2011年11月29日10時00分

『町山智浩の本当はこんな歌』 3曲目はパール・ジャムの『ジェレミー』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

町山智浩の本当はこんな歌

 意味も知らずに口ずさんでいたいろいろな有名楽曲の正体を、映画評論家の町山智浩さんが紹介していく週刊アスキーの人気連載。3曲目はパール・ジャムの『ジェレミー』を取り上げます。

 

ジェレミーは授業中におしゃべりをした?

 前号に続き、今回も実際の事件を扱った曲。テキサス州のリチャードソンの高校で、大人しかったひとりの生徒が発した言葉は、なんだったのだろうか? この事件の小さな記事を読んだパール・ジャムのエディ・ヴェーダ―は大きな衝撃を受ける。『ジェレミー』(原題:Jeremy)はその生徒の名前だ。歌詞に書かれた“Jeremy spoke”とは? PVのショッキングなラストの真相とは?

3曲目は『ジェレミー』
町山智浩の本当はこんな歌

『Jeremy』
(アルバム『Live On 10 Legs』の13曲目に収録)
iTunes Store価格:150円
(c) 2010 Monkeywrench, Inc., under exclusive licence to Universal International Music BV
ダウンロードはコチラをクリック!
Jeremy (Live On 10 Legs) - Live On 10 Legs

 今年発売された2枚目のライブベストアルバム『Live On 10 Legs』の13曲目に、今回紹介した『Jeremy』を収録。ライブ版なので、本日発売の週刊アスキー12月13日号(11月29日発売)の連載記事を読みつつ、一緒に聴いてみてください。歌詞を知らないと、「お、カッコイイジャン」って曲なので、本当はこんな歌だとわかると、また違って聴こえますよ!

連載4回目もちゃくちゃくと進行中
『町山智浩の本当はこんな歌』

 次号予行は、まさに未来を予告したかのような行動をとった、あのアーティストのあの楽曲です。しばしのお待ちを。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking