2012年06月10日06時30分

WWDC2012現地潜入 iOS6は確定、そのほか最低でも2つの何かが起こる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ども。週アスのライトサイド副編(by ACCN@ダークサイド副編)ことイトーです。1年に1回の、Apple開発者のお祭り『WWDC(World Wide Developer Conference)』取材のため、北米サンフランシスコに滞在してます。

 ネット上では数週間前から「WWDCで発表されるモノはコレ」なる噂話が飛び交ってますが(iPhone5は期待薄? Macが全機種更新? etc...)、憶測推測はもうもう聞き飽きた。メディアなら現地取材してナンボでしょ、ということで今日は現地の証拠にもとづく情報から探っていきましょう。予測記事程度なら、週刊アスキーでは2週間前に掲載しちゃったし、何が発表されるにしたってあと2日、日本時間で6月12日午前3時ごろには判明しちゃうわけですからね。

WWDC2012

 会場となるのは、サンフランシスコ市内中心部に位置するモスコーンセンター。毎年恒例の巨大ホールです。入国後、滞在先へのチェックインも済まさぬ状態で行ってみたところ、設営はひと段落している様子。会期中、唯一パスなしで出入りできる1Fロビーは、まだクローズのままです。仕方がないので屋外から中の様子をうかがってみましょう。

……ん?

WWDC2012

 んんん??? まだ正式発表もしてないのに、いきなりiOS6のバナーが見えてます。キーノート前に未発表モノを露出してしまうのはかなり珍しい。「キミたち、どうせわかってるでしょ」ってことなのか。サービスカットなのか?

WWDC2012

 会場側面、違う角度から。iOS6バナーの背後(写真では右側)にMac向けの最新OSX“MountainLion”のバナーが見えます。

WWDC2012

 さらにその後ろには、このiCloudのバナー。入り口側から見て、バナーの順番は、“iOS6”、“Mountain Lion”、“iCloud”。 それぞれのサブキャッチは“世界でもっとも先進的なモバイルOS”、“世界でもっとも先進的なデスクトップOS”、“あなたのコンテンツをすべてのデバイスに”。

 ただこれを見ただけではiOS6のバナーの存在ばかりに目を奪われますが、個人的にはiCloudのバナーが、ほか2つと同列の位置にあることの意味を勘ぐりたい。iCloudを通じてすべてのAppleデバイスのコンテンツを同期することは従来の路線ですが、iCloudの機能追加の発表があるんじゃないか?

 ちなみに会場近くにあるアップルストアは、(当たり前ですが)何かの製品が欠品することもなく、特殊な展示や表示があるわけでもなく完璧な平常営業です。

 現時点でわかるのはここまで。つついても逆立ちしても何も出てきませんし、相変わらず、新型iPhone、そして新型のMacシリーズ発表についての可能性は残されたままです。

 気になってきた、いやもうすでにTwitterやGoogle検索で情報を探しまくっているという人、もういますよね?
 週アス+WWDCといえば、例年日米結んでの同時中継を実施してますが、もちろん今年もやります!

 発表会開幕前の大行列の様子の生映像、取材カメラをネットに直結してのリアルタイム写真中継、日本側出演者たちのコメントほか、豪華ゲストも予定しています(実況中継イベントの詳細は後ほど)。

 それでは皆さん、月曜日に会いましょう!

●関連サイト
WWDC2012公式サイト(英語)

WWDC関連情報はこちらのまとめページで!
WWDC2012まとめ:アップル、新MacBook Pro、iOS6、Mountain Lion発表

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking