2011年12月30日18時00分

スケヲタ竹子のフィギュアスケート全日本選手権レポ【3日め・女子フリー】

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 実は、スマホよりなによりフィギュアヲタの竹子です。こんにちは。

 12月23日~25日に大阪・なみはやドームで開催された全日本選手権のディープなレポートをお届け中!

 「全日本選手権てスゴいの? エラいの?」と質問されたのでお答えします。世界レベルの選手にとっては、年に1回3月に行なわれる世界選手権の代表権を懸けた試合です。世界選手権の代表枠は、男子3名、女子3名、ペア2組、アイスダンス1組。日本の男子シングルと女子シングルは世界トップレベル。世界選手権出場の切符は熾烈な奪い合いになります。
 世界レベルの選手以外には、全日本選手権が最高で最大の舞台になります。ですから、皆この試合を目標に、技術と表現の完成度を高めてきます。下位の選手でも、ノーミス神演技を披露して感動させられることが毎年あるんですよ。

 だから、テレビや新聞がとりあげない選手の演技について、積極的にご紹介していきたいと思いまつ!

 ※以下、スケオタ以外にはイミフな内容かと思います。ご容赦ください。

フィギュアスケート

 大会最終日の第三日は、女子のフリーなどが行なわれました。
 印象に残った選手の演技を滑走順にご紹介します。

長谷川奏選手(東洋大学1年、曲は『パリのアメリカ人』)
 ジャンプは3Lo回転不足、3T-2T-2T、2A、2Lo、2A-2T、3Tステップアウト-1T、2F。大きいジャンプに関心しました。動きは荒削りだけど元気いっぱいで、ストレートラインステップの動きが大きく魅力的でしたよ。

中村未夏選手(小松原女子高校3年、曲は『The Mask Of Zorro』)
 ジャンプは3T-2T、3S-2T-2T、3Lo、1A、3S、2T、1A。トリプルサルコウをお手本みたいにきれいに跳ぶのね。高さがあり流れもあり、スムーズで安定していました。ジャンプが失速した感ありますが、スケーティングのスピード自体はそれほど落ちず、プログラム構成全体はバランスよくできていたと思います。

宮原知子選手(中学2年、曲は『Mother Goose Suite』)
 ジャンプは3Lz-3T、3Lo、3F、3S、2A-3T、3Lz-2T-2T、2A。ノーミス、パーフェクトで観客半分以上がスタンディングオベーション。この日会場が最高に盛り上がったのは、実は真央ちゃんでもあっこちゃんでもなく、第2グループで滑ったこの宮原選手の演技でした。
 ジャンプの回転不足はほぼないし、3Lzと3Fの跳び分けができている。2A-3Tを演技開始後3分も過ぎてから決めたときには、会場から低いうなりのような大きなどよめきが起きました。スケーティングも滑らかで伸びます。
 キャッチーな曲でなく伝えたいことがイマイチわかりませんでしたが、細かい音を拾って表現できていました。

 宮原選手は第2グループでの滑走。フジテレビはカメラを回していませんでした。
 第1、第2グループには、必ず毎年こういう伝説の神演技があります。下位だからといって最初から録画しない姿勢は納得いきません。別に実況解説なんていらないのです(むしろ不要)、ただ会場音を録画してたれ流してくれればいい。
 来年以降も放送権を持ち続けるのなら、改善を強く求めます。

國分紫苑選手(関西大学2年、曲は『Red Violin』)
 ジャンプは1Lz、3F転倒、3Lo、2A、3T、1T、2A-2T-2Lo。6分間練習では3Lzが跳べていたのですが……。今回はジャンプの回転がすべてギリギリのように見えました。
 表現力と演技力はさすが。ストレートラインステップは、入るところからまるで役になりきっているようで、ゾクゾクしました。音に合わせたメリハリある動き、タメ、情感はピカイチ。ずっと見ていたい、と思いました。応援してまつ!

鈴木真梨選手(東北福祉大学2年、曲は『シェルブールの雨傘』)
 ジャンプは3Lo、2T-2T、2A、2T、2Lo、2A-2T、2F-2T。シメのエレメンツはレイバックスピン。これが速度もポジションもすんばらしかった。
 曲も振り付けも表現もいいのだから、ジャンプを決められないのがもったいない……。

庄司理紗選手(中学3年、曲は『Legends of the Fall』)
 ジャンプは3S-3T-2T、3Lz、2A-3T、3F、3Lo、3S、2A-2T。ノーミスですが、ジャンプが少し回転不足で着氷時に氷上で回転してしまう(グリ降り)場面が見られました。
 エレメンツとエレメンツの間のつなぎや振り付けに工夫があり、自然な流れの中でまるで振り付けのひとつのようにジャンプを跳ぶので、4分間があっという間でした。それほど大胆な振り付けがあるわけではありませんが、全体が美しい作品に仕上がっていました。
 ただし、ストレートラインステップはもっと動きが欲しい。エキシビションでは大きく大胆な動きを入れたステップをふんでいるのだから、できるはずです。来年のプログラムに期待します!

友滝佳子選手(岡山理大附高1年、曲は『サムソンとデリラ』)
 ジャンプは3Lo-2A、3F-2T-2Lo、3Lz転倒、3T、3Lo、3S、2A-2T。最初のジャンプが高くて、私のメモにただ「たっけー」と書かれています(笑)。3F-2T-2Loは、ダブルトーループでほとんど流れが止まってしまったのに、その場で力で跳んでダブルループを付けてしまいました。私の右側には小塚選手や佐々木選手、中庭健介君、宮本賢二さんなど男性の集団が座っていたのですが、この友滝選手の力技にどよめいていましたよ。

村元哉中選手(神戸ポートアイランドFSC、曲は『ラストエンペラー』)
 ジャンプは1F、3T、3S-2T、2A、3T-2T-2T、3S、2A-2T。お姉さんの小月選手と同じでジャンプに癖がなく、体のラインをきれいに出しますね。タンゴを大人っぽく演じられたと思います、演技力ありますねー。メイクと衣装も上品でステキです。

西野友毬選手(武蔵野高校3年、曲は『Piano Concert No.1/チャイコフスキー』)
 ジャンプは3Lz-2T、3Lo、3T、2A-2T、1Lz、3T-2T-2Lo、3Tお手つき-2T回転不足。グリ降りの癖はだいぶ解消され、回転不足は多少あるものの、ルッツをはじめいいジャンプを跳んでいました。ミスを最小限に抑えたと思います。
 音を拾い表現しようとする振り付けがイイ。昔とは違い、ホントに見違えるように表現力が付いたと思います。引き込まれました。

●浅田真央選手(中京大学3年、曲は『愛の夢』)
 ジャンプは2A、3F-2Lo、3Lz、2A-3T、3F-2Lo-2Lo、2S、3Loお手つき回転不足。
 6分間練習では、3Aを含むすべてのジャンプを完璧に決めていました。3F-2Loと3Lzには余裕があります。3Lzは完全なアウトエッジではありませんでしたが、高さと流れがあるいいジャンプ。それなのに、GOEにマイナス2を付けたジャッジがいることが信じられません。また、曲の後半のはじめに跳んだ2A-3Tも質のいいもの。回転不足の判定は厳しすぎる印象ですね。
 私も数年前に母を亡くしたので、つい自分の経験を思い出してしまいます。まだ演技途中なのにこみあげてくる涙を抑えるのに必死でした。今日のストレートラインステップもスパイラルも、いつもと同様にノビがありため息ものでした。
 真央ちゃんも観客も、私の右隣にいた男子選手達も皆ホッと安心した顔をしていたのが印象的でした。

今井遥選手(日本橋女学館3年、曲は『マイフェアレディ』)
 ジャンプは3T-3T、3Lz(フルッツ)、3F回転不足、3Lo、3S-2T-2T、3S-2T、2A。ジャンプにあまり余裕はありませんでしたが、3回転3回転のコンボや、曲の後半に2つもコンボを入れるなど、アグレッシブな構成がすばらしい。
 しかしそのわりに得点が伸びなかったせいか、本人はキス&クライで納得いかない表情でした。観客からも「なぜ低い?」という声が聞こえました。この経験をバネにしてほしいと思います。
 しっかし衣装は上品かつセクシーでステキですね。曲は、ジャズアレンジではなく、ふつうにオーケストラのマイフェアレディのほうが合っていたのでは……。キャッチーな曲でわかりやすい表現をしたほうが得点は伸びると思います。ある程度の評価を受けるようになるまでは。

 以上で、全日本選手権の演技レポは終了です。地上派では特定の選手しか放送しませんが、BSとCSではより多くの選手のステキな演技を放送します。この年末年始に番組が予定されてますので見てみてね!
 

2011フィギュアスケート全日本選手権 放送予定

[フジテレビONE(CS)]
12月30日 10時~12時 男子SP
       12時~14時 男子フリー
       14時~16時 女子SP
       16時~18時30分 女子フリー
       18時30分~20時30分 エキシビション
[BSフジ]※副音声は実況解説なし。
1月1日 14時~15時55分 男子SP
      17時~18時55分 男子フリー
1月2日 15時~16時25分 女子SP
      16時30分~18時55分 女子フリー
1月3日 16時30分~18時55分 エキシビション

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking