2012年04月05日20時13分

爆速SSDが新型コントローラーを採用!OCZ『Vertex 4』発表!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 OCZ Technologyの新型SSD『Vertex 4』が発表されました。前モデルの『Vertex 3』は現在でも最速クラスのSSDで、発売直後は即売り切れという人気モデルでした。性能に大きく左右するコントローラーは、安定した性能で定番のSandForce製『SF-2281』を採用していましたが、『Vertex 4』ではあえてIndelinxを採用してきたところが注目ポイント。実使用での性能は追ってお伝えします!

Vertex 4

 Indilinxの最新コントローラー『EVEREST 2』を搭載し、512GB版の順次読み込みは毎秒最大535MB。4Kランダム読み込みが最大9万5000IOPS、ランダム書き込み時は最大12万IOPSと、特にランダム書き込み性能が前モデルVertex 3と比べて4倍ほど向上しています。なお順次書き込みは、最大毎秒475MB。4Kランダム書き込みは8万5000IOPS。
 データの圧縮性に関係なく、実使用での高いパフォーマンスを重視しているとのこと。

Vertex 4

 NANDフラッシュメモリーの耐久性や信頼性を向上させる『NDurance 2.0』に対応し、5年間の長期保証も実現しています。

『OCZ Vertex4』
●OCZ Tecnology(販売:アスク)
関連サイト

・128GBモデル 1万6800円前後(4月中旬発売予定)
順次読み込み最大535MB、書き込み最大毎秒200MB

・256GBモデル 3万4000円前後(4月中旬発売予定)
順次読み込み最大535MB、書き込み最大毎秒380MB

・512GBモデル 7万円前後(4月中旬~下旬発売予定)
順次読み込み最大535MB、書き込み最大毎秒475MB

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking