2012年09月13日15時00分

デジタル一眼『D600』をニコンが発表 FXフォーマット最小・最軽量で9月27日発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
120913_nikon


 

120913_nikon

 ニコンが9月27日にフルサイズのデジタル一眼『D600』を販売開始します。FXフォーマット最小・最軽量モデルということで、期待が高まりますね。レンズを組み合わせた『D600 24-85 VRレンズキット』、『D600 ダブルレンズキット』も同日発売です。気になる価格は、本体のみが21万8000円、VRレンズキットが27万2000円、ダブルレンズキットが29万6000円。

以下、リリース引用です。

 株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンFXフォーマットを採用したデジタル一眼レフカメラとして最小・最軽量、高精細で高画質な画像を実現する有効画素数約2400万画素の新開発ニコンFXフォーマットCMOSセンサー、上位機種(「D4」や「D800」「D800E」)と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載、充実の基本性能を備えたデジタル一眼レフカメラ「ニコン D600」を発売します。

 「D600」は、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラシリーズに新たにラインナップされるモデルで、ハイアマチュアやプロフェッショナルフォトグラファーだけでなく、さらに幅広いお客様にニコンFXフォーマットモデルを手軽に楽しんでいただくため、開発されました。コンパクト(幅約141mm、高さ約113mm、奥行き約82mm)で軽量(約760g※1)なボディーを実現しながら、上位機種に迫るほどの高画質と描写性能、操作性能、耐久性を凝縮させたモデルです。

 有効画素数約2400万画素の新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、上位機種と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」、視野率約100%※2の光学ファインダー、大画面で視認性に優れた広視野角3.2型液晶モニターを搭載。さらに、「D800/D800E」と同等の防塵、防滴性能を実現し、上位機種から多くの高度な機能や性能を継承しながら、小型軽量化と高いコストパフォーマンスを実現しました。

 また、有効画素数約2400万画素の高画素を活かした高精細なフルHD動画(1920X1080、30p)に対応し、さらに、「FXベースの動画フォーマット」と「DXベースの動画フォーマット」の使い分けができる「マルチエリアモードフルHD Dムービー」を搭載。1台のカメラでFX、DX対応の NIKKORレンズラインナップと連携してより自由な映像表現が楽しむことができ、静止画だけでなく、動画撮影機能の利便性も高めています。

※1:本体のみ
※2:FXフォーマット時

●「D600」発売概要
商品名     デジタル一眼レフカメラ「ニコン D600」
価格      オープンプライス
発売予定    2012年9月27日
予定生産台数  当初月産約6万台

なお、「D600」とレンズを組み合わせた以下のキットも同時発売します。

 ● D600 24-85 VRレンズキット オープンプライス 2012年9月27日発売予定
   AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR付き
 ● D600 ダブルレンズキット オープンプライス 2012年9月27日発売予定
   AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR 、AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G付き

●開発背景
ニコンは、機能、性能、完成度を極限まで高めたFXフォーマットの新フラッグシップモデル「D4」に続き、世界最高※有効画素数36.3メガピクセルのCMOSセンサーを搭載し、圧倒的高精細な高画質を実現した「D800/D800E」を発売するなど、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラのラインナップを強化してきました。「D600」は、ニコンFXフォーマットならではの描写性、高画質を踏襲しながら、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ並みの手軽さを持たせることで、ハイアマチュアやプロフェッショナルフォトグラファーだけでなく、さらに幅広いお客様にニコンFXフォーマットモデルを手軽に楽しんでいただくため、新たに開発されたモデルです。

※:2012年9月13日現在、35mmフィルムサイズに準じた撮像素子搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラにおいて

●主な特長
1. 高い機動力を発揮する、ニコンFXフォーマット搭載で最小・最軽量ボディー
「D600」は、本体サイズ幅約141mm、高さ約113mm、奥行き約82mm、質量約760g※と、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラで最小・最軽量を実現しています。ニコンFXフォーマットモデルでありながら、コンパクトなボディーに高い基本性能と卓越した描写性能を実現し、携帯性、機動性に優れています。ボディー上部および背面カバーにはマグネシウム合金を採用し、軽量化と堅牢性を両立しているほか、接合部をはじめとするボディー各所に効果的なシーリングを施すことで「D800/D800E」と同等の優れた防塵・防滴性も確保しています。

※:本体のみ

2. 幅広い感度域において高画質・高精細な撮影を可能にする、有効画素数約2400万画素の新開発FXフォーマットCMOSセンサー
「D600」は、有効画素数約2400万画素、新開発FXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、高いS/N比と広いダイナミックレンジを確保。ISO 100の低感度からISO 6400の高感度まで幅広い常用感度域において低ノイズと豊かな階調表現を実現しました。また、ISO 50相当(Lo1)までの減感、ISO 25600相当(Hi2)までの増感設定も可能です。
さらに、ニコンの光学技術を結集したNIKKORレンズと組み合わせることで、「D600」のCMOSセンサーの性能が最大限に発揮され、被写体の細かな部分も精細に表現します。


3. 「D600」をはじめとする高性能デジタル一眼レフカメラ向けに最適化し、卓越した高速処理を可能にする画像処理エンジン「EXPEED 3」
「D600」は、ニコンFXフォーマットの上位機種「D4」や「D800/D800E」に採用されている高性能画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載しています。デジタル一眼レフカメラ用に高速化・高性能化した画像処理エンジン「EXPEED 3」により、忠実な描写と鮮やかな色再現、広いダイナミックレンジを実現しています。静止画の暗いシーンでの高感度撮影では、高度なノイズ低減処理で、鮮鋭感を保持しつつ効果的にノイズを抑えます。動画撮影でもノイズ低減処理により、低輝度下でも鮮明さとシャープな輪郭を保つことが可能です。

4. 快適な撮影を実現する、カメラとしての高い基本性能と操作性
AFセンサーには、マルチCAM4800オートフォーカスセンサーモジュールを採用し、39点のフォーカスポイントで被写体を的確に捕捉、追尾します。使用頻度の高い中央部9点のクロスセンサーを採用し、さらに7点(中央部5点+中段左右各1点)のフォーカスポイントはf/8対応とすることで、超望遠NIKKORレンズにテレコンバーター(2.0×)を組み合わせて使用する時にも高精度なAFが可能となります。
また、高精度なオート制御を可能にするシーン認識システムは、2016分割RGBセンサーで撮影シーンの明るさ、色などの情報を詳細に分析し、オートフォーカス、自動露出、i-TTL-BL調光、オートホワイトバランスの制御に反映しています。

さらに、「D600」は、FXフォーマットで視野率約100%、約0.7倍※1の高倍率光学ファインダーを搭載。約92万ドットの広視野角3.2型液晶モニターは、周囲の光の状態に応じて明るさ、コントラストをカメラが自動的に調整し、クリアな視認性を保つことができます。2枚のSDメモリーカードを使用できるSDメモリーカードダブルスロット(SDXC、UHS-1※2対応)を採用し、使いやすく快適な撮影をサポートします。

※1:50mm f/1.4 レンズ使用、∞、-1.0m-1のとき
※2:インターフェースの規格


5. 有効画素数約2400万画素の高画素を活かした高精細な1920×1080/30pのフルHD動画対応、2つのフォーマットで動画撮影ができる「マルチエリアモードフルHD Dムービー」
動画ライブビューモード時に、シャッターボタン脇の動画撮影ボタンを押すだけで、有効画素数約2400万画素の高画素を活かした高精細な動画撮影を楽しむことができます。1920×1080/30pのフルHDに対応しているだけでなく、映像圧縮にはH.264/MPEG-4 AVC方式を採用することで、画質を維持しながらデータ容量を縮小させており、動画記録は一度に最長29分59秒※1まで可能です。

「マルチエリアモードフルHD Dムービー」は、撮影用途に応じて「FXベースの動画フォーマット」と「DXベースの動画フォーマット」の2つのフォーマット※2で、1920×1080 30pのフルHD動画の撮影ができます。「FXベースの動画フォーマット」は大きな撮像素子を活かし、被写界深度の浅い美しいボケ味を重視した表現が可能で、「DXベースの動画フォーマット」は、被写体をより大きく写したい時に最適です。

また、ヘッドホン端子を装備し、ヘッドホンでの音声確認が可能なほか、動画や動画ライブビュー映像を液晶モニターと外部モニターに同時表示できます。さらに、動画ライブビュー時の非圧縮動画をHDMI出力して外部レコーダーに直接記録し撮影ができるほか、雲の流れなどの比較的長時間のシーンの中で動きのある被写体を一定の撮影間隔で自動的に撮影し、1つの動画ファイルとして記録できる微速度撮影機能も搭載しています。

※1:〔画像サイズ/フレームレート〕、〔動画の画質〕の設定によっては最長20分
※2:動画のアスペクト比は、フォーマットにかかわらず、16:9となります。

6. スマートデバイスとの連携が可能な、ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」
ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」(別売)を装着することで、「D600」で撮影した本格的かつ高画質な画像をスマートデバイス※1と簡単に共有することができます。スマートデバイスの画面上でライブビュー撮影画面を確認しながらのリモート撮影や、「D600」で撮影した画像をスマートデバイスにワイヤレスで転送※2することができます(動画撮影には非対応)。「WU-1b」を活用することで、NIKKORレンズと「D600」で撮影した写真を、家族や友人にいつでもどこからでも転送したり、ブログやSNSにアップロードすることができるようになり、撮影後の楽しみ方が広がります。

※1:Androidスマートフォンでは、 2.3系と4.0、Androidタブレット端末ではAndroid OS 3.x系と4.0に対応。iOSデバイス(iPhone/iPad/iPod touch)は5.1、5.1.1に対応。
※2:事前にスマートデバイスに「Wireless Mobile Adapter Utility」(各スマートデバイスのアプリストアから無料でダウンロード可能)をインストールする必要があります。

●「WU-1b」発売概要
商品名           ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」
希望小売価格     ¥5,250(税抜¥5,000)
発売予定         2012年9月27日
対応機種         デジタル一眼レフカメラ「ニコン D600」

●「D600」のその他の機能・特長
・約5.5コマ/秒※の高速連続撮影、起動時間約0.13秒※、レリーズタイムラグ約0.052秒※の高速性能
・水平方向および前後の傾きが確認できる水準器表示(ファインダー内では水平方向のみ)
・広角24mmレンズの画角をカバーするガイドナンバー約12(ISO 100・m、20℃)のフラッシュを内蔵。コマンダー機能も搭載し、内蔵フラッシュをマスター(主灯)として、2グループまでのリモート(補助灯)をワイヤレスで制御可能
・Li-ion リチャージャブルバッテリーEN-EL15 に加えて、単3形電池(アルカリ、リチウム、ニッケル水素)も使用できる、D600専用の新マルチパワーバッテリーパックMB-D14(別売)が装着可能
・最高速1/4000秒、フラッシュ同調速度1/200秒、約15万回のレリーズテストをクリアした、高精度、高耐久シャッターユニット。設定された、あるいは制御されたシャッタースピードと実際の作動スピードとの誤差を、常にチェックし自動検出するシャッターモニター搭載
・撮影モードダイヤルに新たにロック機構を設置し、不用意なモード変更を防止。また、レリーズモードダイヤルを撮影モードダイヤルと同軸2段に配置することで、操作性を向上
・ピクチャーコントロールボタンや動画撮影ボタンを独立させ、使いやすさを追求した操作系の配置
・ライブビューセレクターで、静止画ライブビュー、動画ライブビューの切り替えがスムーズにできる便利なライブビュー機能
・画像閲覧・編集ソフトウェア ViewNX 2を同梱

※:CIPAガイドライン準拠


※Google、AndroidおよびGoogle PlayはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※iPhone/iPad/iPod touchは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※その他記載されている会社名および製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

 

●お知らせ:週刊アスキー 10月16日増刊号は、書店、コンビニ、駅売店等で取り扱い中です。

Amazon:週刊アスキー 2012年10月16日増刊号(No.897)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking