2011年12月30日17時00分

【SIMフリースマホと27日間世界一周 11】 最後の訪問地NYはSIMに優しくない国

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

【前回までのあらすじ】→日本を旅立ったライター中山は、タイ、ラオス、南アフリカ、ジンバブエ、ドイツ、クロアチア、ハンガリー、イギリスを経て、いよいよ最終地、アメリカに向かいます! 

※レポートは9月27日~9月29日時点のものです。

 西回りで地球を移動してきた世界一周旅行も、いよいよ最終訪問地のニューヨークです……が、私、アメリカってあんまり好きじゃないんですよ。好きじゃない理由は2つあって、ひとつは入国審査が厳しいこと。

 iPhoneが登場する数年前、ケータイを6台くらい持って入国しようとしたら、「これは何だ?」と聞かれて説明するのにひと苦労。ケータイもムダに持ってたわけではなく、日本用や各国の周波数に合わせて用意したら、結局その台数になってしまったわけで。結局なんやかんやと、荷物を全部出させられ、あのときの気分の悪さがいまだに心をざわつかせるんですよね……。

 それと、もうひとつが“ケータイやSIMを買いづらい国(=楽しくない)”ということ。アメリカは世界標準のW-CDMAから外れた規格を採用しているキャリアが多く、SIMフリー端末を持ち込んでも使えるキャリアが少ないのです。さらにW-CDMAもマイナーな周波数を使っていたり、キャリアでのSIMの購入も意外とめんどうだったりと、結構ハードルが高い。

 というわけで、アメリカだけ滞在する旅行であれば、日本のキャリアの定額ローミングを使うか、モバイルルーターをレンタルしたほうがラクチンです。

キャリア定額のローミングを使う方法
世界一周 アメリカ
↑日本のキャリアの定額ローミングは、各社ともおおよそ1日3000円弱。数日程度ならいいけど、長期間滞在するとかなり割高。
高速通信タイプのルーターを日本でレンタル
世界一周 アメリカ
↑グローバルデータなら、LTE対応のモバイルルーターを1日1580円でレンタルできる。エリア内なら高速通信が可能だ。

 この世界一周旅行記では、宿泊した国ごとにSIMを購入して、SIMフリースマホに差し換えながら使っていましたが、上記の理由でアメリカでは唯一、SIMを購入しませんでした。

 ではどうしたかというと、実は2011年7月にもニューヨークに来ていて、その時に購入したプリペイドのAndroid端末を再利用!

プリペイドタイプのAndroid端末
世界一周 アメリカ
↑LG電子の『Optimus V』。CPUのクロック周波数は600MHzのエントリーモデル。129.99ドル(約1万100円)で購入。
家電ショップで購入しました
世界一周 アメリカ
↑購入したのは、家電ショップの『RadioShack』。プリペイド端末は家電ショップ内で販売されていて、手軽に購入できるんですね。

 7月に購入したケータイは、Virgin mobileというキャリアのプリペイドプランを利用します。料金をチャージするためのカードはスーパーマーケットやコンビニなどで手軽に購入できます。

 ちなみに購入した際に、インターネット接続は“35ドル(約2730円)でつなぎ放題”のプランに設定していました。残高が0ドルだったので、40ドルぶんチャージしてしばらく待っているとプランが再開し、自動的に接続可能になりました。

チャージカード
世界一周 アメリカ
↑スーパーなどの一角に、こういったカードがぶら下がっているので、対応するキャリアのカードを購入すればオーケー。

 ニューヨーク滞在は24時間もなく、本当に1泊だけ。さらに飛行機はコンチネンタル航空を利用したため、ニューヨーク州のとなり、ニュージャージーにあるニューアーク国際空港に到着し、日本への出発も同空港なので、宿泊は空港隣接のホテルです。

ちょっと割高のホテル
世界一周 アメリカ
↑空港隣接のホテルなので、1泊1万5000円と割高。しかもインターネット接続は有料。アメリカは高級ホテルほどインターネット接続が有料なのでキツイ。

 さて。アメリカで使用するスマートフォンの準備も整ったので、街へ! 

 ニューアーク国際空港からニューヨーク市内へは、バスまたは鉄道で移動する方法があるんですが、バスのルートがイマイチわからなかったので、鉄道をチョイス……これが大失敗でした。

 まず列車が待てど暮らせど来ない。どうも何かのトラブルでダイヤが乱れているようです(入り口でアナウンスしてくれたらいいのに)。仕方がないのでバスに切り替えようと、改札でキップの払い戻しを頼むも「現金がないので払い戻せない。センターに問い合わせろ」の一点張り。あきらめてホームで列車を待つこと1時間……。

 やっと市内行きの列車が到着し、待ち合わせていたほかの乗客も喜んで飛び乗ったのですが、今度はこの列車が、少し動いては止まり、少し動いては止まり、結局電車の中に1時間以上缶詰に。市内に着いたときにはすっかり日が暮れていました。

電車のなかでひたすらツイート
世界一周 アメリカ
↑列車のなかに閉じ込められてしまったので、することもなくひたすら、ツイッターをいじってました。

 なんともしょっぱい最後ですが、これで今回の世界一周は終了です。

 宿泊した国は全部で11ヵ国。アメリカをのぞくすべての国で、SIMカードを購入して過ごしましたが、スマホで仕事先と連絡をとりあったり、テザリングでPCから情報を調べたりと、日本国内と同じように仕事ができました。

 日本にいないとできない作業もありますが、仕事をしながら、世界をあちこちフラフラするのは楽しいですね。

 また機会があれば、チャレンジしてみたいと思います。それではみなさん、よいお年を! Happy New Year!

●関連リンク
Virgin mobile
 

【編集より】
 SIMと共に旅する世界一周旅行記、いかがでしたか? 

 もし今後、行ってほしい国や、調べてほしい海外の通信環境などがあれば、ぜひ、この記事のRTか @yenma @konosukyoko あてにお知らせください。気が付くとふらりと海外に出かけてしまう中山氏が、あなたの代わりに調査してきてくれるかも!? (といっても自腹マイル旅行なのでお約束はできませんが^^)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking