2012年02月06日08時31分

スーパーボウル XLVI (5) 試合直前! スタジアムの周辺はお祭り騒ぎ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 いよいよ第46回スーパーボウルの当日、天候は2月のインディアナポリスとしては異例なほど穏やかな晴天に恵まれた。

SB46_gameday_01
ふだんはコルツの本拠地であるルーカスオイルスタジアムも、今週ばかりはペイトリオッツとジャイアンツの装飾で飾り立てられる。。
SB46_gameday_02 SB46_gameday_03
スタジアム前の通りが、ジャイアンツ通りに改称されていた。通りを表わす「Drive」はもちろん、攻撃ドライブをもじっている。 交差する道は、ペイトリオッツ通りに改称。小径を表わす「path」はもちろん、パスをもじっているのだ。

 今回はペイトリオッツが勝つのかジャイアンツが勝つのか、メディアの予想は大きく割れている。街を行くファンを見ても、両チームの応援は同じくらいの雰囲気だ。

 街の様子は、とにかくにぎやか。マイアミなどに比べて街がコンパクトなことに加え、今回はスタジアムもダウンタウン中心部に立地。さらに NFL エクスペリンスをはじめとするイベントや催し物がダウンタウンに集中しており、中心部の賑わいは相当なものだ。

SB46_gameday_04 SB46_gameday_11
NFL中継でおなじみのピザチェーン、パパジョーンズは、地元の英雄ペイトン・マニングを広告に起用。左はジェローム・ベティス、右はパパジョーンズのCEOだ。 試合当日のダウンタウン。写真ではわかりづらいが歩道を人が埋め尽くし、すごい賑わいだ。天気も2月のインディとは思えない晴天に恵まれ、なかには半袖姿の人も。
SB46_gameday_05
スタジアムに隣接する「Superbowl Village」は連日このにぎわい。今回は NFL エクスペリエンスをはじめ、多くの施設やイベントをダウンタウンに集めている。
SB46_gameday_06 SB46_gameday_07
NFL エクスペリエンスのなかには巨大なショップが登場。レジだけで20台以上並んでいた。 本部が入っているホテルの外壁には、見上げるような巨大な装飾が。ダウンタウンに近づくハイウェイからも観ることができる。

 実際、この週末はとくに夜の混雑がすさまじく、ダウンタウンはどこに行っても繁華街並みのにぎわい。中心部は道が閉鎖されており、クルマは迂回を余儀なくされるため、渋滞も酷い。

 そんななか、著名選手や元選手が出演するイベントやパーティーもダウンタウンを中心に開かれるため、会期中にもダグ・フルーティが街を歩いているのを見るなど、まさにお祭り騒ぎだ。

SB46_gameday_20
スタジアム周辺の駐車場はなんと 80 ドル! 1kmくらい歩くところまで離れてやっと 25 ドルまで下がる。

 ここインディアナポリスは毎年、40万人の観客を集める世界最大級の自動車レース『インディ500』が開催されるため、巨大イベントには慣れているはず。だが地元の人に聞くと、ダウンタウンにこれほど人がいるのを見るのは初めてだと驚いていた。

 スタジアムに足を踏み入れると、そこはもう興奮の真っ只中。とくにフィールドに選手が現われるときの歓声は、ぜひ一度は体験してもらいたいほどの迫力だ。

SB46_gameday_12
午後4時過ぎのルーカスオイルスタジアム。この時間だとまだ、球場の外でテールゲートパーティー気分に浸っている人も多い。
SB46_gameday_13 SB46_gameday_14
スタジアムの入り口。もちろんほとんどのファンはジャイアンツかペイトリオッツのアパレルを身に着けている。 ビールを巨大なカートで売りに来ていた。ビールはスーパーボウル特製のボトルで売られており、これだけでも記念品になりそうだ。
SB46_gameday_15
試合2時間前のスタンドはまだガラガラ。これでも1万人くらいは入っており、アナウンサーが声援を要求すると、ものすごい音量の歓声が鳴り響いた。
SB46_gameday_16 SB46_gameday_17
今回の試合中継は NBC が担当。この時間帯のゲストは元カウボーイズの殿堂入り WR マイケル・アーヴィンだった。 スタジアムの中には数々のレーシングカーが展示。スタジアムのスポンサーであるルーカスオイルはレース用オイルの大手なのだ。

 興奮は記者席にも充満。数千人のメディアが世界中から集まっており、記者の左は中国系メディア、右はイタリアメディアだ。左の記者のパソコンを見ると「超級盃」(スーパーボウル)という文字を確認できた。彼の原稿によると、数千人のセキュリティのおかげで超級安全なのだそうだ。

SB46_gameday_18
記者席からの眺め。観客席にはおそらく30度ほどの角度がついており、下を見おろすと転げ落ちてしまいそうな錯覚に襲われる。
SB46_gameday_19
両チームの選手がフィールドで練習を開始。ペイトリオッツのキッカー、ゴスコウスキーは、55ヤードの FG をきっちり決めていた。

 さあ、まもなくキックオフ。我々も超級盃の超級興奮を味わおうではないか!

SB46_gameday_08
メディアセンターに飾られていた、レゴブロック製のルーカスオイルスタジアム。かなり忠実に再現しているのがすごい。
SB46_gameday_09 SB46_gameday_10
屋根には選手のサインが。中央右のアダム・ヴィナティエリはひと目でわかるぞ。 レゴ製スタジアムの内部をアップで。とにかくよくできてるんです。

●関連サイト
NFL JAPAN 公式サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking