2012年03月13日21時00分

ウインドー内を一気にジャンプ! ウィンドウズ7、スクロールバーの小ワザ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 なが~いウェブページや、大量のファイルが入っているフォルダーで、違う場所を見るために、「シャー!シャー!シャー!」ってものすごい勢いでマウスのホイールを回したりしてませんか? すみません、それは私です。
 ウィンドウズ7には、そんなことしなくても、もうちょっと楽に画面内を移動できる方法があるのです。

shiftキー+余白クリックでスクロールバーの好きな位置に移動。

 スクロールバーの余白部分をクリックすると、普通は、1ページぶん画面がスクロールします。

Win7TIPS-スクロールバー1
↑矢印で示されたピンク色の部分が、ここでいう“スクロールバーの余白”。

 ところが、shiftキーを押しながら、余白部分をクリックすると……。

Win7TIPS-スクロールバー2
↑左画面は、たんに余白をクリックした場合。画面が1ページスクロールし、スクロールバーが少し下に移動します。右画面はshiftを押しながら余白をクリックした場合。スクロールバーがマウスカーソルの位置まで移動し、画面のほうもそれに合った位置までスクロールしました。

 

スクロールバーを右クリックでジャンプメニュー

 スクロールバーを右クリックしてみましょう。

Win7TIPS-スクロールバー3
↑スクロールバー上のどこでもいいので右クリックしたときのメニュー。

 “ここにスクロール”は、上記のshift+余白クリックと同じ動きですが、キーボードに手を伸ばさなくても、マウス操作だけでできるのがポイントです。
 “最上部”または“最下部”は、スクロールバーが一番上や一番下にジャンプ。Homeキーやendキーを押したときと同じ動きです。
 “前のページ”、“次のページ”は、上でも書いたスクロールバーの余白を(shiftキーを押さないで)クリックするのと同じ。
 “上にスクロール”、“下にスクロール”は、スクロールバーの上端下端にある▲or▼ボタンを押したのと同じです。
 なお、この右クリックメニューは、エクスプローラーやメモ帳、エクセルなどマイクロソフト製ソフトだけの仕様のようです。

 まぁ、ふだんはマウスのホイールボタンをくるくる回したり、スクロールバーをつかむようにしてドラッグしたほうが早いかもしれません。ですが、フォルダー内にファイルが多い場合、スクロールバーがつかみづらいくらい小さくなってしまうことがあります。そんなときは、shift+余白クリックや、このスクロールバー右クリックを思い出してあげてください。

この記事は、昨年(2011年)6月30日で終了した『週アスコミュニティβ』内の“Windows7の部屋”に書いた記事の転載です(一部修正・加筆あり)。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking