2012年09月21日18時00分

iPhone 5に保護フィルムを完璧に貼りたいけれどオススメがまだない件

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 しかしアンタたちは保護フィルムを貼るのがヘタクソだ。気泡あったりホコリ入ってたりナナメってたり……。伝統工芸のような美しさを放つiPhone 5こそ、キレイに貼って使っていきたい。貼り方のコツはこれまで幾度となくご紹介してきました通りでiPhone 5とて例外ではありませんが、おさらいをば。ただ、現状、あまりオススメの製品はないかも……。理由は最後に。

とりあえずこの3製品を用意
iPhone5_Film
↑SoftBank SELECTIONの光沢・マットと、フォーカルポイントの両面保護フィルムセット。いずれもiPhone 5発売前に入手したものでございます。
まず気になっていた背面から
iPhone5_Film
↑フォーカルの両面セット、現時点ではあまり見かけない背面保護フィルムから(左)。iPhone 5、せっかく薄くなったのですからね、できればケースに入れず保護したいと思って気になっておりましたが、背面はツライチではないのに貼れるのかしらと……(ご覧の通りフィルムはツライチ)。
エッジを合わせ……
iPhone5_Film
↑両端にセロハンテープを付けて、両手でアプローチするのがオッペンハイマー流でございます。4もそうでしたが、白いiPhoneはガイド(になってくれるもの)が少なく位置合わせの難度は高め。
ん、やっぱ浮くじゃんかっ
iPhone5_Film
↑どうやっても、この境目にできる空気は追い出せない……。素直に3枚卸しにするしかないでしょうな。
カメラ部も合っていないんですケド
iPhone5_Film
↑ってか抜きがアマイ。コレ、有名なメーカーのものなのに、いいのでしょうかこんなレベルで出して。エッジは合っているので、カメラの抜きの位置が確実にズレてるっしょ。さらに言えば2枚試しておんなじでした。境目の空気は上部にも見られます。絶対追い出せませんよコレ、私が下手なのではない(むしろプロ級と自負している)。
正面は貼る気力すら……
iPhone5_Film
↑左のがフォーカルの。この抜き、テキトーすぎるでしょう。右のSoftBank SELECTIONの光沢を貼ってみます。
同様にアプローチ
iPhone5_Film
↑固めなので貼りやすいです。空気も逃げやすい。新品(飛散防止シートが着いた状態)からスグ貼ったので、最初っから微塵の混入もなく貼れてしまいました。
もしホコリが入ったら……
iPhone5_Film
↑おなじみ、例のペタペタ除去法をお試しくださいね。エッジを持ち上げ、裏から丸めたテープを当てていきます。
完成
iPhone5_Film
↑こちらは浮いたりはないですね。ただ、抜き結構は大きめ。そのぶん、貼りやすいんですけど、いまいちこだわりが感じられません。
こだわりのシートとは……
iPhone5_Film
↑さて、こちらはもうすぐ発売されます、おなじみビザビさんのもの。M谷店長の病的なまでのこだわりにより、必要な箇所だけ、最低限のサイズで抜かれております。
iPhone5_Film
↑エッジもギッチギチ。位置合わせはシビアですが、うまく貼れれば、もうホントに何も貼っていないかのような美しさに。光沢、反射防止に加え、傷を修復してくれる3タイプが発売されます。

 まぁ、すべてを試したわけではないですけん、きちんとしたのもあるかもしれませんよ。ただ、どう考えてもこのタイミングで発売されているものは、実機に貼っての検証はされてないハズ。スケジュール的に、ね。だから合ってなかったり、抜きを大きめにして余裕をもたせたりしているのでしょうな。

 以前、ビザビのM谷店長にインタビューしたときも、おっしゃってましたよ「必ず貼ってから出す」と。伝統工芸品のような美しさを放つiPhone 5なんですから(←しつこい)フィルムにもこだわっていただきたい。とはいえ、買ってスグ貼りたいという気持ちもわかる。私もそうだもの。だから、オススメは“とりあえずテキトーなの貼っていいのが出るのを待つ”です! そんな待たせないでしょう、さすがに、ねぇ?

iPhone5まとめ

●お知らせ:週刊アスキー 10月16日増刊号は、書店、コンビニ、駅売店等で取り扱い中です。

Amazon:週刊アスキー 2012年10月16日増刊号(No.897)

●関連サイト

ミヤビックス

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking