2012年02月28日19時30分

MWC2012:教えて山根博士! GALAXY Note 10.1とGALAXY Beamはホントに買いなの?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 サムスンブースは右も左もGALAXY Note、という展示内容で、スタイラスペン操作の利便性を大きくアピールしていた。

GALAXY Noteがメインのサムスンブース
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース
これがGALAXY Note 10.1
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 MWC2012に合わせて発表された新製品が『GALAXY Note 10.1』。5.3インチモデルのGALAXY Note同様、専用スタイラスペン“S Pen”を利用して専用アプリケーションに書き込みができるほか、ディスプレーをペンでクリックしてスクリーンキャプチャを撮り、ペンで書き込むことも可能だ。

S Penで書き込みが自由にできる
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 このS Penは開発ツールも提供されているので、サードパーティーの企業が対応するアプリケーションを開発することができる。ブース内にはS Penに対応したドローアプリや写真加工アプリなども展示されていた。

厚みは8.9ミリと薄さをキープしている
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 GALAXY Note 10.1の本体サイズは256.7×175.3×8.9ミリ。同じディスプレーサイズで日本でも発売されているタブレットモデル、GALAXY Tab 10.1よりわずかに厚いだけでフットプリントはほぼ同等。

OSはAndroid 4.0
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース
日本語ロケールも標準だが日本での販売は未定
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 搭載するOSはもちろん最新のAndroid 4.0。同OS上でもS Penの操作が可能である。また日本語ロケールも標準対応しているものの、ブース担当者によると日本市場での発売は未定とのこと。

現行のGALAXY Noteも展示
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース
両モデルのサイズを比較(※手前が10.1モデルのS Pen)
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 またブース内にはすでに発売中のGALAXY Noteも多数展示されていた。両者はディスプレーサイズは倍程度の違いだが、本体の大きさはそれ以上に差がある。

 また付属のS PenもGALAXY Noteが本体収納式の細いものなのに対し、GALAXY Note 10.1はより太く、実際のボールペン程度の使いやすいサイズになっている。

S Penやキーボードなどのアクセサリーも展示
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース
GALAXY Noteはカラフルなカバーも
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 ほかにはGALAXY Noteを活用するためのアクセサリー類もたくさんの種類が展示されていた。特にGALAXY Noteのカバーはカラフルなものやデザインバリエーションなど種類が豊富。

 製品ターゲットはビジネス層だけではなく、一般ユーザーも視野に入れているということなのだろう。

プロジェクター内蔵のGALAXY Beam
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース
本体の厚みは12.5ミリに抑えてある
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 またもうひとつの新製品は、プロジェクター機能を搭載したGALAXY Beam。プロジェクター内蔵を思わせないフラットな本体デザインとなっている。

 本体サイズは124×64.2×12.5ミリ。重量は145グラムと若干重いものの、2000mAhの大容量バッテリーを搭載している。

 1GHzのデュアルコアCPUを搭載し、ディスプレー解像度は800×480ピクセル。OSはAndroid 2.3。

本体上部にプロジェクターを内蔵
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース
プロジェクターは15ルーメンの明るさ
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 本体上部に内蔵されているプロジェクターは、明るさ15ルーメン、解像度640×360ピクセル。プロジェクターからはGALAXY Beamのあらゆるディスプレー表示をそのまま照射できる。

 たとえば映画や写真だけではなく、プレゼンテーションの投影も可能とのこと。

専用アプリでコントロール
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース
連続で最大3時間の投影が可能
GALAXY Noteをアピールするサムスンブース

 プロジェクターのコントロール用には専用アプリがプリインストールされており、プロジェクターのオンオフ操作などを一括コントロールできる。またプロジェクターの投影時間は連続で3時間とのことだ。

バルセロナで開催されるモバイルの祭典Mobile World Congressを最速レポ
週アスPLUS:MWC 2012 最強まとめ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking