2012年04月13日12時26分

RIMインタビュー「BlackBerry Bold 9900の反響にとてもハッピー」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 リサーチインモーションの日本・韓国担当マネージングディレクターのノーム・ロー氏が香港から来日。ドコモが発売したばかりの『BlackBerry Bold 9900』や日本未発売の話題のモデル、そしてGALAXY Noteについても話をききました。

RIMインタビュー

――3月30日にドコモが発売した『BlackBerry Bold 9900』は売れ行き好調のようですね。こんなに受けると予想していましたか?

ロー もちろん。昨年秋に発売してから、世界的によく売れていましたから。発売から数週間で法人やドコモから来たフィードバックによると、「これこそ待っていた端末だ」という反響だったようです。今後数ヵ月間、このテンションを保ち続けるようにしなければなりませんが。

――現在は需要に供給が追いついていないようですが、いつごろ解消されそうですか?

ロー あと1週間ぐらいで解消できると考えています。BlackBerry Bold 9900は企業向けだけでなく、コンシューマー向けでもあるので、ドコモショップとそれ以外の販売網すべてに対して供給していけるように取り組んでいます。いまは毎日毎日出荷している状況なんですよ。

bbb9900

↑ドコモが販売する『BlackBerry Bold 9900』。ショップに
よっては入荷の10倍を超える
予約があった模様。

――海外での状況はいかがでしょうか? 日本にはないモデルも販売していますよね。

ロー ほかの国では、ストレート型キーボード搭載の“Bold”(ボールド)のほかに、エントリー向けの“Curve”(カーブ)やスライド式キーボードを搭載した“Torch”のシリーズを展開しています。
 最近BlackBerryの市場が急速に拡大している東南アジアでは、テキストメッセージのやりとりがとても一般的です。「BlackBerry Messenger(BlackBerry端末同士で使えるメッセンジャー)が使えればいい」ということで、タッチスクリーンには興味がなく、キーボードとトラックパッドで操作するCurveが売れています。世界的にも、Curveシリーズがいちばん売れているんです。
 キーボードがなくフルタッチのモデルもありますが、これまではできがあまりよくなかったので、次期OSの“BlackBerry X(テン)”でタッチの操作性を改善していこうと考えています。

――東南アジアといえば、タイのバンコクやインドネシアのジャカルタに昨年BlackBerry専門店をオープンしましたよね。読者から「日本でも『BlackBerry LifeStyle Storeを開く予定はありませんか?」という質問を受けているのですが、いかがですか?

ロー BlackBerryは東南アジア市場ではものすごく一般的で、われわれは今年4000のブラックベリー専門店をオープンする予定です。タイのバンコクやインドネシアのジャカルタに昨年できたBlackBerry LifeStyle Storeは規模も大きく、美しいショップに仕上がりました。ここに若い女性も男性も集まってくるんです。壮観ですよ。

RIMインタビュー RIMインタビュー

↑昨年9月にタイ・バンコクでオープンした『BlackBerry LifeStyle
Store』。端末のほかアクセサリーなどを販売している。

――それらの国に比べると日本は販売数が少なく見えますが、日本市場の魅力は何ですか?

ロー やはり経済力がある点です。日本では4500もの企業がブラックベリーを使用している、とドコモからきいています。それだけの企業がBlackBerryのメッセージングの利便性やセキュリティー性の高さを信頼して使っているんです。

――ところで、最近、メーカーやキャリアが独自のクラウドサービスやアプリを提供するケースが増えてきています。RIMもブラックベリーユーザーにそういったサービスを提供する考えはありませんか?

ロー 北米では『BalckBerry Travel』(航空券やホテルを検索、予約アプリ)、『BlackBerry Traffic』(音声ガイド機能もある交通案内アプリ)などのアプリを無料で提供しています。『MobileFusion』(iOSとAndroidを含めて端末を管理するアプリ)、『BlackBerry Balance』(仕事関連のデータとプライベートのデータを分割して管理可能にするアプリ)なども、有料ですがRIMが提供しているアプリやサービスです。BBM上の友人と音楽のプレイリストを共有し、欲しい曲の購入もできる『BBM Music』も、有料サービスですが提供しています。
 日本では、総合セキュリティーアプリの『BalckBerry Protect』を無料で利用可能です。また現在、カレンダーアプリ『Roco Cal』を無料でダウンロードできるキャンペーン中です。

――これも読者からの質問です。「ポルシェデザインの『P'9981 smartphone from BlackBerry』を日本で出す可能性は?」

BlackBerry Bold 9981

ロー お答えできませんが、ポルシェに興味ありますか?

――ええ、とても。周囲のクルマ好きの男性数人も「これは欲しい」と言っていました。

ロー そうですか。でも2000ドル(約17万円)もするんですよ?

――VERTUに比べたら安いですよね(笑)。販売国での売れ行きはいかがですか?

ロー 売れているのは中東です。でも、万の単位まではいきません、数千の単位です。それほど売れていない国では数百の単位ですね。

――日本でもそれくらいは売れると思いますよ。ところで現在、韓国や中国ではGALAXY Noteが非常に受けていますね。BlackBerryとは、ある意味対極にあるような端末ですが、これについてどう思いますか?

ロー タッチスクリーン端末の選択肢としてはアリだと思います。画面が大きくスタイラスもある。しかしそれは、われわれがBlackBerryでしている価値提案とは異なります。BlackBerryを選ぶ人は、工業デザインとしての美しさや、タッチスクリーンだけではなくキーボードがあるという理由で購入しています。われわれはこの特徴を今後も最大限アピールしていきたいと思っています。

 

 ……ロー氏は18日に来日、20日にはもう香港へ帰らなければならないというハードスケジュールとのこと。せっかくこの季節なのに桜を楽しむ時間もないそう。BlackBerry Bold 9900が日本でも成功して次期モデルの発売が決定したら、またゆっくりお話しをうかがいたいと思いました。ありがとうございました。

RIMインタビュー

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking