2012年09月19日18時00分

Windows 8で世界は変わる! ボーカロイドやMSのキーマンが8を語る!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 9月18日、東京の内田洋行ユビキタス協創広場CANVASにて「Windows 8登場前夜 新しいユーザー体験がもたらすビジネスチャンス」というMEDIVERSE(一般社団法人メディア事業開発会議)主催のセミナーが開催された。

 セミナーはアスキー総合研究所所長 遠藤諭氏がナビゲーターを務め、Windows 8の登場によりオフィス環境やアプリ、モバイルコンピューティングはどのように変わるのか、各界のキーマンに話をうかがうという内容の2部構成で進められた。

Win8Seminar001

 第一部は、iOSやAndroid、Windows 8アプリを同時に開発できる「Monaca」を公開しているアシアル株式会社 代表取締役 田中正裕氏、オフィスのデジタル活用を推進している株式会社内田洋行 ネットワークテクニカルセンター部 部長 村田義篤氏が登壇。

Win8Seminar002
↑写真左から、アシアル株式会社 田中正裕氏、株式会社内田洋行 村田義篤氏。
Win8Seminar003
↑田中氏はHTML5をベースにしたモバイルアプリ開発環境「Monaca」について説明。ひとつのコンテンツをiOSやWindows 8向けにいちどに開発提供できるシステムだ。
Win8Seminar004
↑村田氏はWindows 8のモダンスタイルUIを利用した社内SNSサービスや、タブレットの活用法について説明してくれた。

 Windows 8になることでウェブアプリだけではなく、アプリストアでのアプリ提供が可能になりAndroidのようなアプリビジネスのチャンスが生まれ、タブレットにもWindows 8を搭載することでクラウドサービスを利用、営業の人も外出先で十分に仕事をこなすことができるという。

 

 第二部は、マイクロソフトディベロップメント株式会社 代表取締役社長 加治佐俊一氏、ヤマハ株式会社 yamaha+推進室 Y2-Project 企画担当技師 杉井清久氏の2名が登壇。

 まず最初に、Windows 8版ボーカロイドについて杉井氏が説明。「Windows 8のモダンスタイルUIを活用することで、これまでと全然違うボーカロイドができそう」とWindows 8向けボーカロイドの構想について話してくれた。
 加治佐氏は「マイクロソフトのテクノロジーの将来」について説明。PC、タブレット、スマホとそれぞれのシーンで最適なデバイスをストレスなく同期して使える環境や「最後は人と人とのコミュニケーションをシームレスにしていく」と、Windows OSの将来について説明した。

Win8Seminar005
↑写真左からヤマハ株式会社 杉井氏、マイクロソフトディベロップメント株式会社 加治佐氏。
Win8Seminar006
↑杉井氏は、モダンスタイルUIに移植したVOCALOID3について、それについて書かれた週アスPLUS記事を紹介しながら説明していた。
Win8Seminar007
↑加治佐氏はWindows OSの技術的進化が今後どのような方向に向かっていくのか、デバイス、UIやクラウドといった観点から解説。

●関連サイト
MEDIVERSE

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking