2011年11月20日18時00分

ARが都市全体に広がったら? クリエイティブな都市と“AR”の関係を考えるイベント

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 三度の飯よりAR(拡張現実)が気になるそこのアナタ。

 ARが、スマホの中だけでなく都市全体に広がったらどうなるのか? それを考える面白いシンポジウムが、11月23日に開催されますよ(しかも参加は無料)。

ARが都市全体に広がったら? クリエイティブな都市と“AR”の関係を考えるイベント

 『国際シンポジウム 創造都市とグローバル・エコノミー』と、やや固いタイトルですが、クリエイティブな都市において、ITやARはどう活用されるべきなのかを、真面目に考えてみようというイベントです。

 海外のキーマンの貴重なお話が聞けるほか、国内でも“光学迷彩”を作っちゃった慶應大学の稲見先生や、AR関連で著名な企業の方々も多数登壇されます。

 都市とIT、AR、クリエイティビティの関係性を考えるこのシンポジウム。興味がある方はぜひご参加ください!! いままでにない面白い話が聞けますし、そっち系のお仕事をされている方には、きっと参考になるはずです! 参加は無料で、事前登録が必要。登録はこちらのサイト(関連サイト)から。

■日時:
2011年11月23 日(水・祝日)10:00~17:30

■会場:
法政大学市ヶ谷キャンパス 外濠校舎6階ほか
 (公式サイト(関連サイト)をご参照ください)

■定員:
500名

■参加費:
無料(事前登録制)

■申し込み方法:
こちらの公式サイト(関連サイト)の右上のフォームより、お名前(ふりがな)、ご所属を明記のうえお申し込みください。

■構成
・Welcome Note ―― 10:00~
法政大学総長 増田壽男
内閣官房 知的財産戦略推進事務局 事務局長 近藤賢二
CCGEシンポジウム実行委員会

・基調講演1 ―― 10:20~
NYグッゲンハイム美術館 グローバル戦略担当副館長/アリ・ワイズマン
『Zero1プロジェクト』エグゼクティヴ・ディレクター/ジョエル・スレイトン

・パラレルセッション ―― 13:30~
【Ⅰ. 創造都市の産業のかたち】
ポリッシュ・パートナーシップス 共同経営者/ポリー・ルジャンドル
ワンヴェトナム・ネットワーク ディベロップメント・ディレクター/ウェン・グエン
深谷シネマ代表、NPO法人市民シアター・エフ理事長/竹石研二
金沢工業大学大学院教授 コンテンツ&テクノロジー融合研究所・所長/北谷賢司
横浜市文化観光局創造都市推進部創造都市推進課長/神部浩
関西ウォーカー編集長/玉置泰紀

【Ⅱ. 創造都市のインフラとしてのテクノロジー 】
ナレッジワークス(株)/亀山悦治
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授/稲見昌彦
(株)博報堂第一クリエイティブセンター/近藤ヒデノリ
クウジット(株)代表取締役社長/末吉隆彦
(株)東急エージェンシー/津田賀央
(株)アスキー・メディアワークス アスキー総合研究所/中西祥智

・全体セッション ―― 15:30~
【創造都市コミュニティの新しいかたち】
パシフィック・ヴィジョン・パートナーズ コンサルタント/エドワード・イフシン
金沢工業大学大学院教授 コンテンツ&テクノロジー融合研究所・所長/北谷賢司
ポリッシュ・パートナーシップス 共同経営者/ポリー・ルジャンドル
ワンヴェトナム・ネットワーク ディベロップメント・ディレクター/ウェン・グエン
イェール大学政治学科助教授/斉藤淳
『Zero1 プロジェクト』エグゼクティヴ・ディレクター/ジョエル・スレイトン
NY グッゲンハイム美術館副館長/アリ・ワイズマン
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授/岩渕潤子

・ラップアップ ―― 17:00~
CCGEシンポジウム ステアリング・コミッティー


主催: 法政大学キャリアデザイン学部、CCGEシンポジウム実行委員会
協力: MUSEUM CAREER DEVELOPMENT NETWORK、AR COMMONS
運営事務局: (株)アーツ・マーケティング
助成: 独立行政法人国際交流基金日米センター
特別助成: アメリカ合衆国大使館
後援: 法政大学キャリアデザイン学会
メディア・スポンサー: ASCII.jp/週刊アスキーPLUS
オフィシャル飲料スポンサー: サントリー株式会社

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking