2011年12月28日17時00分

【SIMフリースマホと27日間世界一周 10】 大都会ロンドンは自販機でSIMが買える?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

【前回までのあらすじ】→日本を旅立ったライター中山は、タイ、ラオス、南アフリカ、ジンバブエ、ドイツ、クロアチア、ハンガリーを経て、大都会イギリスへ向かいます! 

※レポートは9月25日~9月27日時点のものです。

 ザルツブルグから列車でミュンヘンに向かい、そこから飛行機でロンドンのヒースロー空港へと到着しました。
 ヒースローは世界的にSIMの買いやすい空港なんですよね。なぜかというと、“SIMの自動販売機”があるから!

SIMの自動販売機発見
世界一周 イギリス
↑空港内のあちこちで見つけました。それだけ需要があるんですかね。

 SIMを自動販売機で買えるということは、苦手な英語を話さなくても良いし、購入時にパスポートなどの本人確認証も必要ありません。早く、世界中の空港がこうなればいいのに!!

ThreeのSIMを購入
世界一周 イギリス
↑1GBのデータ通信が使える『3G SIM Ready-to-go』をチョイス。20ポンド(約2440円)です。

 インターネットへの接続に必要なAPNなどの項目は下記のとおりです。

 APN : three.co.uk
 ユーザー名:空白
 パスワード:空白

 データ専用SIMなので通話はできませんが、APNを設定するだけでインターネットに接続できました。このあたりの手軽さもいいですね。

 SIMも手に入ったので、Googleマップを頼りにホテルへ。ロンドンのホテル事情はあまりよくなく、シングルだと値段の割に狭い部屋というのが多いんですよね。案の定、今回宿泊した宿も狭いです。

部屋も机も狭い
世界一周 イギリス
↑小さなベッドで部屋は一杯。机も化粧机程度で、Macbook Airを広げたら余分なスペースはなし。これで8000円弱もします……。

 気を取り直して、街中を観光。ビッグ・ベンやウェストミンスター寺院などをひととおり見て回ったあとは、ウェストエンド地区に移動。

あれ……ちょっと傾いてる?
世界一周 イギリス
↑英国国会議事堂のウェストミンスター宮殿に併設されてる時計台“ビッグ・ベン”。最近地盤の関係で少しづつ傾いているらしい。
ロイヤルウェディングの開催地
世界一周 イギリス
↑2011年春にウィリアム王子のウェディングが行なわれた、ウェストミンスター寺院。威厳がありますね。
大好きなミュージカル『マンマ・ミーア!』を観劇
世界一周 イギリス
↑プリンス・オブ・ウェールズ劇場で公演中のマンマ・ミーア! 夏にニューヨークのブロードウェイでみたので、2度目になります。

 こういったミュージカルや舞台の観劇は好きなんですが、実はどうも大都会というのは肌に合わなくて……というか、ロンドンはよく言われているように、なんといっても食事がいまひとつ。

 朝食は“イングリッシュ・ブレックファスト”なのですが、あまり心躍る食事ではないですね。

“イングリッシュ・ブレックファスト” ステーキはそこそこの味
世界一周 イギリス 世界一周 イギリス
↑ホテルに付いていた朝食。玉子とベーコン(orソーセージ)、豆が基本。 ↑ステーキハウスに入ってみたら、及第点は超えてました。まぁ純粋にイギリス料理ではないような。

 というわけで、イギリスの食事にイマイチ心躍らないので、中華料理屋に入りました。基本的に“混んでる中華料理屋”にハズレはないですね。“空いてる中華料理屋”は、食材の回転が悪くなるので必然的に味が落ちます。

小籠包うま~い! 麺もうま~い!
世界一周 イギリス 世界一周 イギリス
↑台湾や香港とは比べものになりませんが、ちゃんとスープも入っている本格的な小籠包でした。 ↑アジアを出てからパスタばかりだったので、無性に麺が食べたくなった。やはり私はアジアの屋台が好き。

 ところで東南アジアの場合、スマートフォン端末の購入は簡単にできますが、ここ、ロンドンではどうでしょう?

 SIMは空港でも手に入りますが、長期滞在用にイギリスの端末を購入したいなら、ケータイショップのチェーン店を利用するのがラク。ロンドン市内には『Phones 4u』や『Carphone Warehouse』といった、大手チェーンがあちこちにあるので、繁華街を歩いていれば簡単に見つけられるはず。

ケータイショップ その1 『Phones 4u』
世界一周 イギリス
↑イギリスのケータイショップチェーン店。プリペイドタイプの端末も多く取り扱っている。
ケータイショップ その2 『Carphone Warehouse』
世界一周 イギリス
↑ヨーロッパ最大手のケータイショップチェーン。青い看板が目印。

 どちらのショップも基本的には“回線契約”+“端末”の販売で、店内には、あらかじめプレイペイドプランとセットになった端末も多く、旅行者でも気軽に購入可能です。ただし、多くの端末がSIMロック有りで販売されているので、旅行しながらSIMを自由に挿して使うというのは難しいです。SIMフリー端末を買うなら……やはりアジアがいちばんですね。

 さて、そんなこんなでイギリス滞在も終了。次は、最後の訪問地、米国ニューヨークです!

●関連リンク
Three
Phones 4u
Carphone Warehouse

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking