2012年08月30日11時30分

白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 パナソニックは、IFA2012のプレスカンファレンスで同社の“「スマート”戦略を中心に講演を行なった。スマートシティ、スマートリビングという従来からの取り組みに加えて、スマートモビリティという電気自動車、航空機の機内システムなどバッテリー技術を生かした取り組みの紹介がメイン。

 オーディオ・ビジュアルへの取り組みは、パナソニックブース紹介のハイライトとして、145インチ8K PDP、103インチのグラスレス3Dモニター、20インチの4K LCDなどの展示を予告されていたが、実機の公開はブースオープンまでお預けだ。

白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑ロシアのSkolkovoに、パナソニックの“スマートホーム”のモデル都市を作ることを発表。
白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑145インチスーパーハイビジョン、24インチ4K液晶のデモ展示を予告。
白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑360度視聴可能な3Dシステム、103型裸眼3Dも予告。

 “スマートホーム”の発表では、VIERAコネクトのアプリによる実演デモも行なわれた。日本でも発売されているVIERA WTシリーズで受信した放送映像を、リアルタイムで転送してスマートフォンで視聴する機能を紹介。日本では7月に発表済みのデジタルカメラLUMIX SZ5とVIERAの組み合わせ連携も紹介していた。

白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑セカンドスクリーンとして、TVの映像をスマホに転送して2画面視聴。
白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑VIERA Remoteのアプリで、WiFi内蔵デジカメとTVのシームレス連携をアピール。
白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑“Residential(住宅)”と“Personal(個人)”のそれぞれをネットワークで接続するイメージだ。

 日本のユーザーになじみがなかった内容としては、WiFiによる白物家電とスマートフォンアプリの連動だ。ビデオによる機能紹介にとどめていたが、電子レンジによる調理、エアコンの温度調整までアプリで操作でき、より効率的に電気を使うことでCO2排出を抑えるという。

 パナソニックは白物家電の欧州本格進出を掲げており、ドラム式洗濯機のテクノロジー解説にも時間を割いており、“スマート”をその布石として取り込む戦略というわけだ。

白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑世界初披露のパナソニックの白物家電操作アプリ。
白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑エアコンの温度もアプリから操作可能。
白物家電もアプリで操作! “スマート”に突き進むパナ:IFA2012
↑ドラム式洗濯機のメニューもスマホから選択可能。

パナソニック(関連サイト)

●関連リンク
IFA2012



最新情報は週アス公式ツイッターでもツイート予定!
フォローはこちらから→ @weeklyascii

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking