2011年10月05日16時00分

実は20-30代の女性に大人気! クラシカルデジカメ第2弾、富士フイルム『X10』を発表!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
 

 富士フイルムは、10月22日に『X10』を発売する。

『X10』
●予想実売価格 7万円前後
●10月22日発売予定

FujiFilm_X10

 3月に発売となった実売価格12万8000円前後の高級機『X100』とおなじ、Xシリーズの最新作。『X100』は個人的な予想だが、「古き良きカメラ的な存在で、カメラ好きのベテランが購入するモノ」と思っていたが、実はメインとなるユーザー層は20~30代の女性で、約40パーセントを占めるとのこと。

 『X10』は、単焦点だった『X100』とは違い、光学4倍のズームレンズを採用し、35ミリ換算で28~112ミリで撮影が可能。レンズはF2~F2.8と明るく、背面にはズームと連動する光学ファインダーを備える。『X100』の高級な外観を受け継ぎ、モードダイヤルとレンズリングはアルミの削り出し。さらに天面と底面パーツに、強度の高いマグネシウムダイキャストを採用している。

FujiFilm_X10 FujiFilm_X10
↑広角28ミリ時。 ↑望遠112ミリ時。

 違いは撮像素子にもあった。『X100』は、エントリー~ミドルクラスのデジタル一眼レフに使われるAPS-Cサイズ(23.6×15.8ミリ)のCMOSだったが、『X10』は、2/3型 (約8.8×6.6ミリ)と小さめのEXR CMOSを採用。『X10』用につくられた新開発の撮像素子で、富士フイルムの春モデル『FinePix F550EXR』(1/2型 EXR CMOS、約6.4×4.8ミリ)と比べると、センサー面積は約2倍となり、コンパクト機としては、かなり大きめ。フル画素で秒7コマの連写が可能となったほか、明るくシャープな撮影が楽しめそうだ。

FujiFilm_X10
↑レンズの焦点距離表示のところに“OFF”の文字。電源はレンズ部をグルるとまわすことで“ON”になる。

 職人技と最新技術がギュッと詰められた、まさにいぶし銀の逸品『X10』。この『X10』は“Made in Japan”ににもこだわった商品。『X100』に続き、『X10』も広い世代に人気が出ること間違いなし。ちなみに宮城県でつくられているそうです。

X10 SPEC
撮像素子 2/3型1200万画素EXR CMOS
レンズ 光学4倍ズーム、F2-2.8、35ミリ換算28~112mm
動画 1920×1080ドット(30fps)、MOV/H.264
連写 7コマ/秒
液晶 2.8インチTFT(約46万ドット)
記録メディア SDXC/SDHCカード
サイズ/重量 117(W)×56.8(D)×69.6(H)mm/約350g(撮影時)

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking