2012年04月26日19時30分

富士通が既存のスマホなどで簡単に3D映像が撮れる技術を開発!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
120426_FUJITSU

 富士通研究所は4月26日、スマホや携帯にアタッチメントを装着するだけで、気軽に3Dの映像が撮れる技術を開発したと発表しました。

120426_FUJITSU

 このアタッチメントを装着して撮った映像を“クラウドで変換処理する”ことにより簡単に3D化!

 最近は、3Dに対応した画像共有サイトなどが増えています。ユーザー自身が3D写真や動画を撮れれば、さらに楽しめるはず。そのための撮影機器が求められていると考えての開発だそうです。

120426_FUJITSU
120426_FUJITSU

 左右用の画像をアタッチメントで撮ると歪みが出るそうです。それを、ひとつの撮像素子へ取り込み、独自の映像処理技術で補正をかけると3Dになるとのこと。映像処理をクラウド上で行なうことで、手元のスマホに専用ソフトを入れて重い処理を実行させる、といったことをせずに作成できるのがポイントです。

 今後は、撮って楽しむ用途以外に、距離の測定や、寸法、形状の測量などに活用できる技術開発を検討していくとのこと。進化する技術に注目です。

■関連サイト
富士通研究所

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking