2012年02月07日01時00分

SandForceに25nmフラッシュ採用!! インテルSSD 520シリーズデビュー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
SandForceに25nmフラッシュ採用!! インテルSSD 520シリーズデビュー

 インテルの最新SSD 520シリーズはフラッシュメモリーが25nmプロセスで製造され、コントローラーにはSandForce製“SF-2281”を採用している。

SandForceに25nmフラッシュ採用!! インテルSSD 520シリーズデビュー

 容量は60GB、120GB、180GB、240GB、480GBをライアンアップ。価格はそれぞれ、1万2400円前後、1万9600円前後、3万1500円前後、4万4400円前後、8万7800円前後となる。なお、マウンターなどが付属しないバルク版は各容量1000円安となる見込みだ。

 気になるその実力だが、現在のSSD市場ではSATA3が主流となっており、なかでも安さでA-DATAのAS510シリーズ、速さでCrucial m4シリーズが人気だ。そこで、SSD 520の前モデルとなるSSD 510も含め、激戦区の120GBクラスで比較してみた。

■検証環境
CPU:インテル『Core i7-2700K』(3.5GHz)
マザーボード:ASRock『Z68 Extreme7 Gen3』(Intel Z68)
メモリー:PC10600 DDR3 2GB×2
グラフィックボード:RADEON HD7970
OS:Windows7 Ultimate SP1(64ビット)

インテルSSD 520(120GB) インテルSSD 510(120GB)
SandForceに25nmフラッシュ採用!! インテルSSD 520シリーズデビュー SandForceに25nmフラッシュ採用!! インテルSSD 520シリーズデビュー
Crucial m4(128GB) A-DATA S510(120GB)
SandForceに25nmフラッシュ採用!! インテルSSD 520シリーズデビュー SandForceに25nmフラッシュ採用!! インテルSSD 520シリーズデビュー

 SandForce製コントローラーの“圧縮可能なデータの場合に高速になる”という特性を見極めるため、ベンチマークソフト『AS SSD』で計測した。

 結果、書き込み速度は、やはり多くのSandForceコントローラー採用SSDと同様、圧縮可能なデータが多ければ多いほど、高速化する傾向にあり、Zipなど元から圧縮しているようなデータが多い場合の速度は公称値(最大毎秒500MB)には遠い値となる。

 Marvell製コントローラーを採用している前モデルSSD 510と比べ、読み込み性能は最大毎秒550MB(公称値)だけあって順当に高速化しているが、書き込みは作業によっては速いというレベルに落ち着いている。

 しかし、画像編集ソフトなどの実行速度やインストール速度などを測ってみると、Crucial m4をも超える速度を体感できる場合もあった。詳しくは今週号の週刊アスキーをチェック!

■関連サイト
インテル

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking