2011年09月21日20時17分

いち早く高音質を体験! ソニーの新ヘッドホン発表会に行ってきた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 すでに記事で製品の詳細はお伝えずみ(関連サイト)ですが、ソニーが初のバランスド・アーマチュア(BA)・ドライバーユニット搭載ヘッドホンの発表にあわせて、発表会を開催しました。

 発表会の冒頭、登壇した同社パーソナル イメージング&サウンド事業本部パーソナルエンタテインメント事業部長の中川克也氏は、発表された製品群について、「独自開発したバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットは、同社で採用する同性能のダイナミック・ドライバーユニットと比較すると大きさが1/4と非常に小型化したことが特徴で、高感度・高音質・高遮音性を兼ね備えています」と述べ、新開発のユニットを採用したメリットをアピール。

0921 sony photo02
↑ソニーの中川克也氏。リスニングモデルをはじめ、今回発表したモデルについての特徴を詳細に解説しました。

 続いて登壇した、ソニーマーケティングのメディア・バッテリー&パーソナルエンタテインメントマーケティング統括部長の磯村英男氏は、ヘッドホン利用者のニーズは「音質、遮音性、装着感の3大要素に集約できる」として「バランスド・アーマチュア・ドライバーユニットは音質、遮音性の高さ、小型軽量による快適な装着感が日本のユーザーの好みにマッチしている」と自信を伺わせていました。

0921 sony photo03
↑ソニーマーケティングの磯村英男氏。「高音質かつ個性的なモデル群によって、ヘッドホンにおける新しいユーザー体験をお客様に提供したい。音を大切にしてきたソニーだからこそ提供できる体験があります」と本製品へのこだわりを語っていました。

  さて! 待望のタッチ・アンド・トライ開始です! リスニングモデルを中心に聴き比べてみました。ユニットの搭載数が増えるごとに明らかに音声の厚みが増し、ユニット数による音質の変化を体感できましたよ。最上位モデルで聴いたところ……思わず購入を決意しかけちゃいました! 即売会じゃなくて本当に良かったですよ(笑)。
 

リスニングタイプが8機種 NCヘッドホンも!
0921 sony photo04 0921 sony photo05
↑iPhone、iPod用のラインも含めて計8モデル。 ↑ノイズキャンセリング、ワイヤレス、スポーツ向けが1機種ずつ。
ドライバーユニットが1/4に小型化
0921 sony photo06
↑従来モデルで採用していたダイナミックドライバーユニット(写真左の3つ)と、今回新開発したBAドライバーユニット(写真右端)を並べて展示。大きさの違いが一目瞭然!
シングルユニットの『XBA-1SL』 最上位の『XBA-4SL』
0921 sony photo07 0921 sony photo08

ユニットが1基の『XBA-1SL』((予想実売価格7000円前後)は、ポップな印象の音質で、やはり中音域から高音域にかけてが目立つ印象。一方、最上位のクアッドドライバー搭載『XBA-4SL』(予想実売価格3万円前後)は低音域がしっかりと再生され、さらに中音域、高音域もサウンドに厚みが増していました。こだわり派なら、最上位機種を狙いたいですね。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking