2012年08月02日13時00分

今日からグッ鉄カフェで一般公開 名古屋、大阪、福岡にも巡業

夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん全部!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket


 フィギュアの祭典、夏のワンフェス(関連記事)から早3日。月も変わった8月1日に秋葉原・グッ鉄カフェにホビーメーカー20社が新作フィギュアを持ち寄って展示する“2012夏 ホビーメーカー合同商品展示会”が行なわれた。

 これはワンフェス会場に展示された新作を中心に、各社が力を入れている新商品や開発中のフィギュアを展示・商談する場だが、今年は一般公開も行なわれる。秋葉原では今日8月2日から5日まで。その後は名古屋・アニメイト名古屋(8月7~8日)、大阪・ボークス ショールーム(8月10~12日)、福岡・あるあるcity(8月14~16日)と各地を巡業する予定だ。

 ここでは会場で見かけたミクさんだけを、ぎゅぎゅっと凝縮してお届けする(だってミクさん担当だもん!)。
 

夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
スケールは明記されていないが、高さ30cm以上はある超大型のねんどろいどじゃんぼ。発売されるまで、貯金しておこうかな……。


■ デカイよミクさん!ミクダヨーさんも!?

 ミクさんのフィギュアと言えば、やはりグッスマことグッドスマイルカンパニーが主役。最初に目に飛び込んできたのは、『ねんどろいどじゃんぼ』と名付けられた、ドデカイ初音ミクさん(参考展示)。

 通常のねんどろいどの10倍以上ありそうな大きさもさることながら、重さもかなりのものに思える!? 同社担当者に聞いたところ、「持ってみた印象では5kg以上はありそう。鈍器だね~」と笑いながら答えてくれた。実際に売り出されたら、飾る場所や棚の耐荷重にも注意した方がよさそうだ。いや、ミクさんが重いとか、言ってませんけどね……。

夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
キタコレ、ミクダヨーさん! ぷっくりしたほっぺといい、がに股といい、めり込んだクビといい、まごう事なきダヨーさん。
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
さらにドーン! 待受画面や壁紙にするとなんだか厄除けにもなりそうな気さえしてくる。ダヨーさん、ありがたや。ダヨーさん。


 大きさとは違った異次元の存在感を示したのが『ミクダヨー』さん。もともと通常のねんどろいどのミクさんを着ぐるみにしただけなはずが、実物を見るとどうも「コレじゃナイ」感漂う何かに見えて、ファンの間から自然発生的に「ミクダヨー」と呼ばれるようになった存在。これこそCGM(んー、違うか?)。

 未彩色なのに、「ででーん!」と効果音が聞こえてきそうな背景とも相まって、通りかかる人の目を釘付けにする。そんな魅力のミクダヨーさんは、2013冬発売予定だ(価格未定)。
 

夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
ミニスカサンタ姿のミクさん。カワユス!
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
HMO(Hatsune Miku Orchestra)バージョンのミクさん。きゅ~と♪
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
初音ミク&鏡音リン・レンのアペンドバージョンもねんぷちに! 参考出展。


■ 富士戦で偶然生まれた、あの寄せ書き4号車を再現

 今年は2台体制で、SUPER GT GT300クラスの2年連続チャンピオン獲得に挑むGSR&Studie with TeamUKYO。カラーリングは、GANさんの描くレーシングミクさんの0号車と、セガのリズムゲーム『初音ミク and Future Stars Project mirai』のねんどろいどミクさんたちを描いたの4号車がある。
 

夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
シャチョーやカントクの怒りと、たくさんのファンの想いが寄せ書きされた、富士戦決勝での4号車を見事に再現。


 このうち4号車は、今年5月の第2戦・富士スピードウェイでの予選日、練習走行中にスピンしてボンネットを大破してしまった。緊急で新しいカーボン製ボンネットに載せ替えたものの、大きくラッピングされたねんどろミクさんは間に合わず、真っ黒い地色のままで走ることになった。ところが、チームサイドの機転でサーキットに集まったファン(個人スポンサー)やチーム関係者にボンネットへの寄せ書きを求め、手描きのレーシングカーが皆の想いを載せて走るという前代未聞の感動的な事案があったのだ(結果は4号車が11位で無事完走、なんと0号車は優勝を果たした)。

 それを見事に再現したのがこの1/32スケール、ミニチュアカーフィギュアだ。参考展示だが、富士で寄せ書きに参加したり、写真やレポート(ASCII.jpの関連記事)で見たファンからは「ぜひ商品化して!」の要望が多かった。同社担当によると、「もともとフィギュア化するつもりじゃなかったので、サーキットで撮影した多数の写真からできる限り再現した」とのこと。これはぜひ売り出して欲し~い!

夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
こちらは全壊する前の4号車オリジナル。7月末のSUGO戦(第4選)で4号車はラッピングを一新したので、2012年前期バージョンとなる。4号車の後期バージョンや0号車の富士戦優勝バージョンも、やっぱり出るのかな?
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
こちらは0号車の開幕戦バージョン。GANさんの描くプリティで巨乳なレーシングミクさんが、かわい~のだ。
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
グッスマブログを見ると、広報のミカタンが直前まで懸命に組み立てていた様子が分かるレーシングミクバージョンのミニ四駆。ねんどろいどぷちを乗せると、可愛いし絵になるのだ。
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
申し込んだ個人スポンサーには今年12月に発送予定という、レーシングミクFigma。


 なお、撮影禁止(監修中のため)だったため写真は掲載できないが、1/7スケールという大型なレーシングミクさんのリアルフィギュアも展示されている。発売日未定だが、ボリューミーなツインテールに、応援フラッグを持つ、躍動感溢れるレーシングミクさん。正式な発売発表が楽しみだ。

■ 一周してフィギュアに戻った(!?)グラフィグマスコット

 グッスマ&GSR以外には、ほとんど初音ミクさんのフィギュアを見かけなかったが、カンタンなペーパークラフトで作れる“グラフィグ”シリーズのミクさんに『イチマツver.』が出ていたほか、グラフィグの四角いミクさんをミニチュアフィギュア化した『グラフィグマスコット』も展示されていた。ミクさん、リンちゃん、レンくんのほか、雪ミクさんと桜ミクさんという全5種。揃えたくなるかわゆさだ。

夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
夏のホビーメーカー合同商品展示会で見つけたミクさん
四角いミクさんが、ペーパークラフトからフィギュアに!? しかも雪ミクさんや桜ミクさんまで。


 なお、ワンフェス会場に展示されていたすべてのフィギュアが見られるわけではないようなので(浴衣ミクさんなどが見当たらなかった)、それらは既報のレポート記事(週アスPLUSの関連記事ASCII.jpのワンフェスレポート)を参照いただきたい。
 

■関連サイト
「2012夏 ホビーメーカー合同商品展示会」(グッスマ・お知らせ)
グッドスマイルカンパニー
グッドスマイルレーシング
グラフィグ
週アス×初音ミク Twitter

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking