載

 内蔵ドライブはなく、USB接続のBDXL対応スロットインドライブが付属しています。

※ コアi5搭載ウルトラブックは、CPU:Core i5-3317U(1.7GHz)、メモリー:4GB、SSD:128GB、液晶ディスプレー:13.3インチ(1600×900ドット)、OS:Windows7 HomePremium SP1(64ビット)搭載機。

●おもなスペック
CPU:Core i7-3517U(1.9GHz)
液晶ディスプレー:20インチタッチパネル
(1600×900ドット、IPS
メモリー:8GB(最大8GB)
HDD:1TB(5400回転)
グラフィック:Intel HD Graphics 4000
サイズ/重量:504(W)×187(D)×304(H)mm/
5.2kg
OS:Windows8(64ビット)

●関連サイト
ソニー

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking