2011年09月26日17時17分

見て見て今度は009SHのドロイドくんモデルなのー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 てへ☆ またやちゃた♪ カ・バ・コ・レ。前回006SHでやったときは、壮絶スルーされましたケド。アナタたちに……。

 カバコレは現在、ソフトバンクのiPhone、Android計8モデルに対応していますが、電池カバー、すなわり本体に直接プリントできるのは、006SHと009SHだけなんですね(ほかは上から装着するタイプのケース)。「006SHでやったら、009SHでもというのは自然の摂理」と、アックン・オッペンハイマーは述べています。

ナナメに入れてみた
Android_cover_2
↑今回は素のドロイドくんをこんな感じで入れてみました。角度、位置とも微調整に微調整を重ね吟味。銀杏食べたい。
付属ケースと比較
Android_cover_2
↑カバコレ用カバーは、素材が真っ白なんです。あと、これ一色なんで、ホワイト以外の本体カラーと組み合わせる場合は、全体を塗るとかちょっと考えないといけませんな。
装着してみた
Android_cover_2
↑印字とかもナシ(006SHもそうでしたが、学ばないオトコなので)なので、結果、思った以上にシンプルになっちった……まぁいいや。
この辺にこだわり
Android_cover_2
↑側面に回り込むようにデザイン。ただ、前回よりちょっとプリントが甘い気が……。カーブしているところが薄くなっちゃってるんです。難題押しつけちゃったかしらん?
006SHと並べてみた
Android_cover_2
↑009SHはカメラも1基なので、やはり中央のスペースが物足りない感じに……。まぁシンプルにしたかったんでいいんですけど、009SHと同じデザインでもいっこつくってみようかな……。誰にも言わないケド。

 えーと、以上です。BOMB!! もちろん、これからも電池カバーにドロイドくん、プリントし続けますよ。ツイッターでどんなにスルーされようとも。マジックキーワードが生き続けている限り!
 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking