2012年06月05日16時00分

百花繚乱!インテルブースで見つけたサンダーボルト機器:COMPUTEX TAIPEI 2012

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
120605_tbst

 10Gbpsを2チャンネル同時利用可能な次世代高速インターフェースの“サンダーボルト(Thunderbolt)”は、今までアップルがMacBook Airなどに搭載するだけにとどまっていた。また、対応製品も一部のストレージのみだった。しかし、今年のCOMPUTEX TAIPEIでは、各社がサンダーボルト搭載マザーを出品したり、エイサーがWindows8搭載PCに標準搭載、インテルが専用のコーナーを設けるなど一気に展示製品が増えた。ここでは、COMPUTEX TAIPEI会場のインテルブースで展示されたサンダーボルト製品を速報でお伝えする。なお、以下の機器は参考展示のため、発売時期や価格などは不明である。

■バッファローがUSB3.0とサンダーボルトのデュアルインターフェースストレージを出品

120605_tbst

 バッファローがUSB3.0とサンダーボルトのデュアルインターフェースストレージ『HD-PATU3』を出品。型番から2.5HDD搭載のポータブルHDDと思われる。

■サンダーボルトディスプレー

120605_tbst
120605_tbst

 日本ではあまりなじみがない、AOCというメーカーのサンダーボルトディスプレー。サンダーボルトでデイジーチェーン接続ができると思われる。なぜか有線LANのコネクターも搭載。動作してなかったため、詳細は不明。また、実機を確認できなかったが、ASUSでもサンダーボルトディスプレーの製品紹介を見かけた。

■ラシーのeSATAサンダーボルト変換ハブ

120605_tbst
120605_tbst

“eSATAハブ”と名前が付いたラシーの製品。eSATAポートを2ポート搭載しており、サンダーボルトとeSATAの変換ができる模様だ。

■PCIエクスプレス変換ユニット

120605_tbst

 周辺機器メーカーCalDigit社のサンダーボルトとPCIエクスプレス変換アダプター。ミニSASのようなコネクターを搭載。この先に何らかのボードを収納するボックスを接続して使用するようだ。

■エクスプレスカード/34リーダー

120605_tbst

 Bplusのエクスプレスカード/34リーダー。カードサイズでコンパクト。モデムカードなどをサンダーボルトで使うときに重宝しそうだ。

■ポートリプリケーター
 サンダーボルトの10Gbpsという帯域を生かしたポートリプリケーター。

120605_tbst
120605_tbst

 昔は日本でもビデオカードがはやったMatrox製品。有線LAN、DVI出力、USBハブ、オーディオ入出力が使えるようになる。

120605_tbst

 Belkin製の製品は、eSATA、FireWire800、有線LAN、USB3.0×3とオーディオが使える。デイジーチェーンにも対応。

 ほかにも会場でサンダーボルト製品を見つけたら追ってお伝えする予定だ。


■関連サイト
COMPUTEX TAIPEI

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking