2012年06月06日06時05分

Wii U GamePadの詳細判明! 新たなゲームの遊び方を提案する任天堂 :E3 2012

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 NINTENDO of AMERICAは、6月5日(現地時間)朝、メディア向けカンファレンス『NINTENDO ALL-ACCESS @ E3 2012』を開催。先日インターネット中継されたPre E3に続くもので、予告どおり『Wii U』向けに開発されたタイトルの紹介が中心となった。

E3_2012_Nintendo
↑Wiiの発売直後からWii Uの開発に着手したという専務取締役情報開発本部長の宮本茂氏が、自ら『ピクミン3』を披露。

 カンファレンス冒頭にステージに現れたのは、任天堂の専務取締役情報開発本部長の宮本茂氏。初公開となるWii U向けの『PIKMIN 3』(ピクミン3)を紹介し、近年、市場ではカジュアルゲームが大きな波となっているいっぽう、やりこみ要素があり、手応えを感じられるようなゲームも合わせて必要だとコメント。

 新作の『ピクミン 3』では、新しいピクミンとして“ROCK PIKMIN”が登場し、硬い岩や敵を破壊するために活躍する。また、コントローラーのサブ画面にマップを表示できることで、“ある事情で登場しない”主人公オリマーを、複数キャラクターをより戦略的に動かすといった新しい遊び方を紹介した。

E3_2012_Nintendo
↑3で新しく登場する岩のカタチのゴツっとした『ROCK PIKININ』。投げつけて、硬いものを破壊できる。
E3_2012_Nintendo
↑Wii U GamePadのサブ画面にはマップや各キャラクターの位置が表示されるしくみだ。

 イベント全体のプレゼンターはNINTENDO of AMERICAプレジデントのREGGIE FILS-AIME(レジー・フィーセメイ)氏。Pre E3のストリーミングで先行紹介されたWii Uに関連する情報を簡単にサマライズしたあと、Wii Uには、2台の『Wii U GamePad』が接続できるという新情報を明らかにした。ただしこのE3で紹介されるゲームタイトルの多くは一台のWii U GamePadを使用するもので、2台使用可能なタイトルについては今後の情報待ちになる模様。

E3_2012_Nintendo
↑プレゼンターは今年もNINTENDO of AMERICAのプレジデント、レジー・フィーセメイ氏。
E3_2012_Nintendo
↑Wii U GamePadのサブ画面は、ゲーム、ソーシャル、そしてエンターテインメントすべての入り口になると説明する。
E3_2012_Nintendo
↑1機のWii Uに対して、2台のWii U GamePadが接続できることを、初めて明らかにした。
E3_2012_Nintendo
↑『Wii わらわら』と呼ばれる起動直後の画面。プレイ中のタイトルや、世界で流行っているタイトルなどがグループ化され、そのコンテンツに関連するMiiが周囲に集まる。Miiのつぶやきや投稿されたゲーム画面をチェックすることも可能。
E3_2012_Nintendo
↑『New Super MARIO BROS. U』のマップ画面。ここでもMiiたちのつぶやきが見られる。
E3_2012_Nintendo
↑ローンチタイトルのひとつ『New Super MARIO BROS. U』。協力プレーでは、Wii U Padを持ったプレイヤーが特別な能力を持ち、ルートに補助となるブロック等を配置してあげられる。
E3_2012_Nintendo
↑ワーナーブラザースの『BATMAN ARKHAM CITY』もWii U向けに登場。マルチプラットフォームだが、Wii U専用のフィーチャーが用意される。
E3_2012_Nintendo
↑全世界で4300万台を販売したというWii Fitシリーズの新モデルもWii U向けに登場。
E3_2012_Nintendo
↑サブ画面が利用できるので、同じリビング内でもテレビを占領することなく、フィットネスが楽しめる。
E3_2012_Nintendo
↑“ほんのわずかな時間”を割いて、ニンテンドー3DSのタイトルも紹介された。ファーストパーティの任天堂からは、『Luigi's Mansion Dark Moon』、『Paper Mario Sticker Star』、『New Super MARIO BROS.2』の3本。現地時間6日の午後6時からは、3DSの新タイトルにフォーカスしたインターネット中継も行なわれる予定だ。
E3_2012_Nintendo
↑UBISOFTからは、『JUST DANCE 4』、『ASSASSIN'S CREAD 3』、『ZOMBIE U』などが登場。
E3_2012_Nintendo E3_2012_Nintendo

↑『ZOMBIE U』では、武器のかわりにWii U GamePadを使ってゾンビを殴ったり、カメラを使って自分の顔をゾンビ化できる。

 Wiiのローンチ時には『Wiiテニス』がWiiコントローラを使ったゲームの楽しさを最初に伝えるタイトルになったが、Wii Uでは『NINTENDO LAND』(ニンテンドー・ランド)がその役割を果たすという。

E3_2012_Nintendo
↑『NINTENDO LAND』を紹介する任天堂の江口勝也プロデューサー。

 12種類のゲームが入っているテーマパークで、Miiverceとも連携。E3会場内では4種類のゲームが体験できるとのことだが、カンファレンスでは『Luigi's Ghost Mansion』(ルイージ・ゴースト・マンション)がデモンストレーションされた。

E3_2012_Nintendo
↑Wii U GamePadのサブ画面ではゴーストが見えてプレイヤーを襲うことができるが、他のプレイヤーからはゴーストの姿が見えない。
E3_2012_Nintendo
↑従来のWiiコントローラと、Wii U GamePadの組み合わせで、非対称性のゲームを楽しむことが可能。

 ニンテンドー・ランドは、Wii U ゲームパッドを使うユーザーと、従来のWiiコントローラを使うユーザーの非対称性にフォーカスしている。言うなればトランプゲームでの親と子のような関係だ。

 ルイージ・ゴースト・マンションでは、Wii U GamePadを持つユーザーがゴーストとなり他のプレイヤーを脅かす。いっぽうで他のプレイヤーは懐中電灯を手に協力して、ゴーストに立ち向かう。画面表示は同じように見えるが、ゴーストの持つサブ画面ではすべてが見えているのに対し、メインのテレビ画面ではゴーストの姿が見えない。プレイヤーはゴーストが近づくと震動するWiiコントローラを頼りに、相互に教えあいながら協力プレーをするというスタイルとなる。

 次々と新しい遊びかたを提案していく、任天堂ならではの期待感のもてるカンファレンスだった。

■関連サイト
任天堂 E3 2012

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking