2012年02月08日11時00分

往年の名機オリンパス“OM”を継ぐマイクロ一眼『OLYMPUS OM-D』を発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

『OLYMPUS OM-D E-M5』
●予想実売価格 13万円前後(レンズキット)
●3月下旬発売予定

OM-D

有効1605万画素の新型4/3型Live MOSセンサーに、新画像処理エンジン“TruePic VI”を採用し、高画質と高感度を狙ったマイクロフォーサーズ機。

OM-D
↑レンズを外したところ。121(W)×41.9(D)×89.6(H)mmで重量は約425g(撮影時)。
OM-D
↑手ブレ補正機構のユニット。

デザインはフィルム一眼の“OM-1”を踏襲し、防塵・防滴のマグネシウム合金の頑強ボディー。サイズは『E-P3』よりもひとまわりほど大きい感じ。

OM-D
↑基板はこんな感じで内蔵。
OM-D
↑『E-5』同様に、各所にシールドを施した防塵・防滴構造を採用。

144万画素のEVF内蔵や、そのEVFを使った“クリエイティブコントロール”を搭載。さらに、5軸に対応する新手ブレ補正機構、世界最速のAFなどを備える。

OM-D
↑これまでの2軸(1、2)に加えて、水平/垂直の並進(3、4)、ロール(5)の手ブレに対応。
OM-D
↑3インチの有機EL(約61万ドット)を採用。
OM-D
↑バリアングルで、上約80度、下約50度まで角度調整が可能。
OM-D
↑カラバリのシルバー。

これぞカメラ! という外観に最新技術をギューっと詰め込んだ玄人好みの逸品だ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking