2012年03月11日18時00分

50年前のグルメガイドで名店めぐりしたら? タイムマシンみたいな一冊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 こどものころ連れていってもらったレストラン、部活帰りに友達と通ったラーメン屋、レポート書きで入り浸ったファーストフード。久しぶりに行ってみたら、外装や内装が少し変わっているけれど、今もお店は残っていた……。

 時の流れに驚き、変わらぬ姿を懐かしむ、そんなタイムスリップ感を楽しみながら、東京の美味しいお店がわかってしまうという本のご紹介です。書名は『昔のグルメガイドで東京おのぼり観光』。

昔のグルメガイドで東京おのぼり観光

 これはどういう本かというと、50年前に刊行されたグルメガイドをたよりに、東京の名店を“今”実際にめぐってみたというもの。ネットでおなじみのいわゆる「やってみた」系企画です。
 もともとは@niftyのポータルサイト『デイリーポータルZ』で公開された記事で、人気のあまり書籍になってしまったとのこと。ウェブ記事から本になった、なんて聞いたら週アスWeb担当としても気になります。読んでみたところ、これは確かにおもしろい。

「50年前に150円だった野菜カレーは現在1200円、当時250円だった海老カレーは現在1400円になっていた。」

 という具合に、昔のガイドブックに書かれた値段と現在の値段や、お店の外観写真の新旧などが比較されていきます。昔と同じメニューを提供しているというお店が多いようで、50年続く味を楽しむことができたというパターンです。50年前調理場にいた方が今でもいた(!)というエピソードもなかなか味わいがあります。
 構成は全三章立てで、銀座の名店、ごはんもの、甘味処という分類。全20件のお店が紹介されています。
 著者の地主恵亮氏は1985年生まれとのこと。週アスPLUS読者には世代の近い人も多いので、共感しつつ読み進められるでしょう。

 まえがきにある「50年という時間を経て残っているお店の料理は、絶対に美味しいはずだ。」という一文のとおり、本書のお店にはハズレはなさそうです。ぐるなびや食べログのように、グルメサイトは多々ありますが、たまにはこういう視点の本を片手にお店を選ぶのもいいですね。

■関連サイト
@nifty:デイリーポータル Z

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking