2012年08月06日14時00分

今年はテクノで肝試し! 石野卓球×WIRE12 スペシャルインタビュー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 7月に『WIRE TRAX1999-2012』、そして8月には『WIRE12 COMPILATION 』がリリースされ、8月25日開催の『WIRE12』に向けて盛り上がるなか、オーガナイザーの石野卓球氏に話をうかがいました。

 なお、発売中の週刊アスキー8月21-28日合併号(8月6日発売)には、愛用品や心霊対策に役立つプレイリストを掲載中です。併せてチェックしてみてください!

石野卓球氏photo01
石野卓球

謎めいているんです

――WIREのコンピレーションアルバムのために、卓球さんが毎年書き下ろしていた楽曲のコンパイルアルバム『WIRE TRAX 1999-2012』が先日発表されました。

卓球 50万円貯まる貯金箱ですよ。開けてみたら貯まっていたという。でも全部旧札ですけどね。基本的には楽曲に手を加えずに当時のまま収録しています。そっちのほうが1999年から2011年までまとめて聴くと共通している部分、していない部分が浮き彫りになるから。

――今回、あらためて聴き直して見えたものとは?

卓球 白い着物を着た双子の女の子の霊がはっきり見えました。『シャイニング』に出てくるような。あとは時期によってテンポが全然違うこと。135から年を追うごとにだんだん遅くなってくるんですよ。時代を反映する感じ。時代と寝た女ですね。それと音色の好みの変化を感じました。

――13年間ぶんをまとめてみて実感したことは?

卓球 今まで意図的に叙情性のある楽曲を入れないようにしていたので、まとめてみたら喜怒哀楽がまったくない作品になっているなと。必要以上に騒がない部分だったり、逆にそれが潔いし、いいなと思いましたね。基本的にコンピレーションアルバムに収録した楽曲は季節限定商品というか、WIREのパーティーが終わると完全に自分のなかで忘れさってしまうんです。自分が誰だってことも。なので思い返すこともなかったんです。今回ライナーノーツを書いていますが、「アレ?なんだっけ?」って自分でイントロを聴いてもわからない曲もありました。

――DISC1にはコンピ用の楽曲、そしてDISC2にはWIRE関連のAd曲(CMや街頭ビジョンなどのSPOTで使用される楽曲)などを含めた作品がまとめられています。

卓球 宣伝用につくった曲たちなのでまとめてみたらなにか見えるかなと思って。自分でも聴く機会がないのでなかなか新鮮でしたよ。……本当は同じレーベルの売れているアーティストの楽曲を入れたかったんです。でもNG出ちゃった。固いこと言わずに、同じレーベルだからいいのでは? と思いました。もし次出す機会があれば彼らの楽曲を入れたアルバムをWIRE 名義で出してみたいと考えています(笑)。

――ジャケットはWIRE99のカラー。ブルーとレッドですね。これはぐるっとひと回りという意味?

卓球 ひと回りにしては14年目だしキリが悪いでしょ! 本当に全部謎なんです……謎めいているんですよ。ただテーマカラーに赤は多いと思います。きっとおめでたいからです。だって初潮がきたら赤飯炊くでしょう? それと同じですよ。

WIRE全景
撮影 成瀬正規

心霊対策を万全にして

――まもなくWIRE12開催ですが、今年の見所は?

卓球 夏フェスはたくさんありますが、テクノに特化し、こだわって開催してきたので、今年も全部が見所ですね。

――幅広いラインアップの出演者も魅力のひとつですが。

卓球 先ほど話した、白い着物を着た双子の女の子の霊や、YouTubeの動画で検索するとよく出てくる髪の毛が伸びる人形。それに今年は、座敷わらしが横浜アリーナ狭しと走り回るそうです(笑)。出演者はベテランからニューカマーまでいろいろ。来たらきっと楽しめるはず。

――まさに『モノノケダンス』そのままの世界が広がると。

卓球 そうですね。あとはテレビに出ている神も来るそうですよ。前回のインタビューで“神宣言”をしたピエール瀧(以下 神)がっ!神降臨!! 

――それは楽しみです。砂原良徳氏もWIRE初出演ですね。

卓球 ある日彼から電話がかかってきたんです。無言電話でしたけど。ナンバーディスプレーを確認したらどうやら184(イヤヨ)を付け忘れたらしく。それで折り返して「無言電話君でしょ」って。そうしたら「実はWIREに出たくて」と。それで出演が決まりました。

――個性的な出演者の、それぞれのアクトが楽しみ。当日が来るのが待ち遠しいです。

卓球 心霊体験をしたいかたはぜひ! 夏だからね! 今年はテクノで肝試し! ただし、結構心霊関係って、家にもって帰ってしまう人が多いそうなんです。なので、会場で彼らを見たとしても「かわいそう」とはけっして思わないようにしてください。……必ず心霊対策は万全にして、会場にお越しくださいね。

(談)

【ニューアルバム】
石野卓球
『WIRE TRAX 1999-2012』

音で感じる14年間の歴史

WIREのために書き下ろされた楽曲を収録した豪華2枚組。ブックレットでは本人の濃厚な解説も楽しめる仕様となっている。
●発売中 ●2835円 ●キューンミュージック

【プロフィール】
石野卓球:1989年に電気グルーヴを結成。DJ、プロデューサーとしても活躍中。WIREのオーガナイザー。今年は神と共に電気グルーヴとしても出演予定。
WIRE12:今年で開催14年目を迎える日本最大の屋内型レイヴイベント。8月25日(土)に横浜アリーナで開催。前売りチケットは1万1550円(税込・オールスタンディング)。

●関連ページ WIRE12公式HP  石野卓球公式HP

※アーティストの意向でピエール瀧氏を“神”と記事内で記載しています。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking