2012年09月18日11時30分

人気モバイルルーターの速度を都内で徹底比較してみたぞ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

モバイラー注目の高速ルーターが続々と登場

モバイルルーター徹底比較

■シーンを選ばず使えるモバイルルーターが◎

 固定回線並みに快適な動画のストリーミング視聴や写真などのアップを実現する次世代高速通信のLTE(4G)回線網。対応するスマホは、まだまだ少ないが、モバイルルーターなら各キャリアがそろい踏み。通信の安定&高速化、対応エリアの拡大、そして低価格化と買いのポイントが充実している。そんな注目ルーター4製品の気になる使い勝手を東京山手線沿線で、徹底チェック。場所を問わず快適に通信できるモバイルWiFiルーターをゲットしよう。

旬なモバイルルーターの魅力!
●理論値最大70Mbps超えに到達固定回線なみの100Mbpsも間近
●軽量、長持ちで携帯性も抜群100gアンダーの製品も登場
●手ごろな月額通信料金各種キャンペーンが充実
●対応エリアが拡大中主要都市はLTE(4G)網に移行が完了

 

今回徹底比較した4製品はコレ

Pocket WiFi LTE GL04P ULTRA WiFi 4G SoftBank 102Z
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
LTE対応の最新モデル
EMOBILE LTE/4G(下り最大75Mbps)の幅広いエリアに対応。

●イー・モバイル
●実質本体負担額
 0円※1(にねん+アシスト1600時)
●月額料金
 3880円(にねん+アシスト1600時)
●最大通信速度(下り/上り)
 75Mbps/25Mbps
●公称連続通信時間
 約9時間
便利な公衆無線LAN対応
4G/3Gエリアに加えて、同社Wi-Fiスポットでの通信も可能だ。

●ソフトバンク
●実質本体負担額
 0円※1(4Gデータし放題フラット時)
●月額料金
 3880円(キャンペーン期間中のみ※2)
●最大通信速度(下り/上り)
 76Mbps/10Mbps
●公称連続通信時間
 約7時間
L-04D Aterm WM3600R
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
最軽量・小型ならコレ
ポケットにサッと入れて持ち歩ける抜群の携帯性が魅力。

●ドコモ
●実質本体負担額
 0円※1(月々サポート利用時)
●月額料金
 5460円(Xiスタートキャンペーン2適用※3、mopera U使用料含む)
●最大通信速度(下り/上り)
 75Mbps/25Mbps
●公称連続通信時間
 約4時間(3Gは5時間)
WiMAX定番モデル
HOTSPOTなどの公衆無線LANサービスにも対応なのが便利。

●UQコミュニケーションズ
●実質本体負担額
 4800円※1(UQ Flat 年間パスポート時)
●月額料金
 3880円(UQ Flat 年間パスポート時)
●最大通信速度(下り/上り)
 40Mbps/15.4Mbps
●公称連続通信時間
 約10時間

※1 新規契約時の事務手数料などは含まず。 ※2 “4Gデータ通信バリューキャンペーン”の終了時期はウェブで告知予定(終了後の月額料金は5985円) ※3 “Xi(クロッシィ)スタートキャンペーン2”は、9月30日まで実施。

山手線主要駅で実際の通信速度をチェック

 早速、各キャリアのモバイルルーターを使って、山手線の秋葉原駅、東京駅、渋谷駅、原宿駅、新宿駅、池袋駅、上野駅の7箇所でベンチマークテストを行なった。測定場所は各駅のホームで、比較的見通しの良い場所を選んだ。

 結果は以下のとおり。駅によって速度のばらつきはあるものの、ほとんどの場所でSoftBank 4Gのモバイルルーターが高速という結果になった。イーモバイル10Mbps以上を記録する駅もあり概ね高速。ドコモとUQは、利用者が多いためか一部を除きあまり速度が出なかった。

各駅のホームで測定
モバイルルーター徹底比較
山手線の各駅ホーム端でLTE(4G)に接続。各機種の下りスループットとアンテナ感度をチェック。
【秋葉原駅】SoftBank 4Gが高速 【東京駅】感度が弱くても高速なSoftBank 4G
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
回線状況で変わるが、ソフトバンクは人の多い休日の15時台でも、余裕で10Mbps超えだ。 ソフトバンクはアンテナ感度が、ほかのキャリアより弱かったが、トップの速度に。
【渋谷駅】人でにぎわう休日も安定通信 【原宿駅】竹下口寄りのホームで計測
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
ソフトバンクとイー・モバイルが優秀だが、ドコモやUQもサクサクウェブなどを楽しめる速度だ。 ドコモ、ソフトバンクが高速で、ともに約19Mbpsスループットをたたき出している。
【新宿駅】夕方の混雑時も快適通信が可能 【池袋駅】電波状況で1Mbps以下も
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
人であふれる東口側ホームでも、イー・モバイルとソフトバンクは、安定&高速通信を実現。 回線が混雑していたためか、ドコモの速度は今ひとつだったが、アンテナ感度はよかった。
【上野駅】最大5倍以上も速度に差が出た
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
ソフトバンクがダントツで、UQ(WiMAX)と比べて5倍以上も高速な22.4Mbpsでの通信を実現。

主要3駅はスポット別に徹底計測!!

 続いて、別の日に週アス読者がよく訪れそうな、秋葉原と新宿、渋谷の周辺でも速度計測を行なった。このときも、結果は20Mbps越えも計測したソフトバンクのモバイルルーターがすべての測定ポイントで良好。ドコモも新宿西口歩行者デッキ上で20Mbpsを超えたが、電波の入りはいいもののその他の地点では10Mbps以下だった。

【秋葉原】
モバイルルーター徹底比較
【ヨドバシカメラマルチメディアAkiba前】ゲームもスマホも高速通信 【UDX広場噴水前】感度、速度ともに良好
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
ヨドバシカメラ前で計測。10Mbpsを超えるソフトバンクなら、スマホで動画視聴しながら、オンラインゲームを楽しむのもオーケーだ。 電波状況が良好なソフトバンクが、ほかより約4倍も高速に。
【ベルサール秋葉原前】中央通りも高速、安定
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
ソフトバンクが圧勝。イベント時も安心して使える。
【新宿】
モバイルルーター徹底比較
【東口アルタ前】新宿の定番スポットも高速通信 【サザンテラス口前】SoftBank 4Gが新宿最速を記録
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
東口のアルタ前で計測。イー・モバイルが1Mbpsを割り込んだが、ほかのキャリアは人であふれる東口でも快適に通信できた。 ソフトバンクが圧倒的で、UQとは約14倍の差がある。
【新宿西口歩行者デッキ】新宿ならココが◎
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
ドコモが20Mbpsと高速。LTE(4G)回線ならではの速度を発揮。
【渋谷】
モバイルルーター徹底比較
【ハチ公前交差点】SoftBank 4GとXiが安定、高速 【ビックカメラ渋谷東口店前】各社感度良好な東口
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
人通り激しく、待ち合わせ人も多いハチ公前の交差点だが、ソフトバンクは爆速。ドコモもまずまずの速度で、つながりもよい。 ハチ公前では低速だったイー・モバイルが復活。
【道玄坂2丁目交差点】道玄坂も快適通信
モバイルルーター徹底比較 モバイルルーター徹底比較
アンテナは2本だが、ソフトバンクは通信速度を維持。

計測環境:Panasonic『レッツノート CF-SX2JETDR』で、各モバイルWiーFiルーターに接続。ウェブ計測サイト『Radish Network Speed Testing (http://netspeed.studio-radish.com)』 (測定サーバー“東京”、測定精度“高”、データタイプ“圧縮効率低”)で測定。通信規格は各キャリアの高速通信で接続を行なっている。計測は8月某日の12:00~19:00の時間帯で実施している。数値は回線状況で変わるため、必ずしも同じになるものではない。

各機種のバッテリーベンチも実施

■ロングライフはイー・モバイルの『GL04P』

 各機種ほぼ公称値通りの稼働時間になっている。8時間以上稼働した『GL04P』や『WM3600R』なら、朝から晩まで1日持ち歩いて利用でする。

高負荷通信状態で連続稼働時間を測定
イー・モバイル GL04P 8時間52分
ソフトバンク 102Z 6時間49分
ドコモ L-04D 4時間37分
UQコミュニケーションズ WM3600R 8時間4分

 

バッテリー計測環境:江戸川区の室内で、Panasonic『レッツノート CF-SX2JETDR』と各ルータを1台ずつ接続。動画配信サイト『Hulu』の動画(480p)を連続再生して、バッテリーが切れるまでの時間を計測した。各機種の計測時の速度は、GL04P 16.3Mbps、102Z 19.9Mbps、L-04D 1.9Mbps、WM3600R 1.6Mbps。

通信速度で圧勝のSoftBank 4Gがグッド

 ということで、山手線の主要駅やその周辺で測定したが、ソフトバンクのモバイルルーターが電波の入りが多少悪くても、まんべんなく高速通信ができていた。回線利用が現状WiFiルーターのみということも要因かもしれない。イー・モバイルは場所によってばらつきはあるものの、全体的に速度はでているようだ。
 以上の通信速度やバッテリーのもちの結果から、都心で利用するのがほとんどであれば、ソフトバンクの『102Z』がオススメだ。維持費も月額3880円なので、お財布にも優しい。

 今回は都心での比較だったが、時間や場所(外なのか建物内、地下街など)、状況(回線を使っている人の数)などによって通信速度は大きく変わってくる。モバイルルーターは、速度はもちろん重要だが、自分が利用する場所が通信エリアなのか、携帯性は十分か、連続バッテリー駆動時間はどのくらいなのかなど、ライフスタイルに合わせて選ぶようにしよう

速度重視時はUSB接続がオススメ
モバイルルーター徹底比較
『SoftBank 102Z』はUSB接続時の速度向上率が抜群に高いのも魅力だ。

■関連サイト
イー・モバイル
Pocket WiFi LTE GL04P
ソフトバンク
ULTRA WiFi 4G SoftBank 102Z
ドコモ
L-04D
UQコミュニケーションズ
Aterm WM3600R

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking