2012年01月10日05時16分

【実機写真】ファーウェイの1.5GHzDCスマホ『Ascend P1』はどこまで薄い?:CES2012

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Huawei Ascend P1

 Huaweiは1/9(現地時間)、CES2012のカンファレンスにてグローバル向けのハイエンド端末となる『Ascend P1』および6.68ミリで世界最薄の『同 P1 S』を発表した。
 P1とP1Sは基本的にまったく同じ仕様で、厚みだけが異なる(バッテリー容量も変更なし)。取材した限りでは、各国キャリアと話を進めているのは基本的にP1ベースで、現状P1Sについては「ここまで薄いものがつくれる」と見せるためのモデルになっている。とはいえ、スリムさを強調したデザインは、P1でも7.69ミリと十分に薄く、率直に言ってデザインもよくできている。

Huawei Ascend P1
↑Galaxy S II(手前)と比較。S IIは8.9ミリで、P1より1ミリ強厚い。実際のサイズ感以上にエッジの取り方の妙でAscend P1のほうがスマートに見える。
ディスプレー 4.3インチAMOLED(960×540ドット)
チップ OMAP4460(CPU Cortex-A9 1.5GHz DualCore、グラフィック SGX540)
カメラ リア:800万画素(Dual flash LED) フロント:130万画素
動画撮影 リア:1080p、フロント:720p
無線 IEEE802.11b/g/n、Bluetooth3.0HS
対応バンド UMTS/HSPA+ 850/900/1700/1900/2100MHz
UMTS 850/900/1900/2100MHz
バッテリー 1670mAh
メモリー 1GB RAM、4GB ROM
センサー 近接センサー、環境光センサー、加速度センサー、電子コンパス、ジャイロ
インターフェース HDMI、イヤホン
本体カラー メタリックブラック、セラミックホワイト、チェリーブロッサムピンクほか
OS Android4.0 Ice Creame Sandwich
サイズ/重量 64.8(W)×7.69(D)×129(H)mm/重量未定

 

 仕様は2012年、Android4.0時代に相応しい最新仕様で、SoCはOMAP4460(=プロセッサはCortex-A9の1.5GHz)。OMAP4はAndroid4.0の開発ベースになっているため、OSとの親和性の高さや、今後のバージョンアップなどに関しても有利だ。ディスプレー表面はコーニングのゴリラガラスを採用する。

 会場で短時間触った限りだが、動作に不安なところはなく、かなりサクサク動く。画面はほぼAndroid 4.0そのままだが、これはまだ登場して間もないOSというこで致し方ないところだろう。おサイフなどの国内向け機能は別にして、グローバルスマホとしてはデザイン面でも十分満足いく仕上がりだ。
 発売は、ヨーロッパ、アジア、北米、オーストラリア、中東、中国の地域で2012年4月から開始予定としている。日本での展開は未定だが、対応バンドからすると日本での発売は十分に可能。4月=春モデルでどこかのキャリアから発表になることを期待したい。

Huawei Ascend P1
↑中央がHuawei DeviceのチェアマンでHuawei Technologiesのチーフストラテジー&マーケティングオフィサーのリチャード・ユ氏。
Huawei Ascend P1
↑中央はチェリーブロッサムピンクで、この端末のみP1 Sとのこと(ブラックとイエローはP1)。見た目には、P1もP1Sもまったく違いがわからないほど。実際にもこういう色で、ピンクというよりはメタリックなあずき色という印象。ブラックは、カーボン調のテクスチャになっていた。
Huawei Ascend P1 Huawei Ascend P1
Huawei Ascend P1 Huawei Ascend P1
Huawei Ascend P1
↑会場で展示してあった純正カバー。こういったものをメーカー自身が用意するのも、最近のデザインにこだわった端末ではトレンドだ。
Huawei Ascend P1
↑システム設定画面を表示したところ。OSバージョンは4.0.1とある。

ces2012まとめ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking