2011年11月14日20時59分

SandyBridge-EとX79で、PCゲーム性能もアップするぞ!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

NVIDIAはX79に合わせて、同社のマルチGPU動作技術“SLI(Scalable Link Interface”の性能をアピール。

NVIDIAの資料によると、

・Core i7-3960X(3.3GHz)、X79、メモリー8GB
・Core i7-965(3.2GHz)、X58、メモリー6GB

の2台で比べたところ、GeForce GTX580の3-Way SLI(3枚挿し)で、最大約29パーセント向上しています。

X79 SLI

1920×1080ドットより、2560×1600ドットの超高解像度での伸びが大きく、フルHDではもはやもの足りない、といったところ。

さらに、日本ギガバイトの『GA-X79-UD7』など4-Way SLIに対応するマザーも登場。いったいどこまで性能を出してくれるのでしょうか?

GA-X79-UD7
Sandy Bridge-Eの頼もしい相棒! 主要メーカー4社のX79チップセット搭載マザーボード一覧
予想実売価格4万円前後(11月14日発売予定)

PCゲーム最強のPCをつくるなら、SandyBridge-EとX79で決まりですね!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking